言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 北條 英勝
 

北條 英勝

 
アバター
研究者氏名北條 英勝
 
ホウジョウ ヒデカツ
所属武蔵野大学
部署人間科学部 人間科学科
職名教授
学位学士(東洋大学), 修士(東洋大学大学院)

研究キーワード

 
文化社会学 , 社会調査論 , 社会学理論

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会学 / 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
武蔵野大学 人間科学研究所 人間科学研究所研究員
 
2012年4月
 - 
現在
武蔵野大学人間科学部 人間科学科 教授
 
2011年4月
 - 
現在
武蔵野大学教養教育リサーチセンター 武蔵野大学教養教育リサーチセンター員
 
2002年4月
 - 
現在
武蔵野女子大学(現 武蔵野大学) 通信教育部 兼任講師
 
2012年4月
 - 
2017年3月
武蔵野大学 学生部長
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1998年3月
東洋大学大学院 社会学研究科 
 
1990年4月
 - 
1992年3月
東洋大学大学院 社会学研究科 
 
1986年4月
 - 
1990年3月
東洋大学 社会学部 
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
一般社団法人日本私立大学連盟 学生委員会学生生活実態調査分科会  学生生活実態調査分科会長
 
2014年4月
 - 
現在
一般社団法人日本私立大学連盟 学生委員会  委員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
一般社団法人日本私立大学連盟 学生委員会学生生活実態調査分科会  学生生活実態調査分科会委員
 
2012年6月
 - 
2014年3月
都立田無工業高等学校 防災教育推進委員会  防災教育推進委員
 
2012年6月
 - 
2014年3月
都立田無工業高等学校 学校運営連絡協議会  学校運営連絡協議会委員
 

論文

 
比較思想研究   (37) 28-36   2010年
世論調査に基づく幸福の数量化・指標化が現代社会における「幸福」と「不幸」の様態に与える社会的・政治的な隠蔽機能に関して指摘したシンポジウム(比較思想学会第37回大会)での提題報告要旨をまとめたもの。
日仏社会学会年報   (第11号) 1-17   2001年10月
P.ブルデューが提唱している「社会-分析」の概念の展開を彼の象徴的支配の社会学との関連から跡付けるとともに、認識論との関係を論理的に検討することによって、社会学者に対する「社会-分析」、読者に対する「社会-分析」、調査における「社会-分析」という3つの次元を析出するとともに、その社会学的インプリケーションに関して論じたもの。
岩田弘三, 北條英勝, 浜島幸司
大学教育研究   (第9号)    2001年3月
平成13年 3月30日。首都圏の3つの大学に在学する学生を対象に行った生活時間に関する調査の結果に基づいて、学生の生活時間の実態とそれに対する主観的意識とを分析したもの。うち、第4章「生活時間と活動とに関する学生の主観的側面の分析」を担当。学生が現在最も重視する活動と今後最も促進したい活動との関係を、主観的な時間意識から検討したもの。(総頁数28頁中、P20~P28を担当)

MISC

 
岩田弘三, 北條英勝
The Basis 武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要   (3) 21-41   2013年3月
武蔵野大学全学基礎課程の授業評価に、学生生活評価を取り込んで実施したアンケート調査の結果について、成績データと合わせて分析したもの。共同研究者の岩田が基本的には分析と論文の執筆にあたり、北條は成績などの学生の個人属性データを整理し、それを授業評価アンケートデータとマッチングする作業をおこなうとともに、授業評価アンケート項目の作成を共同でおこなった。
岩田弘三, 北條英勝, 黒河内利臣
The Basis (武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要)   (2) 13-71   2012年3月
2010年度から導入された武蔵野大学全学基礎教育課程(武蔵野BASIS)における学生による授業評価を分析したもの。このうち、第3章「武蔵野BASISに関する諸特性の空間」を分担執筆。学生による授業評価アンケートの回答傾向と1年次の学業成績との体系的な関係を、数量化3類手法に基づいて分析し、その対応関係を考察したもの。(総頁数:59頁、うち21~36頁を担当)
The BASIS (武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要)   (2) 73-88   2012年3月
大学の自己点検のなかに採用されている「学生による授業評価アンケート」の認識論的諸前提を、P・ブルデューの社会・世論調査に関する分析の手法を用いることによって、社会学的に分析した論稿。授業評価をめぐる大学・教員・学生の誤認構造を明らかにするとともに、その分析作業を通じて、授業評価をめぐる「理性の現実政治(Realpolitik de la raison)」をおこなうための社会的諸条件を構築する必要性に関して論じたもの。
武蔵野大学人間関係学部紀要   (第7号) 85-97   2010年3月
P.ブルデューの社会学理論の形成過程における認識論的切断のありようと、後に定式化される「社会-分析」論の基層的形成との関係について、2002年に出版された『結婚戦略(原題:Le bal des c?libataires)』掲載の「序文」を糸口にして、同書掲載の3論文に投入された認識論的・理論的枠組みの変化から検討したもの。
中土純子, 北條英勝, 岩田弘三
武蔵野大学人間関係学部紀要   (第6号)    2009年3月
武蔵野大学を事例に、学科教育の改善、卒業生支援の可能性を考えるための基礎資料として、社会福祉学科卒業生を対象に実施したアンケート調査に基づいて、卒業生の卒業後経歴を分析したもの。うち、第4章「卒業生調査の結果に見る卒業生支援策の可能性」を分担執筆。調査結果に基づいて卒業生への支援策のありかたを検討したもの。(総頁数55頁中、P59~P69を担当)

書籍等出版物

 
楠秀樹, 北條英勝, 三浦直子, 牧野修也, 大倉健宏, 渡辺芳, 春日清孝 (担当:共著)
学文社   2017年4月   
グローバル化が進む現代における社会的な諸問題を「社会のセキュリティ」という観点、すなわち、社会における安全と安心という観点から社会学的に論じた文献(『<社会のセキュリティ>は何を守るのか?』学文社, 2010年)を改訂したもの。うち、第2章「幸福の社会指標化と政治:世論に基づく政治から幸福感覚の政治へ」を分担執筆。現代社会において進行している「幸福」の数量化とそれに基づく「幸福」の社会指標化の動向について、その思想的基盤とその社会・政治的機能とから分析したもの。2010年の文献以降の社会・...
久富健, 岩田弘三, 青木裕子, 大谷弘, 堀田和義, 積田史, 笹川あゆみ, 下條慎一, 藤本俊明, 味村一樹, 池田佳代, 田辺直行, 永野潤, 佐藤晴雄, 小谷奈津子, 小泉京美, 森真太郎, 北條英勝, 黒河内利臣, 新津尚子, 横山隆壽, 小林博和, 窪田ひろみ, 下田昭郎, 漆原徹, 小田義幸, 後藤新, 竹村厚士 (担当:共著)
2013年4月   
武蔵野大学全学共通基礎課程「武蔵野BASIS」を構成する一科目「基礎セルフディベロップメント科目」H25年版のサブテキスト。「基礎セルフディベロップメント科目」で講じられる7つの学問テーマ(哲学、現代学、数理学、世界文学、社会学、地球学、歴史学)とアカデミックスキルの基礎とについて説明したもの。うち、第2部第5章「社会学とは何か」(85~99頁)を分担執筆。社会学の基本的な思考方法について論述したもの。
楠秀樹, 北條英勝, 三浦直子, 牧野修也, 大倉健宏, 渡辺芳, 春日清孝 (担当:共著)
学文社   2011年3月   ISBN:9784762021695
グローバル化が進む現代における社会的な諸問題を「社会のセキュリティ」という観点、すなわち、社会における安全と安心という観点から社会学的に論じたもの。うち、第2章「幸福の指標化と政治-世論に基づく政治から幸福感覚の政治へ」を分担執筆。現代社会において進行している「幸福」の数量化・指標化の動向について、その思想的基盤とその社会・政治的機能とから分析したもの。総頁数197頁中、35-62頁を分担執筆。
丸善   2010年6月   
日本社会学会辞典編集委員会が編纂した社会学の中項目事典。このうち、「文化資本・再生産(ブルデュー)」の項目を分担執筆。フランスの社会学者P. ブルデューの主要概念である「文化資本」と「再生産」とについて、当該概念導入の経緯、その理論的意義などの観点から解説したもの。P.182-183頁
竹内郁郎, 宇都宮京子, 荒川敏彦, 北條英勝, 新津尚子, 横山寿世里, 下村育代 (担当:共著)
青弓社   2010年2月   
平成22年2月12日。必ずしも「宗教」には位置付けることができない呪術的諸行為がどのような人々によって、どのような意識に基づいて行われているのかに関して、東京都23区での量的調査(二段無作為抽出法、訪問留置法)の結果を社会学的に分析したもの。このうち、「第1章 調査の概要とデータの特性」、「第4章 行事・慣行の現代的意味」、「第9章 神棚的秩序と仏壇的秩序」、「第12章 呪術的諸要素の特性空間」の4つの章を分担執筆。(総頁数296頁中、P. 35-46、P. 75-93、P. 177-20...

講演・口頭発表等

 
平成28年度 学生支援研究会議   2016年11月   一般社団法人日本私立大学連盟 学生委員会
一般社団法人日本私立大学連盟学生委員会下の分科会「学生生活実態調査分科会」での2016年度の活動報告と、現代の私立大学の学生支援の問題と課題とについて、(1)学生の活動を取り巻く環境変化と多様な危険、(2)学生生活実態調査にみる課外活動という主として2つの視点から問題を提起したもの。
Shishido, T, Watanabe, H, Tsumita, A, Hojo, H
the 31st International Congress of Psychology   2016年7月28日   
This study focused on the supplemental effects of peer relationships for lack of mastery goal orientation (which is defined as a desire to acquire additional knowledge or master new skills) and proactive personality, because both are personal qual...
4th International Conference on Education, Psychology and Society   2016年2月3日   
Takuto Shishido(presenter, Hiroshi Watanabe, Atsushi Tsumita, Hidekatsu Hojo
2015 International Conference on Education and Social Science   2015年12月26日   

所属学協会

 
関東社会学会 , 日本社会学会

Works(作品等)

 
難波功士, 北條英勝, 平山令二, 桂良太郎, 阿藤正道, 岩崎日出男   その他   2015年11月
日本私立大学連盟学生委員会直下の学生生活実態調査分科会が2014年に実施した第14回学生生活実態調査の結果に基づいて、私立大学に学ぶ現代の学生像を照らし出すとともに、そこからどのような支援体制が求められているのかについて、難波功士氏の司会のもと学生生活実態調査分科会委員で話し合った座談会の記録。(全20頁)
北條英勝, 遠山久敬   その他   2012年3月
第61回 東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会(於・秋田大学)における報告「全学基礎教育課程「武蔵野BASIS」について」を記録したもの。武蔵野大学における全学基礎教育課程「武蔵野BASIS」の編成に至るまでの経緯と、その実際の運用のあり方やその成果などについて、「基礎セルフディベロップメント」科目の取り組みを事例として報告したもの(報告日:2011/09/02)。うち、「基礎セルフディベロップメント」科目の事例を分担。全108-124頁、うち115-124頁を担当。
その他   2012年3月
2011年3月に刊行された『<社会のセキュリティ>は何を守るのか-消失する社会/個人』(春日清孝・楠秀樹・牧野修也編著、 学文社)を紹介した論稿。
その他   2011年3月
科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))を受けて2006年に実施した東京都23区での量的な調査票調査(二段無作為抽出法、訪問留置法)の結果を社会学的に分析した成果『呪術意識と現代社会:東京都二十三区民調査の社会学的分析』(2010年、青弓社刊)の主要な構成と内容とについて、研究過程が分かるよう、P. ブルデューのBuildungstromanの手法を応用することで、紹介したもの。
古家聡, 岩田弘三, 久富健, 北岡和彦, 洞口光由, 高森秀蔵, 今村聡子, 北森義明, 水谷俊博, 金子敦子, 小西啓史, 土屋忍, 北條英勝, 上西充子, 河津優司, 中村孝文   その他   2010年3月
平成21年度武蔵野大学FD研修会の講演内容をまとめた報告書。うち、「研修・第3回」の「第2部 事例研究」中、「武蔵野大学 専任教員によるキャリア教育の実践 成果報告資料」の報告部分を担当。
(総頁数96頁中、pp.67-71を担当)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月
武蔵野女子学院・学院特別研究費: 
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月
文部科学省科学研究費補助金: 基盤研究(C)(2)
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

その他(職務上の実績)