言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 土屋 忍
 

土屋 忍

 
アバター
研究者氏名土屋 忍
 
ツチヤ シノブ
所属武蔵野大学
部署文学部 日本文学文化学科
職名教授
学位学士(経済学)(早稲田大学), 修士(国際文化)(東北大学大学院), 博士(文学)(北海道大学大学院)

研究キーワード

 
武蔵野文化 , 武蔵野文学 , 〈植民地〉表象・東南アジア表象・文学と場所 , 〈外地〉の日本語文学・〈武蔵野〉文学・〈南洋〉表象

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本文学 / 日本近代文学 表象文化論

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院文学研究科 日本文学専攻(博士後期課程) 教授
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院文学研究科 日本文学専攻 教授
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学文学部 日本文学文化学科 教授
 
2012年4月
 - 
2014年3月
武蔵野大学大学院言語文化研究科 日本文学専攻 准教授
 
2011年4月
 - 
2014年3月
武蔵野大学文学部 日本文学文化学科 准教授
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1998年4月
東北大学大学院 国際文化研究科 
 
1993年4月
 - 
1995年3月
東北大学大学院 国際文化研究科 
 
1988年4月
 - 
1992年3月
早稲田大学 政治経済学部 
 

委員歴

 
2016年6月
 - 
現在
公益財団法人 早稲田奉仕園  理事
 
2006年3月
 - 
現在
坂口安吾研究会  運営委員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
昭和文学会  編集委員(2年間)
 
2005年3月
 - 
2007年3月
日本近代文学会  運営委員
 
2005年3月
 - 
2006年3月
日本社会文学会  第23号編集委員
 

論文

 
土屋 忍
昭和文学研究   (75)    2017年9月   [査読有り]
武蔵野文学館紀要      2014年3月
武蔵野日本文学   (二十三) 56-59   2014年3月
浅草文学散歩のときのエピソードから稿を起こして、文学論に触れて、今年度で退職される今浜通隆先生へ贈る言葉で結んだエッセイ。
国際文化研究科論集   (21) 46-47   2013年12月   [招待有り]
東北大学大学院国際文化研究科創立20周年の記念シンポジウムに招かれて発表した内容の概略。当日も配られたものなので、実際には、最初に文学における越境について概括した上で、村上春樹の翻訳をめぐる問題を中心にして問題提起をおこなった。
昭和文学研究   67 75-78   2013年9月   [招待有り]

MISC

 
土屋 忍
日本読書新聞 2017年6月12日      2017年6月   [依頼有り]
田無神社社報   (6)    2015年1月
彷書月刊   (2010年5月号)    2010年5月   [依頼有り]
松尾邦之助特集に寄稿
はなしあい   (507号)    2009年9月   [依頼有り]
財団法人 日本クリスチャンアカデミー機関紙に掲載
通信   (通巻52号) 3-4   2008年4月
研究会の印象記である。拙論が引用されたので、私の立場から共感を示すとともに異論を述べた。簡単に言うと、「べ平連」脱退後の開高に後退をみるのか可能性をみるのかで評価が分かれる結果になった。

書籍等出版物

 
展示内容を収録, 部分執筆と全体の監修を担当 (担当:共著)
2014年12月   
双文社   2014年3月   
共編著。西川満論と書誌を掲載。
2014年   
各論考は、各種講座を重ね、それらの蓄積に基づいた共同研究の成果であり、新たに書き下ろされている。啓蒙に寄らず、学術にとじこまらず、場所にこだわり、地域にとどまらず、間を目指して編まれている。
かつて武蔵野は海沿いを果てに、関八州までを指したが、さらに範囲を彼方へと拡げることもあった。古代からの武蔵野の記憶を探り、今の武蔵野を見つめるとき、紋切り型の武蔵野イメージから解き放たれ、懐かしくも未知だった武蔵野と出会う。 知られざる武蔵野、懐かしき武蔵野/今の武蔵野、古代から現代までの武蔵野文化...
新典社   2013年9月   
本書では、第一に、全体を通じて「南洋文学」というジャンルの存在を論証し、文学史の中に位置づけた。第二に、個々のテクストの分析を通じて、「南洋文学」を主軸に据えるなら一九四〇年代の文学を論じることは現代の文学を論じることにつながり、また現代の文学を論じる際にも必要だということを明らかにした。第三に、南洋という視座から日本近代文学を読みなおすことにより、新たなテクストとコンテクストを見出し、個々の作品研究、作家研究に寄与することを目した。具体的には、永井荷風、横光利一、山田美妙、押川春浪、中河...
勉誠出版   2013年8月   
「植民地をめぐる文学的表象の可能性-小出正吾・森三千代・西川満をめぐって-」

講演・口頭発表等

 
土屋 忍
平成29年度「キャリア教育・就職支援ワークショップ」(大阪)   2018年1月25日   日本学生支援機構
土屋 忍
2017年10月8日   
土屋 忍
植民地文化学会   2017年7月8日   
文学における越境 [招待有り]
東北大学大学院国際文化研究科20周年記念シンポジウム   2013年11月   東北大学
近代文学入門2 [招待有り]
西東京市高齢者大学   2013年11月   西東京市社会福祉協議会

所属学協会

 
植民地文化学会(旧:植民地文化研究会) , 坂口安吾研究会 , 文学史を読みかえる会 , 日本社会文学会 , 日本文芸研究会

Works(作品等)

 
土屋 忍   芸術活動   2017年6月 - 2018年
土屋 忍   芸術活動   2016年3月 - 2016年3月
劇場公開と特別イベント
芸術活動   2014年11月 - 2014年11月
西東京と関わる文学の紹介展示(市民団体の依頼による)
学生30名ほどと共同でおこなった。
映像制作もあわせておこない、920名を動員した。
土屋 忍   芸術活動   2019年7月
脚本・プロデュースを担当した映画「たまらん坂」が、マルセイユ国際映画祭のワールドプレミアのインターナショナルコンペティション部門に入選。上映。ティーチインなどに参加。
土屋 忍   芸術活動   2017年3月

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)