言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 三村 憲弘
 

三村 憲弘

 
アバター
研究者氏名三村 憲弘
 
ミムラ ノリヒロ
所属武蔵野大学
部署法学部 政治学科
職名准教授
学位博士(政治学)(早稲田大学)

研究キーワード

 
政治意識 , 投票行動 , 政治学方法論

研究分野

 
  • 政治学 / 政治学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学法学部 政治学科 准教授
 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院政治経済学研究科 政治経済学専攻 准教授
 
2015年9月
 - 
現在
早稲田大学大学院 政治学研究科 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2017年3月
武蔵野大学法学部 政治学科 講師
 
2014年4月
 - 
2017年3月
武蔵野大学大学院政治経済学研究科 政治経済学専攻 講師
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2012年3月
早稲田大学大学院 政治学研究科 博士課程 
 
2004年4月
 - 
2006年3月
早稲田大学大学院 政治学研究科 修士課程 
 
2000年4月
 - 
2004年3月
同志社大学 法学部 政治学科
 
1996年4月
 - 
1999年3月
甲陽学院高等学校  
 

受賞

 
2017年5月
日本選挙学会賞 優秀ポスター
 
2006年3月
早稲田大学大学院 政治学研究科 研究科長賞(最優秀修士論文)
 
2006年3月
早稲田大学大学院 政治学研究科 修士総代
 

論文

 
「熟議を条件付けるイデオロギー対立:反論提示実験による検証」、『レヴァイアサン』
遠藤晶久・三村憲弘・山﨑新
61 115-136   2017年10月   [招待有り]
「維新は『リベラル』、共産は『保守』 世論調査にみる世代間断絶」、『中央公論』
遠藤晶久・三村憲弘・山﨑新
2017年10月号 50-63   2017年9月   [招待有り]
「他者への支援を動機づける同情と憐れみ: サーベイ実験による道徳的直観の検証」、『年報政治学』
河野勝・三村憲弘
2015(I) 61-89   2015年6月   [招待有り]
「反論提示による態度変化: 熟議の政治的メカニズム」、『選挙研究』
三村憲弘・山崎新
30(1) 68-80   2014年6月   [招待有り]
「党派性を表明する意味」、『早稲田政治公法研究』
三村憲弘
91 25-31   2009年8月   [査読有り]
``Beyond Multidimensional Partisanship,'' Proceedings of GLOPE-TCER Joint Junior Workshop
Mimura, Norihiro
29-35   2008年2月   [招待有り]
「政党支持再考: 測定誤差と社会的アイデンティティ」、『早稲田政治経済学雑誌』
三村憲弘
370 65-73   2008年1月   [招待有り]
「国民意識における平等と政治: 政治経済対立軸の継続と変化」、『年報政治学』
田中愛治・三村憲弘
2006(I) 117-147   2006年11月   [招待有り]

Misc

 
「書評: 稲増一憲著『政治を語るフレーム』」、『選挙研究』
三村憲弘
32(2) 118-119   2016年12月
「選挙権を誕生日で科学する」、『武蔵野Journal』
三村憲弘
14 10-10   2015年8月
「回答時間でわかる政党支持の使われ方」、『GCOE-GLOPEII News Letter』
三村憲弘
14 6-7   2012年3月

書籍等出版物

 
``What can We Learn from 'Response Time'?,'' Electoral Survey Methodology
Arai, Kiichiro and Norihiro Mimura (担当:分担執筆)
Routledge   2016年4月   
「表明選好の社会進化: 政治的会話によるアイデンティティの形成」、『新しい政治経済学の胎動』
三村憲弘・佐藤律久 (担当:分担執筆)
勁草書房   2013年7月   
「レスポンスタイム: 調査を観察してわかること」、『世論調査の新しい地平』
三村憲弘・荒井紀一郎 (担当:分担執筆)
勁草書房   2013年7月   
「世論調査: 民主主義の主役たちの素顔に迫る」、『入門 政治経済学方法論』
三村憲弘・河野勝 (担当:分担執筆)
東洋経済新報社   2008年3月   

講演・口頭発表等

 
「フィールド実験で検証する高校生の投票参加: 大学と行政との連携プロジェクトを通じて」
三村憲弘・深谷健
日本政治学会   2017年9月24日   
「討論: 分科会『政治的選択の実験』」
三村憲弘
日本政治学会   2017年9月24日   
「実験手法を用いた大学と行政との選挙連携プロジェクト」
深谷健・三村憲弘
日本選挙学会   2017年5月21日   
「イデオロギーの社会的アイデンティティ: 新たな測定の提案」
遠藤晶久・三村憲弘・山﨑新
日本選挙学会   2017年5月21日   
「熟議の持つ矯正効果?: イデオロギーと政策選好」
山﨑新・遠藤晶久・三村憲弘
政治経済学会   2017年3月5日   

担当経験のある科目

 
  • 計量政治学 (武蔵野大学 法学部政治学科)
  • 公共選択論 (武蔵野大学 法学部政治学科)
  • 選挙特殊研究 (武蔵野大学 法学部政治学科)
  • 政治経済学総論 (武蔵野大学 政治経済学研究科)
  • 現代政治文献研究 (早稲田大学 政治学研究科)

所属学協会

 
日本選挙学会 , 日本政治学会 , 日本社会心理学会 , American Political Science Association

競争的資金等の研究課題

 
「投票外参加の日米比較: 確率標本によるインターネット調査を用いた因果推論の精緻化」
日本学術振興会: 基盤研究(B)、研究分担者
研究期間: 2015年4月 - 2019年4月    代表者: 飯田健
「民主主義活性化のための政治理論と実証研究の共生成的政治学の研究」
日本学術振興会: 基盤研究(B)、研究分担者
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 小川有美
「党派性の構造: 政党評価と党派的アイデンティティ」
日本学術振興会: 特別研究員奨励費、研究代表者
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月