言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> R. J. Emmert
 

R. J. Emmert

 
アバター
研究者氏名R. J. Emmert
 
R. J. エマート
所属武蔵野大学
部署文学部 日本文学文化学科
職名教授
学位学士(アーラム大学)

経歴

 
1976年3月
 - 
1983年3月
国際交流基金 公演課 ATPA 企画・編集
 
1983年
 - 
1986年
武蔵野女子大学 能楽資料センター 非常勤助手
 
1984年7月
 - 
1984年9月
シドニー大学 音楽学部 客員教授
 
1986年
 - 
1993年
Mainichi Daily News(毎日英字新聞) 毎月寄稿欄「能」執筆者
 
1986年4月
 - 
1989年3月
武蔵野女子大学 短期大学部 特別専任講師
 

学歴

 
1974年4月
 - 
1975年3月
東京芸術大学 音楽部 音楽学
 
1975年4月
 - 
1979年3月
東京芸術大学大学院 音楽研究科 東洋・日本伝統音楽・民族音楽学専攻
 
1980年4月
 - 
1985年3月
東京芸術大学大学院 音楽研究科 音楽学
 
1968年9月
 - 
1972年6月
アーラム大学  東洋史・日本語
 
1970年7月
 - 
1971年8月
早稲田大学 国際部 
 

受賞

 
2009年2月
国際演劇協会 内村直也賞
 

論文

 
Noh in English:Noh's Contemporaneity and Universality (英語能の可能性-能の現代性・普遍性を探って)
Noh:Its Transmission andRegeneration   9   1994年9月
英語能作曲の諸問題。

Misc

 
能を取り入れる外国の大学教育
能楽資料センター紀要   (No.7)    1988年6月
昭和63年 6月30日 外国で能を教える際の情況。
能と私ーー国際化への道
武蔵野大学能楽資料センター紀要   (8)    1997年3月
能における国際的な活躍の背景。
Okina--The Ritual Piece of a Ritual Theatre(翁ー儀式芸能の中の儀式)
シアター能楽ニューズレッター「In the Noh」   1(2)    2004年3月
能演目/儀式「翁」の解説記事。
資料紹介 能構成の英語劇「Blue Moon Over MemphisーA Noh Drama about Elvis Presley」
武蔵野大学能楽資料センター紀要   (15)    2004年3月
英語能「Blue Moon Over Memphis」の台本作り、作曲作り、そして公演になるための背景が説明される。
Kurozuka--A Demoness Play(古典能「黒塚」の解説)。
シアター能楽ニューズレター「In the Noh」   1(3)    2004年7月
Noh Training Project 10周年公演、古典能「黒塚」の前の解説記事。

書籍等出版物

 
Asian Musics in an Asian Perspective
小泉文夫、徳丸吉彦、山口修(編集)、リチャード・エマート(副編集) (担当:共著, 範囲:副編集者)
平凡社   1978年3月   
国際交流基金主催の会議「アジア伝統芸能の交流 '76(ATPA 1976)」 の英文報告書。
Descriptions of the Musical Instruments: ATPA 1976
山口修、リチャード・エマート (担当:共著)
平凡社   1978年3月   
「Asian Musics in an Asian Perspective」のなかの小論文。
The Japanese Shakuhachi and Some Comparisons with Several Vertical Flutes of Southeast Asia
平凡社   1978年3月   
「Asian Musics in an Asian Perspective」のなかの小論文。
Films of ATPA 1978: Explanatory Notes
ミツ・プロダクション   1979年8月   
国際交流基金主催の会議「アジア伝統芸能の交流 '78(ATPA 1978)」のために作られた映画の解説書の編著。
Hiranori: A Unique Rhythm Form in Japanese Noh Music
平凡社   1980年3月   
「Musical Voices of Asia」のなかの小論文。

講演・口頭発表等

 
能における舞事の研究:中ノ舞を中心として
1979年5月5日   
東京芸術大学修士論文に関する学会発表。
The Maigoto of Noh
International Folk Music Council   1981年8月28日   
外国語による能の創作と実践
東洋音楽学会 第40回大会   1989年10月21日   
外国語による能における問題点や実践の紹介。
Noh: Exploring Its Non-Japanese Possibilities
Japanese Theatre and the West   1991年10月4日   
英語能の可能性:能の現代性・普遍性を探って
能の伝承と再生、 国立文化財研究所主催の国際研究集会   1991年10月30日   
英語能に関する発表

所属学協会

 
東洋音楽学会 , アジア芸能学会 , 能楽学会

Works

 
巻頭言 「変わって行く伝統」
その他   2011年3月
梅若研能会の月刊誌のためのエッセイ。
英文"Kiyotsune," "Composing for and Directing Pagoda," "English Noh--A Brief and Biased History"「清経」(解説)、「パゴダの作曲と演出」、「英語能ーその短い歴史」
その他   2009年12月
大島能楽とシアター能楽のヨロッパ英語能公演ツアーのための英文プログラムの三つの項目。一つ目は古典能「清経」の解説。二つ目「パゴダ」の作曲の背景。三つ目は英語能の歴史。
シアター能楽主催 英語能作ワークショップ WRITER'S WORKSHOP指導
その他   2003年3月
シアター能楽主催、外国劇作家のための英語能作ワークショップ(WRITERS WORKSHOP)の指導。10日間にわたって、国立能楽堂でのゼミやそれぞれの東京の能楽堂での能鑑賞で9人が参加した。
英語能(対談)
その他   2003年2月
英語能の活躍、英語能劇団「シアター能楽」の成立、英語能の作詞・作曲などについての対談。小田幸子氏
芸道の花・世阿弥と現代の能
鼎談者:馬場あきこ、堂本正樹、リチャード・エマート   その他   1994年12月
平成 6年12月15日