言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 石上 和敬
 

石上 和敬

 
アバター
研究者氏名石上 和敬
 
イワガミ カズノリ
所属武蔵野大学
部署経済学部 (教養教育)
職名教授
学位修士(東京大学大学院), 博士(文学)(東京大学大学院)
J-Global ID200901015168927989

研究キーワード

 
仏教,インド,宗教

研究分野

 
  • 人文・社会 / 中国哲学、印度哲学、仏教学 / 
  • 人文・社会 / 中国哲学、印度哲学、仏教学 / 

経歴

 
2020年7月
 - 
現在
学校法人 武蔵野大学  評議員 
 
2020年7月
 - 
現在
武蔵野大学附属幼稚園  園長 
 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学  副学長 
 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学経済学部(教養教育) 教授   
 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学  仏教教育部長 
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2012年2月
東京大学大学院 人文社会系研究科 アジア文化研究専攻博士課程
 
1991年4月
 - 
1994年3月
東京大学大学院 人文科学研究科 印度哲学印度文学専攻博士課程
 
1988年4月
 - 
1991年3月
東京大学大学院 人文科学研究科 印度哲学印度文学専攻修士課程
 
1983年4月
 - 
1988年3月
東京大学 文科Ⅲ類 
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
パーリ学仏教文化学会  理事長
 
2018年4月
 - 
現在
日本印度学仏教学会  評議員
 
2014年4月
 - 
現在
日本仏教学会  理事
 
2010年9月
 - 
現在
日本宗教学会  評議員
 
2010年
 - 
現在
日本仏教心理学会  評議員
 

受賞

 
2001年6月
平成12年度日本印度学仏教学会賞受賞
 

論文

 
 
宗教研究   89(別冊(Online)) 129-1312016年3月   
日本宗教学会・第74回学術大会(創価大学)でのパネル「高楠順次郎とその時代-新出資料の紹介を中心に」の個人発表の要旨.なお,同パネルの代表者として「パネルの主旨とまとめ」(同誌, pp.132-133)も寄稿.
 
武蔵野大学仏教文化研究所紀要   30 1-212014年3月   [査読有り]
<悲華経>の梵蔵漢資料について,石上和敬「Karunapundarikaの梵蔵漢資料」『武蔵野大学仏教文化研究所紀要』25号の補遺として,特に,日本国内の古写経資料を中心に資料情報を収集・整理した.
 
宗教研究   (371) 114-1152012年3月   
 
中西智海先生喜寿記念文書 人間・歴史・仏教の研究   97-1202011年12月   
 
『インド哲学仏教学研究』東京大学文学部インド哲学仏教学研究室紀要   (第17号) 73-892010年3月   
東大寺正倉院所蔵の聖語蔵本『悲華経』巻六・巻七に見られる朱筆の書き入れについて,関連資料との比較を通して新たな知見を提示した.

MISC

 
 
石上 和敬   
高楠順次郎『釈尊の生涯』ちくま学芸文庫   173-1852019年11月   
 
築地本願寺新報   2012年4月-2013年3月 2012年4月   
1年間の連載.仏教起源の日常語12語を,その語源や意味の変遷などをたどりながら解説した.紹介したのは次の諸語.有学と無学,旦那,四苦八苦,億劫,刹那,奈落,有頂天,金輪際,醍醐味,我慢,不退転,塔.
 
『ブッダ』   173-1762009年12月   
川西蘭著・長尾みのる絵『ブッダ』に解説文を寄稿した.同書の特筆すべき価値を明らかにし,また,同書では触れられていない,ある程度,専門的な事項を補足的に解説した.
 
『岐阜聖徳学園大学仏教文化研究所紀要』   (第4号) 44-572004年12月   
紀要発行主体である岐阜聖徳学園大学の建学精神「和を以って貴しと為す」を第一条に掲げる聖徳太子の「十七条憲法」全体の現代語訳である。類書は多数に上るが、先行諸研究を参照しつつ、学生向けを意識しながら、わかりやすい現代語訳を心がけたものである。

書籍等出版物

 
 
めこん      2016年10月      
上座仏教に関する初めての総合辞典の編集委員と項目執筆を担当.
 
編著者, ケネス田中, 共著者, 西本照真, 佐藤裕之, 小山一行(担当:共著, 範囲:第2章 <ご縁>と気づき)
武蔵野大学出版会      2016年9月      
「仏教と気づき」と題する武蔵野大学でのオムニバス講座の講演録に加筆したもの.
 
   2016年6月   (ISBN:9781898823445)   
高楠順次郎の評伝.主に,イギリスをはじめとするヨーロッパとの関係に焦点を当てたもの.
 
末木文美士, 下田正弘, 堀内伸二編(担当:共著, 範囲:インドの諸教典ー原始・部派教典)
朝倉書店      2014年4月   (ISBN:9784254500172)   
インド仏教の諸教典のうち,原始,部派仏教の諸教典について概要を紹介した。
 
編者, 桂紹隆, 斎藤明, 下田正弘, 末木文美士, 共著者, 下田正弘, 新田智通, ポール・ハリソン, 高橋尚夫, 西野翠, 佐藤直実, 末木文美士, 西本照真(担当:共著, 範囲:「第7章 浄土と穢土-<悲華経>概観」pp.239-269)
春秋社      2013年10月      
浄土と穢土を対比的にとらえ,浄土よりも穢土における成仏やすくいに高い評価を与える<悲華経>というインド成立の大乗経典の概要を紹介した.本経の主眼は,浄土を選び取る阿弥陀仏等の諸仏よりも,穢土成仏の釈迦仏を宣揚することにある.

所属学協会

 
 
   
 
日本仏教心理学会
 
   
 
日本仏教学会
 
   
 
日本宗教学会
 
   
 
日本印度学仏教学会
 
   
 
パーリ学仏教文化学会

Works(作品等)

 
 
2017年6月   その他
大谷大学での真宗大谷派教学大会での講演録
 
2016年4月   その他
武蔵野大学の第578回日曜講演において学祖・高楠順次郎の生涯を紹介した講演録.
 
観世喜正   
2016年3月   その他
2015年度能楽資料センター公開講座での観世喜正氏との対談録
 
2012年10月   その他
服部弘瑞著『原始仏教に於ける涅槃の研究』に対する書評.
 
保呂篤彦   渡辺了生   桃井信之   
2012年6月   その他
岐阜聖徳学園大学仏教文化研究所開設10周年記念シンポジウム「いのちの尊厳」にパネリストとして出講した際の記録.「仏教におけるいのち」という視点から発議,討論した.

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2019年5月 - 現在
 
【その他】
 2017年6月 - 現在
 
【その他】
 2017年5月 - 現在
 
【その他】
 2015年6月 - 現在