言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 五島 直樹
 

五島 直樹

 
アバター
研究者氏名五島 直樹
 
ゴシマ ナオキ
URLhttps://www.molprof.jp/research/qpt3.html
所属武蔵野大学
部署人間科学部人間科学科
職名教授
学位農学博士(大阪府立大学)
その他の所属福島県立医科大学 医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター, 一般社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム JBIC研究所
科研費研究者番号70215482
J-Global ID200901070679658138

プロフィール

現職: 武蔵野大学人間科学部人間科学科・教授、福島県立医科大学・医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター・特任教授、一般社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム・JBiC研究所・研究員、プロテオブリッジ株式会社.
1987年 大阪府立大学大学院農学研究科生化学専攻(農学博士). 1987-1988年 理化学研究所・流動研究員. バクテリアヒストン様タンパク質の研究を中心にDNAトポロジーと遺伝子発現の研究を行う. 1989-1995年 京都薬科大学助手. DNA高次構造と機能の研究を行う(今のエピジェネ研究)。HU、IHFタンパク質の部位特異的DNA組換え反応(現在のGatewayシステムの基礎研究)、YAC人工染色体を用いた核内DNA高次構造の研究を行う. 1995-2000年広島大学大学院・理学研究科助教授. トランスジェニック植物ゲノムDNAへの導入DNAの組み込み機構の研究を行う. 2000年より通産省FLcDNAプロジェクト・チームリーダー. ヒト完全長cDNAからヒトタンパク質発現リソースの構築を開始. 2001-2018年 産業技術総合研究所・創薬分子プロファイリング研究センター・研究チーム長、上級主任研究員. 2012年-現在 福島県立医科大学特任教授の併任.

研究キーワード

 
免疫モニタリング ,プロテインアレイ ,再生医療 ,タンパク質発現 ,cDNAクローン

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / ケミカルバイオロジー / 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 
  • ライフサイエンス / 機能生物化学 / 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 

論文

 
 
Naoki Harada   Mai Okuyama   Yoshiaki Teraoka   Yumi Arahori   Yoh Shinmori   Hiroko Horiuchi   Paula B. Luis   Akil I. Joseph   Tomoya Kitakaze   Shigenobu Matsumura   Tohru Hira   Norio Yamamoto   Takashi Iuni   Naoki Goshima   Claus Schneider   Hiroshi Inui   Ryoichi Yamaji   
npj Science of Food   6(1)    2022年12月   [査読有り]
Abstract

The identification of molecular targets of bioactive food components is important to understand the mechanistic aspect of their physiological functions. Here, we have developed a screening system that enables us to determine the activati...
 
Kazuki M. Matsuda   Ayumi Yoshizaki   Kei Yamaguchi   Eriko Fukuda   Taishi Okumura   Koji Ogawa   Chihiro Ono   Yuta Norimatsu   Hirohito Kotani   Teruyoshi Hisamoto   Ruriko Kawanabe   Ai Kuzumi   Takemichi Fukasawa   Satoshi Ebata   Takuya Miyagawa   Asako Yoshizaki-Ogawa   Naoki Goshima   Shinichi Sato   
Frontiers in Immunology   13    2022年5月   [査読有り]
Autoantibodies are found in various pathological conditions such as autoimmune diseases, infectious diseases, and malignant tumors. However their clinical implications have not yet been fully elucidated. Herein, we conducted proteome-wide autoanti...
 
Yasuhiro Nagata   Shinichi Kageyama   Takeshi Ishikawa   Satoshi Kokura   Tetsuya Okayama   Tetsuya Abe   Masahiko Murakami   Koji Otsuka   Tomotake Ariyoshi   Takashi Kojima   Ken Taniguchi   Shinichiro Kobayashi   Hideaki Shimada   Satoshi Yajima   Takashi Suzuki   Satoshi Hirano   Takahiro Tsuchikawa   Toshiaki Shichinohe   Shugo Ueda   Kengo Kanetaka   Akira Yoneda   Hisashi Wada   Yuichiro Doki   Hiroki Yamaue   Masahiro Katsuda   Masaki Ohi   Hiromi Yasuda   Ken Kondo   Masato Kataoka   Yasuhiro Kodera   Masahiko Koike   Taizo Shiraishi   Yoshihiro Miyahara   Naoki Goshima   Eriko Fukuda   Kei Yamaguchi   Eiichi Sato   Hiroaki Ikeda   Tomomi Yamada   Masaharu Osako   Kaoru Hirai   Hiroshi Miyamoto   Takashi Watanabe   Hiroshi Shiku   
Cancer Immunology, Immunotherapy      2022年4月   [査読有り]
 
Akari Nakamura‐Utsunomiya   Satoshi Goda   Seiichi Hayakawa   Sakata Sonoko   Ewout J. Hoorn   Anne Blanchard   Akiko Saito‐Hakoda   Haruna Kakimoto   Rumi Hachiya   Miki Kamimura   Rie Kawakita   Shinji Higuchi   Rika Fujimaru   Yoko Shirai   Daichi Miyaoka   Yuki Nagata   Yutaro Kishi   Aya Wada   Akari Mitsuboshi   Kayo Ozaki   Nagisa Komatsu   Hidetaka Niizuma   Junko Kanno   Ikuma Fujiwara   Yukihiro Hasegawa   Tohru Yorifuji   Wendy Brickman   Marie‐Christine Vantyghem   Kei Yamaguchi   Naoki Goshima   Takeshi Y. Hiyama   
Clinical Endocrinology      2022年4月   [査読有り]
 
Naoki Harada   Yumi Arahori   Mai Okuyama   Paula B. Luis   Akil I. Joseph   Tomoya Kitakaze   Naoki Goshima   Claus Schneider   Hiroshi Inui   Ryoichi Yamaji   
Biochemical and Biophysical Research Communications   595 41-46   2022年3月   [査読有り]

MISC

 
 
福田 枝里子   五島 直樹   
日本分析化学会講演要旨集   67年会 126-126   2018年8月   
 
五島直樹   
CBI学会大会   2017 24   2017年10月   
 
奥山真衣   原田直樹   五島直樹   乾博   山地亮一   
ビタミン   91(4) 258   2017年4月   
 
本橋力   河村徳人   渡邉奈月   五島直樹   國貞隆弘   
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.3P‐0822 (WEB ONLY)   2017年   
 
福田枝里子   五島直樹   
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.4AS01‐5 (WEB ONLY)   2017年   

講演・口頭発表等

 
 
五島 直樹   
バイオ計測技術コンソーシアム   2019年4月25日   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
日本プロテオーム学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
自己抗体マーカー探索システムの開発
AMED: 医療分野研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)
五島 直樹 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月

産業財産権

 
 
 
 
 
佐藤 雄一   松本 俊英   松本 和将   長塩 亮   鉢村 和男   五島 直樹   川上 和孝   
 
水上 民夫   久能 樹   和田 修一   向 由起夫   太田 伸二   夏目 徹   家村 俊一郎   新家 一男   五島 直樹   高木 基樹   佐々木 隆造