言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 八巻 史子
 

八巻 史子

 
アバター
研究者氏名八巻 史子
 
ヤマキ フミコ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部薬学科
職名講師
学位博士(薬学)(東邦大学)
J-Global ID200901081820300260

研究キーワード

 
自律神経 ,アンジオテンシン ,アドレナリン受容体 ,平滑筋

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学 / 薬理学

経歴

 
2021年1月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部 薬学科 講師 
 
2017年4月
 - 
2020年12月
東邦大学 薬学部 薬学科 講師 
 
2009年4月
 - 
2017年3月
奥羽大学 薬学部 講師 
 
2006年4月
 - 
2009年3月
奥羽大学 薬学部 助手 
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
日本薬理学会  学術評議委員
 

受賞

 
2004年10月
第48回日本薬学会関東部会, 優秀発表者賞,Gs蛋白共役型薬物受容体を介した平滑筋の弛緩反応機構:IP 受容体ならびにβ-アドレナリン受容体を介した弛緩反応におけるcAMPとKチャネルの役割の検討
八巻 史子 
 

論文

 
 
Yamaki F,   Zhang X   Shioda N   Yoshioka K   Obara K   Tanaka Y   
European Journal of Pharmacology   877 173079-173079   2020年6月   [査読有り]
 
Fumiko Yamaki   Anna Koike   Hikari Kono   Xiaoyue Zhang   Kento Yoshioka   Keisuke Obara   Yoshio Tanaka   
Biological & pharmaceutical bulletin   43(3) 493-502   2020年   [査読有り]
The β-adrenoceptor (β-AR)-mediated pharmacological effects of catecholamine (CA) metabolites are not well known. We examined the effects of seven CA metabolites on smooth muscle relaxation in mouse and guinea pig (GP) tracheas and rat thoracic aor...
 
Keisuke Obara   Lin Ao   Toma Shimada   Saki Horiguchi   Takumi Ikarashi   Tsukasa Ogawa   Kento Yoshioka   Fumiko Yamaki   Kazuhiro Matsuo   Takashi Yoshio   Yoshio Tanaka   
Pharmacology   105(7-8) 369-376   2020年   [査読有り]
INTRODUCTION: Benzodiazepine anxiolytics are believed to cause urination disorders due to their anticholinergic effects. OBJECTIVE: This study was carried out to investigate the potential inhibitory effects of 15 clinically available anxiolytics i...
 
Obara K   Horiguchi S   Shimada T   Ikarashi T   Yamaki F   Matsuo K   Yoshio T   Tanaka Y   
Journal of pharmacological sciences      2019年5月   [査読有り]
 
Obara K   Fujii A   Arie C   Harada N   Yamaki F   Matsuo K   Yoshio T   Tanaka Y   
Pharmacology   104(1-2) 43-50   2019年5月   [査読有り]

MISC

 
 
藤井 彩乃   小原 圭将   八巻 史子   田中 芳夫   
応用薬理   94(5-6) 101-101   2018年7月   
 
鶴岡 優里   山岸 理沙   曽根 知世   山崎 玖美   茅野 大介   椎名 俊介   小原 圭将   八巻 史子   檜貝 孝慈   田中 芳夫   
応用薬理   94(5-6) 115-115   2018年7月   
 
伊藤 愛   大木 春菜   関根 悠   菊田 燎   植村 奈緒瑠   八巻 史子   
日本薬学会年会要旨集   136年会(3) 170-170   2016年3月   
 
菊田 燎   高里 昂史   関根 悠   大木 春菜   伊藤 愛   八巻 史子   
日本薬学会年会要旨集   136年会(3) 170-170   2016年3月   
 
八巻 史子   石井 啓貴   志岐 尚広   六角 綾   松井 由香   高田 芳伸   
日本薬学会年会要旨集   134年会(3) 155-155   2014年3月   

講演・口頭発表等

 
 
カテコラミン(CA)代謝物のβ-アドレナリン受容体(β-AR)を介した平滑筋の弛緩作用に及ぼす影響
八巻史子, 小池杏奈, 河野曜, 張瀟月, 吉岡健人, 小原圭将, 田中芳夫   
第93回日本薬理学会年会   2020年3月18日   
 
放射性リガンドを用いたマウス大脳皮質ムスカリン受容体に対する抗精神病薬の結合性に関する研究
小原 圭将, 堀口 早紀, 島田 刀摩, 五十嵐 巧, 吉岡 健人, 八巻 史子, 田中 芳夫   
第93回日本薬理学会年会   2020年3月17日   
 
ラット膀胱平滑筋のアセチルコリン(ACh)誘発性収縮に対する各種催眠薬・抗不安薬の抑制作用の評価
小原圭将, 敖琳, 小川司, 堀口早紀, 五十嵐巧, 島田刀摩, 吉岡健人, 八巻史子, 田中芳夫   
第16回 東邦大学5学部合同学術集会   2020年3月   
 
モルモット消化管平滑筋の収縮反応に対するドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)の影響の評価
徐可悦, 村井千佳, 川口純奈, 倉田朱里, 工藤玲奈, 山口莉佳, 山下春菜, 小林加奈美, 吉岡健人, 八巻史子, 小原圭将, 田中芳夫   
第16回 東邦大学5学部合同学術集会   2020年3月   
 
モルモット膀胱平滑筋の収縮反応及び基礎張力に対するドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)の影響の評価
欧光瀚, 佐藤楓, 梅村美穂, 金子千尋, 吉岡健人, 八巻史子, 小原圭将, 田中芳夫   
第16回 東邦大学5学部合同学術集会   2020年3月   

所属学協会

 
 
   
 
日本神経科学学会
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
日本薬理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月
 
 
マキシKチャネル活性化を介する血管平滑筋の弛緩反応機構の解析
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
八巻 史子 
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月