言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 橋元 誠
 

橋元 誠

 
アバター
研究者氏名橋元 誠
 
ハシモト マコト
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位博士(農学)(東京農工大学大学院連合農学研究科)
J-Global ID200901074534035987

研究キーワード

 
フラビン依存酸素添加酵素 ,糸状菌 ,ポリケタイド ,生合成 ,生理活性物質 ,Biosynthesis ,Bioactive compound

研究分野

 
  • 環境・農学 / 植物保護科学 / 
  • 環境・農学 / 植物保護科学 / 

論文

 
 
Isao Fujii   Makoto Hashimoto   Kaori Konishi   Akiko Unezawa   Haruka Sakuraba   Kenta Suzuki   Harue Tsushima   Miho Iwasaki   Satsuki Yoshida   Akane Kudo   Rina Fujita   Aika Hichiwa   Koharu Saito   Takashi Asano   Jun Ishikawa   Daigo Wakana   Yukihiro Goda   Ayumi Watanabe   Mamoru Watanabe   Yui Masumoto   Junichiro Kanazawa   Hajime Sato   Masanobu Uchiyama   
Angewandte Chemie (International ed. in English)   59(22) 8464-8470   2020年5月   [査読有り]
Shimalactones A and B are neuritogenic polyketides possessing characteristic oxabicyclo[2.2.1]heptane and bicyclo[4.2.0]octadiene ring systems that are produced by the marine fungus Emericella variecolor GF10. We identified a candidate biosyntheti...
 
Makoto Hashimoto   Hitomi Ichijo   Kotaro Fujiwara   Hitoshi Sugasawa   Seika Abo   Kimihito Matsudo   Nahoko Uchiyama   Yukihiro Goda   Isao Fujii   
Bioorganic & medicinal chemistry letters   29(24) 126686-126686   2019年12月   [査読有り]
The asteltoxin-producing fungus Emericella variecolor IFM42010 possesses 22 highly-reducing polyketide synthase (HR-PKS) genes. Of these, an HR-PKS with a methyltransferase domain but lacking an enoylreductase domain could be involved in the biosy...
 
Ichinose K   Hashimoto M   Taguchi T   Ishikawa K   Mori R   Hotta A   Watari S   Katakawa K   Kumamoto T   Okamoto S   
Chembiochem : a European journal of chemical biology      2019年9月   [査読有り]
 
Dengfeng Yang   Takahiro Mori   Takashi Matsui   Makoto Hashimoto   Hiroyuki Morita   Isao Fujii   Ikuro Abe   
Acta Crystallographica Section F:Structural Biology Communications   70(6) 730-733   2014年   [査読有り]
CsyB from Aspergillus oryzae is a novel type III polyketide synthase that catalyzes the formation of csypyrone B1 [4-(3-acetyl-4-hydroxy-2-oxo-2H-pyran-6- yl)butyric acid] from fatty acyl-CoA, malonyl-CoA and acetoacetyl-CoA. Recombinant CsyB expr...
 
Hashimoto Makoto   Taguchi Takaaki   Nishida Satoshi   Ueno Kouji   Koizumi Kaio   Aburada Masaki   Ichinose Koji   
JOURNAL OF ANTIBIOTICS   61(1) C1   2008年1月   [査読有り]

MISC

 
 
橋元 誠   
ファルマシア   55(6) 570-570   2019年   
チオペプチドは,構造中にチアゾール環などの複素環を持つ二次代謝産物であり,リボソーム翻訳系翻訳後修飾ペプチド(ribosomally synthesized and post-translationally modified peptide: RiPPs)に分類されている.それらの生理活性は,バンコマイシン耐性菌に対する抗菌作用や家畜の成長促進作用など多岐にわたる.近年,チオペプチド生合成遺伝子が相次いで機能同定され,遺伝子探索に必要な情報が入手可能となった.本稿では,チオペプチド生合成関...
 
橋元 誠   藤井 勲   
生化学   87(4) 471-474   2015年8月   
 
橋元 誠   
ファルマシア   45(12) 1251-1252   2009年   

講演・口頭発表等

 
 
アクチノロジン生合成におけるアリールカップリング反応機構の解析(第5報)
渡 進   橋元 誠   田口貴章   石川和樹   熊本卓哉   岡本晋   市瀬浩志   
日本薬学会第141年会   2021年3月27日   
 
アクチノロジン生合成におけるアリールカップリング反応機構の解析(第4報)
橋元誠   渡進   田口貴章   石川和樹   熊本卓哉   岡本晋   市瀬浩志   
日本薬学会第141年会   2021年3月27日   
 
アクチノロジン生合成における連続水酸化反応機構の解析(第7報)
高﨑祐里   橋元誠   石川和樹   熊本卓哉   市瀬浩志   
日本薬学会第141年会   2021年3月27日   
 
Actinorhodin生合成に関与する立体特異的エノイル還元酵素の機能解析(第2報)
石川和樹   橋元誠   市瀬浩志   
日本薬学会第141年会   2021年3月27日   
 
Granaticin生合成の立体化学を制御するケト還元酵素Gra-6の機能解析
橋本実里   石川和樹   脇田知希   橋元誠   市瀬浩志   
日本薬学会関東支部大会講演要旨集   2020年   

所属学協会

 
 
   
 
糸状菌分子生物学研究会
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
日本農薬学会
 
   
 
日本農芸化学会
 
   
 
日本放線菌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
糸状菌由来ジオキシゲナーゼの機能拡張による化合物の創出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
橋元 誠 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月