言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 石原 真三子
 

石原 真三子

 
アバター
研究者氏名石原 真三子
 
イシハラ マミコ
所属武蔵野大学
部署経済学部 経済学科
職名教授
学位学士(東京大学), 修士(エセックス大学), 修士(東京大学大学院)

研究キーワード

 
計量経済学 , 労働経済学

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学経済学部 経済学科 教授
 
2013年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院政治経済学研究科 政治経済学専攻(博士後期課程) 教授
 
2010年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院政治経済学研究科 政治経済学専攻 教授
 
2008年4月
 - 
2014年3月
武蔵野大学政治経済学部 政治経済学科 教授
 
2008年4月
 - 
2009年3月
跡見学園女子大学 マネジメント学部マネジメント学科 非常勤講師
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
東京大学大学院 経済学研究科 
 
1995年4月
 - 
1997年3月
東京大学大学院 経済学研究科 
 
1991年10月
 - 
1993年9月
エセックス大学 経済学部 
 
1981年4月
 - 
1985年3月
東京大学 文学部 
 

委員歴

 
2010年8月
 - 
2011年3月
独立行政法人労働政策研究・研修機構  雇用創出・消失指標推計研究会委員
 
2001年4月
 - 
2010年12月
財団法人統計研究会  労働市場委員会委員
 

受賞

 
2004年3月
独立行政法人労働政策研究・研修機構 平成15年度(第4回)労働関係論文優秀賞
 

論文

 
石原 真三子
武蔵野大学政治経済学研究所年報   (15) 65-83   2017年10月
武蔵野大学政治経済学部紀要   (第2号)    2010年3月
生命保険文化センターによる「企業の福利厚生制度に関する調査 2002」を用いて,正規労働者の仕事の満足度について,その決定要因を分析した.順序プロビット分析の結果,仕事の満足度に影響を与える要因は,男女で大き区異なり,男性は女性よりも給与水準に影響を受けることがわかった.また,男性は残業時間や通勤時間によって仕事の満足度が左右されるのに対し,女性は週の労働時間に影響される.
城西大学経済・経営紀要   第25巻    2007年3月
平成4年,9年,14年の『就業構造基本調査』(総務省)の個票を用いて,この時期の労働者の離職,入職,非労働力化などの量的な変化を観察した。分析の結果,1992年から2000年にかけて,若年層,および60歳代で,継続就業者の割合が減少したことがわかった.これらの年代で失業率が大きく上昇したことを考慮すると, job flowが拡大しただけでなく,失業者も増加したことがわかる.また新規学卒者では,非正規労働の割合が増加し,女性の新規就業者に占める非正規労働の割合も拡大したことがわかった.
『就業環境と労働市場の持続的改善に向けた政策課題に関する調査研究報告書』第7章      2007年3月
厚生労働省『パートタイム労働者総合実態調査』の個票を用いた分析の結果,訓練や能力活用制度などを実施している事業所や非正社員の基幹化が進んでいると思われる企業では、有資格のパート等の非正社員が雇用保険に加入している確率が高いことがわかった。また、非正社員に対する訓練は、非正社員の賃金を有意に上昇させるが、訓練を行っている事業所で比較した場合、非正社員から正社員への登用制度がある事業所の方が、非正社員の賃金が低くなることがわかった。
石原真三子, 佐藤博樹, 原ひろみ
『雇用の多様化、流動化、高度化などによる労働市場の構造変化への対応策に関する調査研究報告書』第1章      2006年3月
厚生労働省『パートタイム労働者総合実態調査』の平成2年,7年,13年の個票を用いた分析の結果,パート等労働者の雇用保険の加入率は、条件の緩和によって上昇したことがわかった.また非正社員への訓練を行っている事業所の雇用保険加入確率は有意に高いが、一方、正社員登用制度のある事業所の雇用保険加入確率は有意に低いことがわかった.第2節担当.

書籍等出版物

 
玄田有史, 照山博司, 太田總一, 神林龍 (担当:共著)
2007年3月   
総務省『労働力調査』の個票を用いて,日本の失業率に対する年齢構成の変化の影響を長期的に観察した結果,日本の労働力の高齢化は,失業率をやや上昇させたことがわかった。また,1990年代後半の失業率の上昇に対する,年齢構成の変化の影響は小さく,すべての年齢層で失業率の上昇がみられた.さらに,従業員の年齢が高い事業所では,労働需要が小さくなることもわかった.2節担当.

講演・口頭発表等

 
International Sociological Association Forum of Sociology 2008   2008年9月   
SEMINARIS JAPÓ,Seminari d’estudi interdisciplinar   2008年2月   
英国の労使関係についてのデータ、「The Workplace Employment Relations Survey 2004」 および生命保険文化センターによる「企業の福利厚生制度に関する調査 2002」を用いて、日本と英国の仕事の満足度について、その決定要因を比較した。個人の属性などの様々な要因をコントロールした結果、英国と日本の仕事の満足を決定する要因が顕著に異なるのは、フレックスタイムや有給の育児休暇などの、育児中の労働者にとって有利な制度であった。これらの制度によって、英国の労働...

担当経験のある科目(授業)

 
  • 経済学入門 (武蔵野大学)
  • 労働経済学 (武蔵野大学, 城西大学)
  • ミクロ経済学 (武蔵野大学, 城西大学)

所属学協会

 
日本経済学会

Works(作品等)

 
その他   2008年7月
スペインの労働時間と休暇、出生率についてのエッセイ。
その他   2008年6月
スペインの民主化と労働市場の変化についてのエッセイ。
その他   2008年5月
最近のスペインにおける移民労働者の状況ついてのエッセイ。
佐藤博樹, 佐野よし秀, 原ひろみ, 石原真三子   その他   2007年3月
イギリス、アメリカ、フランス、ドイツの非正規雇用者、とくに派遣労働者についての調査を行った.各国の現状に関するデータ調査、制度の調査とともに、人材派遣会社および派遣労働者を導入している企業にインタビューを行って各国の違いを明らかにした.「アメリカ」担当.