言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 小西 聖子
 

小西 聖子

 
アバター
研究者氏名小西 聖子
 
コニシ タカコ
URL
所属武蔵野大学
部署人間科学部 人間科学科
職名教授
学位博士((医学)筑波大学)
J-Global ID200901088650971097

プロフィール

1993~1999年、東京医科歯科大学難治疾患研究所の犯罪被害者相談室で犯罪被害者の支援、対人暴力被害者の精神的なケアや周辺領域のマネージメントにかかわった。東京医科歯科大学難治疾患研究所教務職員(1993〜1996年)、東京医科歯科大学難治疾患研究所被害行動学(セコム)研究部門客員助教授(1996〜1999年)を経て1999年より現職。2015年より人間科学部長。
専門は臨床心理学、トラウマ・ケア。現在、外傷後ストレス障害(PTSD)の治療に関する研究を行っている。

研究キーワード

 
トラウマケア

研究分野

 
  • 人文・社会 / 臨床心理学 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
武蔵野大学  副学長 
 
2019年2月
 - 
現在
公認心理師   
 
2012年4月
 - 
現在
武蔵野大学 人間科学部人間科学科 教授 
 
2010年4月
 - 
現在
武蔵野大学 大学院人間社会研究科 人間学専攻 教授 
 
2010年4月
 - 
現在
武蔵野大学 大学院人間社会研究科 人間学専攻(博士後期課程) 教授 
 

学歴

 
1992年3月
 - 
1992年3月
筑波大学 博士号(医学)取得 
 
1988年4月
 - 
1992年3月
筑波大学大学院 博士課程医学研究科 
 
1980年4月
 - 
1988年3月
筑波大学 医学専門学群 
 
1973年4月
 - 
1977年3月
東京大学 教育学部 教育心理学科
 

委員歴

 
2020年6月
 - 
現在
法務省  性犯罪に関する刑事法検討会 委員
 
2019年11月
 - 
現在
内閣府 男女共同参画会議  第5次基本計画策定専門調査会議員
 
2019年5月
 - 
現在
東京都  東京都犯罪被害者等の支援に関する有識者懇談会 委員
 
2019年3月
 - 
現在
内閣府  男女共同参画会議 女性に対する暴力に関する専門調査会委員・会長
 
2017年3月
 - 
現在
内閣府  男女共同参画会議議員
 

受賞

 
2014年10月
日本犯罪学会, 日本犯罪学会賞 受賞(第33号)
小西聖子 
 
2010年1月
毎日新聞社, 第8回毎日書評賞受賞
 
1998年10月
エイボン女性年度賞(教育賞)受賞
 
1996年11月
第2回日本犯罪学会学術奨励賞受賞
 

論文

 
 
大岡友子   小西聖子   
武蔵野大学心理臨床センター紀要   (18) 1-13   2018年12月   [査読有り]
配偶者をがんで亡くした女性9名を対象に、半構造化面接を用いて、がん発病から現在までの心理について語りを得た。闘病期間1年未満と1年以上の2群に分けて分析を行った。1年未満群では死別への準備ができず、悲嘆のプロセスが阻害されていることが示唆された。早い段階から家族の死別への準備を支援する必要があると考えられる。
 
中島 聡美   伊藤 正哉   白井 明美   小西 聖子   新明 一星   松田 陽子   片柳 章子   淺野 敬子   成澤 知美   正木 智子   石丸 径一郎   竹林 由武   金 吉晴   
精神神経学雑誌   (2017特別号) S463-S463   2017年6月   [査読有り]
 
工藤紗弓   和田一郎   和田久美子   小西聖子   
総合病院精神医学   29(2) 152-162   2017年4月   [査読有り]
入院中の精神疾患患者の主観的な幼少時の困難な体験(ACE)の体験率と、ACEの有無および累積と精神科初診年齢・精神科初回入院年齢、教育歴との関連について検討した。2014年7月から2015年6月に関東圏内A病院に入院中の患者を対象とした。53名(平均年齢53.1歳)について検討を行った。ベースラインおよび10から14週後の2回調査を実施した。ACEは親の離婚および別居、虐待など8項目について尋ねた自記式のチェックリストを用いた。1つ以上ACEを体験した者は58.5%、平均累積数は1.2であ...
 
今野理恵子   淺野敬子   正木智子   山本このみ   小西聖子   
女性心身医学   21(3) 295-305   2017年3月   [査読有り]
性暴力被害後3カ月以内に精神科初診となった患者(急性期)とそれ以降に初診となった患者(慢性期)の転帰や症状評価の比較検討を行い、臨床の実態を明らかにした。
 
Kentaro Usuda   Daisuke Nishi   Miyuki Makino   Hisateru Tachimori   Yutaka Matsuoka   Yo Sano   Takako Konishi   Tadashi Takeshima   
BIOPSYCHOSOCIAL MEDICINE   10    2016年5月   [査読有り]
Background: Common mental disorders (CMD) during pregnancy can have a clearly harmful influence on both mothers and children. Some studies have reported related factors for mental disorders, such as region-specific background. This study examined ...

MISC

 
 
小西聖子   
精神療法   47(4) 450-456   2021年8月   [招待有り]
ハラスメントの法律的に定義されている概念を簡単に提示し、複雑性PTSDという診断概念との重なりにおける問題について考察した。また、ハラスメント被害により治療を要する事例で医師が訴訟に関与せざるを得ない場合に何をどのように考えるかについて、PTSD診断との関連から論じた。
 
小西聖子   
法律のひろば   74(7) 23-29   2021年7月   [招待有り]
第5次男女共同参画基本計画の第5分野 女性に対するあらゆる暴力の根絶 領域の主要課題のひとつである性犯罪・性暴力への対策について述べた。主要な課題として、刑事法に関する検討とその結果を踏まえた適切な対処、被害申告・相談をしやすい環境の整備、教育・啓発活動を通じた社会の意識改革と暴力予防、子ども・若年層に対する性的な暴力の根絶に向けた対策の推進、新型コロナ感染症とジェンダーに基づく暴力について述べた。
 
小西聖子   
トラウマティック・ストレス   19(1) 3-13   2021年6月   
(第19回日本トラウマティック・ストレス学会[2020年9月21日WEB開催]基調講演I採録)
 
小西聖子   
武蔵野大学認知行動療法研究誌   2 3-9   2021年3月   [査読有り][招待有り]
 
佐々木真由美   小西聖子   
武蔵野大学心理臨床センター紀要   (20) 14-21   2020年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
福井次矢, 高木誠, 小室一成, 総編集(担当:分担執筆, 範囲:小西聖子:心的外傷後ストレス障害)
医学書院   2020年1月      
的外傷後ストレス障害の病態と診断、治療方針について概説した。※ポケット版も同頁数。
 
五十嵐禎人, 岡田幸之(担当:分担執筆, 範囲:小西聖子・山本このみ: 刑事事件における被害者の鑑定.)
中山書店   2019年3月   (ISBN:9784521747422)   
25件の刑事事件被害者鑑定等の受嘱経験をもとに、基本的な委嘱事項、PTSD診断およびそれ以外の診断、鑑定の際の被害者への配慮について述べた。
 
森田ゆり 編著(担当:その他, 範囲:第1章3人のキーパーソンに聴く:孤立が一番危険です。少しずつ人の力を借りて)
築地書館   2018年6月   (ISBN:9784806715627)   
編著者による、虐待問題に取り組んできた専門家インタビュー、および、虐待に至ってしまった親の回復支援プログラム「MY TREE ペアレンツ・プログラム」の解説書。インタビュイーの一人として、虐待家族に対する心理療法やトラウマ治療、刑法改正について述べた。
 
奥山眞紀子, 三村將 編, 青木豊, 飛鳥井望, 大江美佐里, 亀岡朋美, 加茂登志子, 栗山健一, 小西聖子(担当:分担執筆, 範囲:複雑性トラウマと情動調節)
朝倉書店   2017年4月   (ISBN:9784254106985)   
複雑性トラウマによって情動はどのような変化を受け、それは複雑性トラウマを経験した個人の情動調節の働きにどのような変化をもたらすのか、またそのような情動調節の不全が考えられるとすればそれはどのように疾病概念の中に位置づけたらよいのかについて論じた。
 
週刊朝日(担当:分担執筆, 範囲:小西聖子・本多正道:PTSD(心的外傷後ストレス障害))
朝日新聞出版   2016年12月   (ISBN:9784022775238)   
PTSDの治療法として現在有効性がある持続エクスポージャー療法、EMDRの概説。保険適用になった持続エクスポージャー療法について小西が、EMDRについて本多が述べた。週刊朝日8・26号「新・名医の最新治療 No.442」再録。

講演・口頭発表等

 
 
犯罪被害者のトラウマとその支援―この25年を振り返って
小西聖子   
第19回日本トラウマティック・ストレス学会   2020年9月21日   日本トラウマティック・ストレス学会   
トラウマやPTSDなど誰も知らなかったことが、どのように社会に登場し、何が起点となって、変化が起こったのか。制度や施策の変更が、臨床的な治療やケア、また研究にどのような影響を及ぼしたのか。現在生じている問題は何か。犯罪被害者の精神医学的心理的支援活動を行ってきたこの25年以上の経験から、この間の社会の変化、研究上の主題の変遷をたどった。
 
トラウマ・インフォームド・ケアの理念と応用
小西聖子   
日本フォレンジック看護学会第7回学術集会   2020年8月30日   日本フォレンジック看護学会   
トラウマ・インフォームド・ケアの理念について説明し、精神科クリニックにおける被害者治療・介入の実践のなかで、トラウマ・インフォームド・ケアの視点からみた時に課題の残る具体的状況について検討した。
 
支援の現状から見る今後の困難課題―被害者になれない被害者―
小西 聖子   
日本被害者学会第30回記念学術大会   2019年6月22日   日本被害者学会   
シンポジウム「被害者学の展望」パネリストとして、臨床の場にみられる、被害者支援の枠組からはずれているために支援の対象にならず困難を抱える被害者等という課題について述べた。
コーディネータ:太田達也、パネリスト:島田貴仁、河合幹雄、安田貴彦、小西聖子
 
性犯罪被害者支援における学際的アプローチ
小西 聖子   
日本精神保健福祉学会第8回学術研究集会   2019年6月1日   日本精神保健福祉学会   
性暴力被害ワンストップセンターと連携を持った精神科臨床を行ってきた経験から、精神医学的治療の前に、性暴力被害への法的社会的視点からの理解や法的支援、偏見のないソーシャルワークが必須であると感じている。連携の問題、PTSD治療の第一選択である認知行動療法の適用の際のコストパフォーマンスや普及の困難さといった課題について述べた。(記念講演)
 
性犯罪被害者精神鑑定の実態—東京地方検察庁管内の事例調査から
山本このみ   小西聖子   
日本被害者学会第29回学術大会   2018年6月23日   日本被害者学会   
東京地方検察庁に閲覧申請をして閲覧できた判決確定事例の性犯罪被害者の精神鑑定書(または意見書)5件について、鑑定項目・内容等について報告した。

所属学協会

 
 
   
 
日本総合病院精神医学会
 
   
 
日本司法精神医学会
 
   
 
日本トラウマティック・ストレス学会
 
   
 
The International Society for Traumatic Stress Studies
 
   
 
日本被害者学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
性暴力被害者への継続的支援(2)-PTSDの遠隔心理療法および被害時行動の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
小西聖子;岩井圭司;中島聡美;柑本美和;岡田幸之;長江美代子;淺野敬子;堀越勝;今野理恵子 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
心的外傷後ストレス障害の青少年を対象にした認知処理療法のマニュアル開発と効果検証
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
片柳章子 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
性暴力被害者への継続的支援-急性期支援プログラムおよび精神鑑定ガイドラインの開発
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)(一般)
小西 聖子 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
日本版複雑性悲嘆療法(J-CGT)の開発とその有効性に関する研究
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
中島聡美 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
心的外傷後ストレス障害に対する認知処理療法の有効性及び臨床展開
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)(一般)
堀越勝 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月

学術貢献活動

 
 

沖縄県医師会 (ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城) 2019年9月28日
性暴力に対する刑法が2017年に改正されたことや、児童や若年層が多いという性暴力被害の実情について概観し、被害を受ければ調子が悪くなって当然であること、被害からの回復には周囲からのサポートが欠かせないことを述べた。

社会貢献活動

 
 
【講師】
最高検察庁 専門性向上研修(児童虐待・性犯罪被害者の心理) (東京地方検察庁) 2019年9月13日
検察官及び検察事務官を対象に、刑事事件鑑定事例をもとに、被害者のPTSD診断・治療が立件や有罪判決に貢献したポイント、被害者がまったく抵抗できていない例の心理的側面について解説した。
 
【講師】
大阪被害者支援アドボカシーセンター 相談員研修 (大阪被害者支援アドボカシーセンター) 2019年9月9日 - 2019年9月10日
被害者支援を行う相談員を対象に、支援者の役割について最新のトピックスをまじえ述べた。また、個人面談を行った。
 
【講師】
ドーン財団(大阪府男女共同参画推進財団) フェミニストカウンセリング専門講座2019 (ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)) 2019年9月8日
心理・福祉・保健医療・教育等の現場で暴力被害者支援に携わる実務家約25名を対象に、暴力被害によるPTSDやトラウマ反応に対して有効な心理教育についての講義および演習を行った。
 
【講師】
法務省法務総合研究所 性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループにおける講義 (法務省) 2019年7月12日
法務省「性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループ」構成員等を対象に、ワンストップセンターと連携した臨床の場で体感する刑法改正の影響とその評価、被害者鑑定で接する性犯罪被害者の心理・行動評価と司法における評価について述べた。
 
【講師】
性暴力救援センター日赤なごやなごみ・SANE フォローアップ研修 (名古屋第二赤十字病院) 2019年4月20日
性暴力被害者支援看護職(SANE)、性暴力救援センター日赤なごやなごみの関わるスタッフ、なごみと連携し性暴力被害者支援治療にかかわる可能性のある医療福祉関連専門職を対象に、被害直後、急性期、中長期の被害者の状況とPTSD予防・治療・回復のプロセスとケアの実際について述べた。

メディア報道

 
 
西日本新聞   朝刊9面(19版)   2021年7月
13歳以上の未成年が性的行為についてみずから判断できるのかについて、子どもの未熟な判断力が大人にたやすく利用されること、10代は性行為はできても脳は未発達で精神的に脆弱であり、性的な判断を全面的に本人に負わせるのはおかしいことを精神科医として指摘した。
 
毎日新聞   13版15   2021年6月
性交同意年齢引き上げについての議員の不適切発言をめぐり、性暴力被害者支援に携わる専門家として、50歳と14歳というのは現実には教員と生徒など一定の関係性がある場合が多く、14歳が本人の意志で同意するのは難しいことを考慮しなければならないことを指摘した。
 
朝日新聞   13版31   2021年5月   [新聞・雑誌]
被害者の治療に携わる精神科医として、地位や関係性を利用した性暴力の被害者に共通する反応・症状、周りの人がするべき対応について述べた。
 
読売新聞   14版30   2021年4月   [新聞・雑誌]
性暴力被害者の診療経験から、思春期の性暴力では、被害に遭ったことを思い出さないようにする「回避」の傾向が強いこと、記憶を消すことはできないためにフラッシュバックが起こりPTSDの発症につながることもあると専門的見解を述べた。性被害の臨床にたけた専門医は少なく、適切なカウンセリングや治療を受けることも難しいため、対策に本腰を入れてほしいことを指摘した。
 
東京新聞   特報(20, 21面)   2021年4月   [新聞・雑誌]
2021年3月の横浜地裁川崎支部性的虐待事件無罪判決をうけての児童性虐待特集記事(出田阿生)。性暴力被害者の心理に詳しい精神科医の立場から、児童性被害の精神医学的特徴からすると現行法の短すぎる時効の壁で深刻な被害ほど救済されない矛盾があることを指摘した。

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許