言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 赤石 樹泰
 

赤石 樹泰

 
アバター
研究者氏名赤石 樹泰
 
アカイシ タツヒロ
URLhttp://www.musashino-u.ac.jp/yakugaku/yakuri/m-yakuri-home.html
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位学士(日本大学), 修士(日本大学大学院), 博士(日本大学大学院)

研究キーワード

 
薬理学一般 , 生理学一般 , 神経化学・神経薬理学 , 神経科学一般 , 生物系薬学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学研究所 薬理学研究室 講師
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 講師
 
2007年5月
 - 
2009年3月
武蔵野大学 薬学部・薬学研究所 薬理学研究室 助教
 
2004年4月
 - 
2007年4月
武蔵野大学 薬学部・薬学研究所 薬理学研究室 助手
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
日本大学大学院 薬学研究科 
 
2000年4月
 - 
2001年3月
東京大学 医学部附属病院薬剤部 研修生 
 
1998年4月
 - 
2000年3月
日本大学大学院 薬学研究科 
 
 
 - 
1998年3月
日本大学 薬学部 
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
現在
日本薬理学会  学術評議委員
 
2005年1月
 - 
現在
日本神経科学学会  会員
 
2002年2月
 - 
現在
日本薬学会  会員
 
1998年8月
 - 
2011年3月
日本薬理学会  一般会員
 

論文

 
He WB, Abe K, Akaishi T
Journal of pharmacological sciences   136(1) 42-45   2018年1月   [査読有り]
赤石樹泰
日薬理誌   143(5) 260-261   2014年5月   [査読有り][招待有り]
Ushikubo H, Tanimoto Y, Abe K, Asakawa T, Kan T, Akaishi T
Biological & Pharmaceutical Bulletin   37(5) 748-754   2014年5月   [査読有り]
Ushikubo H, Watanabe S, Tanimoto Y, Abe K, Hiza A, Ogawa T, Asakawa T, Kan T, Akaishi T
Neuroscience letters   513(1) 51-56   2012年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
赤石 樹泰 (担当:分担執筆, 範囲:薬理学全範囲)
評言社   2019年5月   
赤石 樹泰 (担当:分担執筆, 範囲:薬理学全範囲)
評言社   2018年5月   
赤石 樹泰 (担当:分担執筆, 範囲:薬理学全範囲)
評言社   2017年5月   
赤石 樹泰 (担当:分担執筆, 範囲:薬理学全範囲)
評言社   2016年5月   
赤石 樹泰 (担当:分担執筆, 範囲:薬理学全範囲)
評言社   2015年5月   

講演・口頭発表等

 
赤石樹泰, 山本昇平, Schubert, David, 阿部和穂
第92回日本薬理学会年会   2019年3月14日   
赤石樹泰, 鵜澤勇気, 永島瞳, 小野あかり, 武内彩香, Schubert, David, 阿部和穂
第90回日本薬理学会年会   2017年3月15日   
赤石樹泰, 梅川奈津実, 池田睦, 稲葉くるみ, 渡邊紀子, Schubert, David, 阿部和穂
第89回日本薬理学会年会   2016年3月9日   
赤石樹泰, 青木駿, 本村友紀, 高橋利昌, 佐藤嘉高, Schubert, David, 阿部和穂
第88回日本薬理学会年会   2015年3月19日   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 生命科学と人間<生命の仕組み> (武蔵野大学)
  • 研究者養成コース薬学研究 (武蔵野大学)
  • 卒業研究2 (武蔵野大学)
  • 薬学総合演習1 (武蔵野大学)
  • 卒業研究1 (武蔵野大学)

所属学協会

 
日本神経科学学会 , 日本薬学会 , 日本薬理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
山崎香辛料振興財団: 
研究期間: 2016年10月 - 2017年9月
日本学術振興会: 応用薬理
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
日本学術振興会: 応用薬理
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
武蔵野大学: 
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月

その他

 
2008年10月
第52回日本薬学会関東支部大会『若手シンポジウム「様々な研究分野で活躍する若手薬学出身者」』において、「新しい認知症治療薬のシーズを天然化合物に求めて~フィセチンの記憶増強作用~」というタイトルで、招待講演を行った。

教育内容やその他の工夫

 
小テスト(確認テスト)の実施
2009年4月 - 2018年
薬理学2では、講義の最初に前回の講義で解説した内容の復習の目的で、小テストを実施した。また、薬剤師国家試験対策講義およびCBT対策講義においては、その日の学習内容についての確認テストを講義終了前のタイミングで行い、知識の整理・定着を促した。
オリジナルの穴埋め形式プリントを作成
2009年4月 - 2018年
薬剤師国家試験における重要ポイントを整理し、オリジナルのプリントを作成した。プリントは穴埋め形式とし、講義で学生に解説しながら、空欄を記入させ、知識の整理・定着を促した。
講義に対する学生の感想・意見を次回の講義に反映させる
2009年4月 - 2017年
薬剤師国家試験対策およびCBT対策講義、生命科学と人間(文系学生に対する講義)では、私の講義に対する学生の感想や意見を聞き、以降の講義に反映させるよう努めた。
薬剤師国家試験対策書の活用
2018年9月 - 2018年10月
薬理学2では、テキストに薬学必修講座 薬理学2019-2020(評言社)を用いた。古い参考書では載っていない新薬についても記述されており、より現場(実践)に近い、国家試験対策も意識した講義が可能となった。
学生参加型の講義の実施
2010年4月
生命科学と人間(文系学生に対する授業)では、講義の途中にパワーポイントでクイズ形式のコマを用意し、学生参加型の講義を実施した。講義終了後のレポートにも、「クイズが楽しかった」記されており、学生からは非常に好評だった。

その他教育活動上特記すべき事項

 
第4回若手薬学教育者のためのアドバンスト・ワークショップへの参加
2018年10月6日 - 2018年10月9日
「卒業時における教育の質保証 ~卒業時に求められる資質・能力とその評価を考える~」というテーマに興味を持ち、これからの学部教育を牽引することが期待されている人材として、武蔵野大学薬学部を代表して、本ワークショップに参加した。2泊3日のスケジュールで、文科省、厚労省、病院、薬剤師会、全国の国公立大学、私立大学の先生方と、今後の薬剤師教育に求められること、大学教育に求められること等について、熱い議論を行った。
第12回東京ブロック指導薬剤師養成ワークショップへの参加
2009年9月20日 - 2009年9月21日
薬学教育が4年制から6年制へと変わり、病院や薬局の現場の薬剤師が実習期間中に学生を指導する必要が生じた。私は、指導薬剤師を養成するためのワークショップに大学教員枠として参加し、現場と大学の相互理解を深めることに努めた。

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 
 
 

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許