言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 瀬古 美喜
 

瀬古 美喜

 
アバター
研究者氏名瀬古 美喜
 
セコ ミキ
URLhttp://web.econ.keio.ac.jp/staff/seko/index.html
所属武蔵野大学
部署経済学部 経済学科
職名教授
学位博士(経済学)(慶應義塾大学), 修士(経済学)(慶應義塾大学), 修士(理学)(マサチューセッツ工科大学)
その他の所属慶應義塾大学
科研費研究者番号60120490
J-Global ID200901009618484780

研究分野

 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 都市経済学、応用ミクロ経済学、応用計量経済学、コーポレート・ガバナンス
  • 人文・社会 / 理論経済学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学 経済学部経済学科 教授 
 
2013年4月
 - 
現在
慶應義塾大学  名誉教授 
 
2013年4月
 - 
2014年3月
武蔵野大学政治経済学部  教授 
 
1998年4月
 - 
2013年3月
慶應義塾大学 経済学部 教授 
 
1998年4月
 - 
2013年3月
慶應義塾大学 経済学研究科 委員 
 

学歴

 
 
 - 
1990年1月
慶應義塾大学 博士(経済学) 
 
 
 - 
1982年
マサチューセッツ工科大学 経済学研究科 博士課程単位取得退学 理学修士 (Master of Science) 
 
 
 - 
1978年
慶應義塾大学 大学院 経済学研究科 経済学専攻博士課程単位取得退学 
 
 
 - 
1974年
慶應義塾大学 大学院 経済学研究科 修士課程修了 
 
 
 - 
1972年
慶應義塾大学 経済学部 
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
株式会社アーバネットコーポレーション  社外取締役
 
2018年6月
 - 
現在
東京経済研究センター  評議員
 
2018年4月
 - 
現在
応用地域学会(ARSC)  運営委員
 
2017年4月
 - 
現在
相模原市  開発審査会委員
 
2017年
 - 
現在
武蔵野大学しあわせ研究所  特別顧問
 

受賞

 
2021年2月
日本不動産金融工学学会(JAREFE), 2020年度JAREFE賞
 
2014年11月
日本経済新聞社 日本経済研究センター, 2014年度 第57回 日経・経済図書文化賞,「日本の住宅市場と家計行動」東京大学出版会
瀬古 美喜 
 
2013年9月
政策分析ネットワーク, 第4回政策分析ネットワーク賞(本賞),「日本の家計行動のダイナミズム[VIII]東日本大震災が家計に与えた影響」瀬古美喜、照山博司、山本勲、樋口美雄 編 慶應ー京大連携グローバルCOE 編
 
2009年7月
American Real Estate and Urban Economics Association, Best Paper Award at the AREUEA-AsRES 2009 Joint International Conference (Maury Seldin Advanced Studies Institute Award),Residential Mobility Decisions in Japan: Effects of Housing Equity Constraints and Income Shocks under the Recourse Loan System
Miki Seko Kazuto Sumita Michio Naoi 
 
2007年12月
European Real Estate Society, Journal of Property Research Prize for the Best Paper in Real Estate Economics,Earthquakes and the Quality of Life in Japan
Michio Naoi Kazuto Sumita Miki Seko 
 

論文

 
 
新倉博明   直井道生   瀬古美喜   
日本不動産学会誌   34(3) 2020年12月   [査読有り]
 
Hiroaki Niikura   Miki Seko   
International Journal of Economic Policy Studies   14(1) 123-1662020年2月   [査読有り]
 
Jiro Yoshida   Miki Seko   Kazuto Sumita   
JOURNAL OF REAL ESTATE FINANCE AND ECONOMICS   52(4) 480-5112016年5月   [査読有り]
This study analyzes the rent term premium for leases that can be cancelled by the lessee. We model the lessor's trade-off between leasing costs and the cost of cancellation options based on the recognition that many leases are cancellable by lesse...
 
Michio Naoi   Miki Seko   Takuya Ishino   
JOURNAL OF ECONOMIC ISSUES   46(2) 519-5302012年6月   [査読有り]
The destructive impact of the Great East Japan Earthquake and subsequent tsunami on March 11, 2011 has enhanced consumer's earthquake preparedness even in unaffected areas. This paper uses unique survey data collected after the earthquake to study...
 
Miki Seko   Kazuto Sumita   Michio Naoi   
JOURNAL OF REAL ESTATE FINANCE AND ECONOMICS   45(1) 63-872012年6月   [査読有り]
This paper draws on six waves of Japanese household longitudinal data (Keio Household Panel Survey, KHPS) and estimates a conditional fixed effects logit model to investigate the effects of housing equity constraints and income shocks on own-to-ow...

MISC

 
 
 
瀬古美喜   
季刊 住宅土地経済   2020年夏季号(117) 2-72020年   [招待有り]
 
石野卓也   直井道生   瀬古美喜   隅田和人   
Keio University, Panel Data Research Center, PDRC Discussion Paper Series   DP2020-005 2020年   
 
新倉博明   直井道生   瀬古美喜   
慶應義塾大学経済研究所ディスカッションペーパー   DP2020-09 2020年   
 
隅田和人   瀬古美喜   吉田二郎   
土地総合研究 2019年夏号   27(3) 57-642019年8月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
SEKO Miki(担当:単著)
Springer: Advances in Japanese Business and Economics 19      2019年5月   (ISBN:9789811333699)   [査読有り]
Clarifies a variety of problems stemming from the uniqueness of Japanese housing systems and related regulations.Shows the post-earthquake changes in earthquake preparedness and risk mitigation activities of households after the Great East Japan E...
 
瀬古, 美喜(担当:単著)
東京大学出版会      2014年4月   (ISBN:9784130402651)
 
瀬古, 美喜, 照山, 博司, 山本, 勲, 樋口, 美雄, 慶應-京大連携グローバルCOE(担当:共編者(共編著 者))
慶應義塾大学出版会      2013年6月   (ISBN:9784766420463)
 
瀬古, 美喜, 照山, 博司, 山本, 勲, 樋口, 美雄, 慶應-京大連携グローバルCOE, 坂本, 和靖, 小林, 徹, 佐藤, 一磨, 何, 芳, 萩原, 里紗, 馬, 欣欣, 曺, 成虎, 北村, 行伸, 平井, 滋, 石野, 卓也(担当:共編者(共編著 者))
慶應義塾大学出版会      2012年6月   (ISBN:9784766419467)
 
Miki Seko, Sumita Kazuto, Naoi Michio(担当:分担執筆, 範囲:The Recent Financial Crisis and the Housing Market in Japan)
   2012年   (ISBN:9780470647141)

講演・口頭発表等

 
 
家計資産の世代間相関:親子パネル調査を用いた実証分析
瀬古美喜   石野卓也   隅田和人   直井道生   
『住宅市場における世代間・地域間ミスマッチの解明:パネルデータによる経済分析』ZOOM 2020年度ワークショップ   2021年3月12日   
 
家計資産の世代間相関:親子パネル調査を用いた実証分析
瀬古美喜、石野卓也、隅田和人、直井道生   
ZOOM JHPS 第二世代調査研究進捗報告会 (非公開)   2021年3月10日   
 
Parental Wealth Transfers and Children’s Wealth Accumulation
石野卓也   直井道生   瀬古美喜   隅田和人   
日本経済学会2020年度春季大会   2020年5月31日   
 
資産格差と世代間移転: 2世代調査を使った分析
瀬古美喜   隅田和人   直井道生   石野卓也   
JHPS 第二世代調査分析報告会   2020年5月7日   
 
持ち家取得時の情報収集行動と住宅満足度
新倉博明   瀬古美喜   直井道生   
「住宅市場における世代間・地域間ミスマッチの解明:パネルデータによる 経済分析」ZOOM ワークショップ   2020年5月2日   

所属学協会

 
 
   
 
日本ファイナンス学会
 
   
 
Asian Real Estate Society
 
   
 
日本不動産金融工学学会
 
   
 
日本不動産学会
 
   
 
日本経済学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
住宅市場における世代間・地域間ミスマッチの解明:パネルデータによる経済分析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
瀬古 美喜 黒田 達朗 奥村 綱雄 小川 光 岩田 真一郎 隅田 和人 行武 憲史 直井 道生 石野 卓也 新倉 博明 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
長寿社会における世代間移転と経済格差: パネルデータによる政策評価分析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別推進研究
樋口 美雄 山本 勲 赤林 英夫 駒村 康平 瀬古 美喜 土居 丈朗 大垣 昌夫 McKenzie Colin 黒田 祥子 鶴 光太郎 大久保 敏弘 敷島 千鶴 隅田 和人 直井 道生 山田 篤裕 別所 俊一郎 寺井 公子 井深 陽子 北村 行伸 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
経済格差のダイナミズム : 雇用・教育・健康と再分配政策のパネル分析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別推進研究
樋口 美雄 山本 勲 大野 由香子 太田 聰一 河井 啓希 黒田 祥子 田中 隆一 赤林 英夫 佐野 晋平 瀬古 美喜 隅田 和人 直井 道生 駒村 康平 山田 篤裕 阿部 彩 土居 丈朗 大垣 昌夫 マッケンジー コリン 別所 俊一郎 寺井 公子 鶴 光太郎 坂本 和靖 敷島 千鶴 大久保 敏弘 野崎 華世 清家 篤 近藤 絢子 妹尾 渉 石野 卓也 四方 理人 田中 聡一郎 北村 行伸 松浦 寿幸 石井 加代子 亀坂 安紀子 湯川 志保 佐藤 一磨 萩原 里紗 深堀 遼太郎 小林 徹 
研究期間: 2012年 - 2016年
 
家計の住替行動、信用制約と住宅価格変動の経済的分析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
瀬古 美喜 黒田 達朗 隅田 和人 直井 道生 
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月
 
地域間格差を考慮した景気回復局面におけるわが国の不動産市場の動学的経済分析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
瀬古 美喜 黒田 達朗 隅田 和人 
研究期間: 2007年 - 2009年