言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 欒 殿武
 

欒 殿武

 
アバター
研究者氏名欒 殿武
 
ラン ヒロタケ
所属武蔵野大学
部署グローバル学部 グローバルコミュニケーション学科
職名教授
学位博士(文学)(千葉大学)
J-Global ID200901086150687799

プロフィール

1963年、中国天津市生まれ。南開大学大学院修士課程修了。94年来日、千葉大学大学院修士課程を経て、2000年千葉大学社会文化科学研究科日本研究専攻博士後期課程修了。博士(文学)。城西国際大学准教授を経て、2012年より現職。2016年4月から武蔵野大学孔子学院院長を兼任。
専門領域は日中近代比較文学、比較文化論。近年は明治末期における中国人留学生の日記や日華学堂の学生たちの留学生活を調査している。
著書に『漱石と魯迅における伝統と近代』(勉誠出版、2004年)、訳書に『胡錦涛と現代中国』(勉誠出版、2002年)、『縦談十二生肖』(中華書局、2006年)、『霊魂経営』(四川人民出版社、2017年)など。
現在、文化・文学などの中国研究、中国語翻訳法演習(学部)、日中言語文化比較論(大学院)を担当している。

研究キーワード

 
留学生史 ,比較文化

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本文学 / 比較文学、比較文化、清末留学生研究

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院言語文化研究科 言語文化専攻(博士後期課程) 教授   
 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学グローバル学部 グローバルビジネス学科 教授   
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院言語文化研究科 言語文化専攻 教授   
 
2012年4月
 - 
2016年3月
武蔵野大学グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科 教授   
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2000年9月
千葉大学 社会文化科学研究科 日本研究専攻
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
日本華人教授会議  会員
 
2018年6月
 - 
現在
日本華僑華人博士協会  理事
 
2012年4月
 - 
現在
グローバル教育研究委員会  センター員
 
2012年4月
 - 
現在
Global Education and Research Committee  a member of Global Education and Research Center
 

論文

 
 
『日本近代文学と病』千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書   (第184集) 73-842009年3月   
本稿は、心臓移植をテーマとして捉えた一連の小説群、すなわち日本心臓移植の第一例と言われる和田心臓移植の前後に発表された渡辺淳一の『ダブルハート』と『小説・心臓移植』(後に『白い宴』と改題)から、吉村昭の『神々の沈黙』、加賀乙彦の『生きている心臓』に至るまで、心臓移植がどのように描かれているのか、その異同点を比較しつつ作品の内容と構造を考察し、臓器移植をめぐる日本人の死生観や倫理観、精神性などについて論じた。
 
『日本近代文学と性』千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書第   (152集) 23-332007年3月   
本稿は、郁達夫『沈淪』と不肖生の『留東外史』に描かれている孤独な青年と留学生の群像に注目し、彼らの生活誌の一断面を探ることにより、明治後期と大正初期の留学生の恋愛と性を論じた。
 
『日本近代文学と宗教』千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書   (第120集) 45~532005年3月   
先行研究を踏まえつつ、『異形の者』における宗教への制度の介入、穴山と密海の意味するもの、僧侶の存在の意味などを考察し、同作品に含まれる宗教の諸問題を論じた
 
『日本近代文学と子ども』千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書   (第89集) 49~602003年3月   
張天翼の『宝のひょうたん』を中心に、日中両国の昔話における「呪宝譚」を考察し、昔話から児童文学への再話のプロセスを明らかにし、国による児童文学への介入の問題を提起する。
 
『日本近代文学と家族』千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書   第二集 2001年3月   
「家族論」の視点からお民とお住の生き方を検証し、近代農村社会における「家」の意識を、また「家」をめぐる共同体の社会通念の変化などの問題についての考察。

MISC

 
 
欒 殿武   
グローバルスタディーズ   3 1-112019年3月   
 
聴く中国語6月号   94-972017年5月   [招待有り]
 
聴く中国語5月号   94-972017年4月   [招待有り]
 
聴く中国語4月号   56-592017年3月   [招待有り]
 
武蔵野大学グローバルスタディーズ研究所紀要『Global Studies』創刊号   23-332017年3月   [査読有り]
本稿は明治38年に富士見楼で開かれた孫文歓迎会を中心に、現存の僅かな資料を通じて富士見楼の在りしかつての姿に迫り、中国の近代史と近代留学生史に関わる中国同盟会成立前後の舞台を明らかにしようとした。

書籍等出版物

 
 
孫安石, 大里浩秋編(担当:共著, 範囲:第一部第三章「中国人留学生の日記から読み取る日常生活」)
東方書店      2019年3月   (ISBN:9784497219077)   
 
四川人民出版社      2017年1月      
本書は富士フィルムホールディングス代表 取締役会長兼CEOである古森重隆が執筆し た『魂の経営』(東洋経済新報社、2013 年11月)の訳書で、写真フィルム市場が 10分の1に縮小する危機を、奇跡と称され る事業構造の転換で乗り越えた経営改革の 全貌を明らかにする企業リーダー育成の教 科書である。
 
上海訳文出版社      2012年12月   (ISBN:9787532760046)   
本書は村上龍『はじめての夜 二度目の夜 最後の夜ー料理小説』(集英社、1996)の中国語訳書である。
 
上海訳文出版社      2010年12月   (ISBN:9787532751907)   
本書は、村上龍の『戦争は海の向こうで始まる』の訳書である。
 
上海訳文出版社      2009年12月   (ISBN:9787532749492)   
本書は、村上龍の『コインロッカー・べービーズ』の訳書である。

講演・口頭発表等

 
 
日华学堂在早期留日学生教育中所起的作用
欒 殿武   
留学生と中国伝統教育の転換及び現代教育の発展   2019年8月17日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
中国語翻訳演習 (武蔵野大学)
 
   
 
日中言語文化比較論 (武蔵野大学)
 
   
 
中国研究(文化文学) (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
中国語教育学会
 
   
 
中国語学会
 
   
 
全日本中国人博士協会
 
   
 
近代文学会
 
   
 
千葉大学文学部日本文化学会

Works(作品等)

 
 
欒 殿武   
2017年4月 - 2019年3月   その他
在日中国人の視点から比較文化論関連のコラム
 
欒 殿武   
2017年1月 - 2019年3月   その他
日本社会、日本文化を紹介し、小さな話題で日本と中国の比較を中心に、週に1回コラムを書いている。
 
2006年3月   その他
作者南方熊楠の生い立ちと『十二支考』の内容を紹介するものである。
 
2004年12月   その他
本稿は『こころ熱く武骨でうざったい中国』(麻生晴一朗、情報センター出版局)の書評である。作者の16年間にわたる中国体験をもととする本書を分析し、その深層に含まれる諸問題を分析し、読者の誤解を招くような表現の真意を説明しようとする書評である。
 
2004年4月   その他
本稿は『中国人の見た明治社会―東遊日記の研究』(佐藤三郎、東方書店)の書評である。中国人の日本留学の目的、東遊日記における異文化適応のU曲線の存在を分析し、中国人による日本研究の必要性を指摘している。

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 

資格・免許