言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 小菅 和也
 

小菅 和也

 
アバター
研究者氏名小菅 和也
 
コスゲ カズヤ
所属武蔵野大学
部署教育学部 教育学科
職名教授
学位修士(東京学芸大学大学院)

研究キーワード

 
中学・高校における英語授業 , 第二言語習得 , 英語発音指導 , 英語音声学 , 英語教育

研究分野

 
  • 人文・社会 / 言語学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学教育学部 児童教育学科 教授
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院教育学研究科 教育学専攻 教授
 
2011年4月
 - 
2015年3月
武蔵野大学グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科 教授
 
2012年4月
 - 
2014年3月
武蔵野大学大学院言語文化研究科 言語教職専攻 教授
 
2010年4月
 - 
2012年3月
武蔵野大学大学院言語文化研究科 言語文化専攻 教授
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2003年3月
東京学芸大学大学院 教育学研究科 
 
1973年4月
 - 
1977年3月
東京外国語大学 外国語学部 
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
財団法人語学教育研究所  所長
 
2005年6月
 - 
現在
ELPA(英語運用能力評価協会)  アドバイザリー
 
2014年4月
 - 
2016年3月
お茶の水女子大学附属高等学校評議委員  評議委員
 
2004年4月
 - 
2012年3月
財団法人語学教育研究所  理事長
 
2009年4月
 - 
2010年3月
財団法人語学教育研究所  研究大会運営委員長
 

受賞

 
1993年10月
パーマー賞(財団法人語学教育研究所)
 

論文

 
小菅 和也
武蔵野教育学論集 第3号   57-67   2017年7月
高等学校学習指導要領外国語編に「英語の授業は英語で行うことを基本とする」と記載されている。英語で英語の授業を進めるための、授業の基本的な考え方、有効な指導技術としての、Oral Introductionを用いた、新教材(文法項目・題材内容)の導入についての考え方、実践上の留意点、1時間の授業の組み立て方について、実践例も提示することによって、具体的に論ずる。
望月正道, 小菅敦子, 小菅和也, 淡路佳昌, 富島奈央
麗澤レヴュー   (22) 13-38   2016年9月
経験3年目の教師による高校2年生の英語授業を4回ビデオ撮影し、これを再生しながら研究協議し、その発話記録を分析した。ベテラン教師は、生徒の学習活動や教師の教授活動について多く助言し、学習目標や学習課題についての発言はそれほど多くなかった。学習活動や教授活動では、特に教師と生徒のコミュニケーションの欠如を問題視したこと、ベテラン教師の信念に基づいて助言がなされることが明らかとなった。
語研ジャーナル   (9) 39-46   2010年11月
英語の授業を英語で進めるうえで、その基本理念として、英語を言葉として教えることの重要性を述べ、その心構えを論ずる。さらに、指導技術に言及し、オーラル・イントロダクションのチェックリストを提示する。そこでは、授業組み立ての原則として、(1)音声から文字へ(2)理解から発表へ(3)概要から詳細へ(4)教師の指導から生徒の活動へ(5)全体から個人へ、といった5つの視点について論ずる。
英語教育   59(3) 10-13   2010年6月
主として中学校・高等学校における英語ライティング指導の基本的な考え方を論ずる。書くことの位置づけとして、「音声から文字へ」の原則を述べ、さらにライティングに必要な要素として、書き方のルール、文法、内容・構成を挙げる。また、スキルを伸ばすための条件として(1)たくさん書くこと(2)実際に使うこと(3)意欲・関心・動機づけについて論ずる。さらに、指導上考慮すべき点として、(1)段階を踏む(2)正確さと流暢さのパランス(3)他の技能との関連を論ずる。<br />
最後に、多角的なアプローチの重要...
武蔵野英米文学   Vol.42 35-48   2010年3月
英語発音診断テストの試案を示す。診断項目として、(1)個々の音素(2)単語間の音連結(3)リズム(4)イントネーションを挙げる。(1)については日本人が日本語音で代用しがちな母音、子音を取り上げ、(2)については「子音+母音」「子音+子音」の連結を取り上げる。(3)については、機能語の弱形に焦点を当て、(4)については、基本的な下降調・上昇調を取り上げる。テストのサンプルとして14の文と、40語程度の文章を示した。評価・診断についても論ずる。

書籍等出版物

 
小菅 和也 (担当:分担執筆, 範囲:「接辞」「数の読み方」(pp.141-146))
大修館書店   2017年12月   
多岐にわたる英語学習の全貌を概観する本として編まれた。内容は大きく次の5つの章にまとめられている:「英語圏の国々」「英米の生活」「英語の広がり」「ことばとしての英語を学ぶ」「英語の使い方」。
編者:酒井志延、浅尾幸次郎、小林めぐみ
著者, 若林俊輔, 編集, 小菅和也, 小菅敦子, 手島良, 河村和也, 若有保彦 (担当:共著, 範囲:pp.36-38)
研究社   2016年6月   
日本の英語教育の改善に尽力した故・若林俊輔氏(東京外国語大学名誉教授、1931-2002)の単行本未収録の雑誌記事を中心に、氏が遺した膨大な数の論考から、混迷する現在の英語教育を考えるうえで、現在も十分な意義を持つ記事を独自にピックアップし一冊にまとめ、編者が解説を加えた。小菅和也は、「英検」「教科書」「小学校英語」「ALT]「母語」などに関する記事に解説を加えた。
江原一浩, 小泉仁, 久保野りえ, 蒔田守, 向後秀明, 及川賢, 田島久士, 松本剛明, 海崎百合子, 粕谷恭子, 久埜百合, 小菅敦子, 手島良, 藤井昌子 (担当:共著, 範囲:pp.2-7)
開拓社   2014年4月   
一般財団法人語学教育研究所編。「音読で生徒の声がでない」「新出単語をどう導入したらよいか」「テスト問題がマンネリ化してしまっている」「小学校英語の授業はどう組み立てたらよいのだろうか」等々、教師の悩みに対して回答し、英語教師の授業改善のヒントを提供する。小菅和也の担当は「オーラル・イントロダクションは何のために行うのか」で、新教材を英語で導入することの意義と具体的方法を論ずる。
金谷憲, 英語診断テスト開発グループ著 (担当:共著)
ELPA(英語運用能力評価協会)   2006年9月   
英語力の診断テストを開発する過程、その考え方を示し、診断テスト(プロトタイプ)を提示する。この診断テストは、実際に学校現場で手軽に利用し、英語力についての適切な診断情報を提供し、教師の指導、生徒・学生の学習に役立てることを意図したものである。テストは「音声」「語彙」「文法」の3部門から構成されている。「文法」については、名詞句の構造把握を取り上げ、「語彙」においては、学習者の需要語彙知識を取り上げ、「音声」については、日本人が不得意とする音素の聞き取りによる特定をテストする。
大修館書店   2002年4月   
主として学生を対象として、英語学習にかかわる地理・歴史・文化などの背景知識を網羅する。

講演・口頭発表等

 
英語の音声指導 [招待有り]
小菅 和也
愛知県東三河高校英語部会(一般財団法人語学教育研究所・出張講師制度)   2018年2月2日   
英語授業における発音指導の基本と留意点について講義。英語の音声で特に、リズムと音連結に注目してワークショップ。
小菅 和也
宮城県立仙台第三高等学校英語教員研修会(一般財団法人語学教育研究所・出張講師制度)   2018年1月23日   
仙台三高の英語教員による授業を参観し、講評する。また、英語の授業を英語で進める方法として、Oral Introductionの紹介、実演、ワークショップ。
小菅 和也
明星中学・高等学校英語教員研修会(一般財団法人語学教育研究所・出張講師制度)   2017年10月4日   
英語の授業をいかに英語で進めるかについて、講義、実演、ワークショップ。
小菅 和也
温故知新講座 一般財団法人語学教育研究所   2017年9月15日   
お茶の水水女子大附属高等学校での英語授業映像を、視聴して、
授業の考え方、ポイントなどを解説し、また、参会者から意見を求める。
小菅 和也
基礎講座 一般財団法人語学教育研究所   2017年8月9日   
中学校・高等学校で、英語の授業をいかに英語で進めるかについて、講義とワークショップ。

担当経験のある科目(授業)

 
  • 英語コミュニケーションゼミ (武蔵野大学文学部英語英米文学科)
  • TOEIC基礎演習 (武蔵野大学文学部英語英米文学科)
  • 実用音声学 (武蔵野大学グローバルコミュニケーション学部)
  • Listening & Reading A, B (武蔵野大学教育学部)
  • Comprehensive English A, B (武蔵野大学教育学部)

所属学協会

 
大学英語教育学会 , 全国英語教育学会 , 関東甲信越英語教育学会 , 財団法人語学教育研究所

Works(作品等)

 
その他   2017年1月
中村駿夫著『英語 万国音標文字 発音記号の正しい読み方』の音声データ監修および「音声データのご利用にあたっての」の注意書き。以下のURL参照:
http://www.shoryudo.co.jp/native_speaker_download.html
http://www.shoryudo.co.jp/book_images8/advices_for_using_
sounddata.pdf
その他   2016年12月
学会紀要から、英語教育関係の論文について、紹介・批評する。『JACET関東支部紀要第3号』(一般社団法人大学英語教育学会2016年3月)より次の論文を紹介する:西川惠・原田依子・相澤一美「英語母語話者のカタカナ式発音の音声認知に関する事例研究」英語指導者が、音声面で、学習者にいかに質の高いインプットを与え、いかに質の高いアウトプットの力を身につけさせるかは、小・中・高・大、校種を問わず共通する課題である。小学校での教科化、開始年齢の引き下げを控え、入門期の指導者の責任、そしてその指導者を養...
その他   2016年5月
学会紀要から、英語教育関係の論文について、紹介・批評する。『語研ジャーナル第14号』(一般財団法人語学教育研究所2015年11月)から2本を紹介する:隈部直光「英語授業時数」1980年代初頭、英語教育の改善に行政的な視点からも尽力された大先輩の、当時の苦労や舞台裏の話である。その熱意と行動力に頭が下がる。相田眞喜子「子どもの持っている力をよりどころに」「ことばを使い合う体験」という考え方は、小学校に限らず、中学・高校の英語の授業でも生かしていきたい。
その他   2015年12月
『語研ジャーナル第13号』(一般財団法人語学教育研究所2014年11月)の特集記事「英語授業 変わらないもの・変えるもの」から次の論文を紹介する:草間浩一「ICTで英語教育は変わる!?」ITCの活用によって、英語の授業が大きく変化する可能性がある。環境が整えば大いに活用すべきである。ただ、草間氏も述べているように、授業の内容を作り上げる主体はあくまで教師であり、教師と生徒のコミュニケーションが重要であることに変わりはない。進歩的な機材を利用することが、自己目的化したり、教師の自己満足になっ...
その他   2015年6月
学会紀要から、英語教育関係の論文について、紹介・批評する。『語研ジャーナル第13号』(一般財団法人語学教育研究所2014年11月)の特集記事「英語授業 変わらないもの・変えるもの」から次の論文をとりあげる:粕谷恭子「小学校英語 変わらないもの・変えるもの」。「インプットしなければアウトプットしようがない」「耳を傾ける価値のあるインプット」「言葉が生まれる場をしっかりつくる」「インプットの質を保証する」「職業人としての専門性とプライド」など、粕谷氏の言葉には、小学校英語の枠にとどまらず、深く...

共同研究・競争的資金等の研究課題

 

社会貢献活動

 
【助言・指導】  2006年4月 - 2009年3月
【助言・指導】  2006年4月 - 2009年3月

教育内容・方法の工夫

 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許

 
 
 
 

その他(職務上の実績)