言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 髙橋 正樹
 

髙橋 正樹

 
アバター
研究者氏名髙橋 正樹
 
タカハシ マサキ
所属武蔵野大学
部署法学部  政治学科
職名教授
学位博士(政治学)(中央大学大学院)

研究キーワード

 
国家論 , 東南アジア , タイ政治

研究分野

 
  • 政治学 / 国際関係論 / 東南アジア研究

経歴

 
1986年4月
 - 
1988年10月
タイ国タマサート大学 客員研究員
 
1990年4月
 - 
1992年3月
中央大学 法学部 兼任講師
 
1992年8月
 - 
1995年1月
タイ国タマサート大学 客員研究員
 
1994年4月
 - 
1997年3月
白鴎大学 法学部 非常勤講師
 
1996年4月
 - 
1998年3月
新潟国際情報大学 情報文化学部情報文化学科 専任講師
 
1998年4月
 - 
2005年3月
新潟国際情報大学 情報文化学部情報文化学科 助教授・准教授
 
2000年4月
 - 
2001年3月
新潟大学 非常勤講師
 
2001年4月
 - 
2001年7月
新潟青陵女子短期大学 非常勤講師
 
2001年4月
 - 
2006年3月
東京外国語大学 非常勤講師
 
2001年8月
 - 
2002年9月
タイ国タマサート大学 客員研究員
 
2005年4月
 - 
2006年3月
中央大学 法学部 兼任講師
 
2005年4月
 - 
2014年3月
新潟国際情報大学情報文化学部情報文化学科 教授
 
2013年4月
 - 
現在
中央大学 法学部 兼任講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
新潟国際情報大学 国際学部国際文化学科(改組に伴う) 教授
 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学法学部 政治学科 教授
 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院政治経済学研究科 政治経済学専攻 教授
 
2016年4月
 - 
2016年8月
新潟国際情報大学 国際学部国際文化学科 非常勤講師
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1985年3月
中央大学大学院 法学研究科 政治学専攻
 
1985年4月
 - 
1990年3月
中央大学大学院 法学研究科 政治学専攻
 
1976年4月
 - 
1981年3月
中央大学 法学部 政治学科
 

論文

 
一九九七年憲法とタクシンによる政治の国民化―タイ政治の分岐点をめぐって―
国際政治   (185) 49-65   2016年10月   [査読有り]
タイにおいて、タクシン・チナワットが1997年憲法を制度的要件とし、彼のタイ愛国党を包括政党化することにより、マスのうち、とくに農民層を国政レベルの政治に引き込むことで政治の国民化を促したことが、タイ政治に分岐点をもたらした。
「東南アジア社会の格差問題と民主化への壁―タイを中心に―」
『新潟国際大学国際学部紀要』   35-42   2015年7月
「途上国の権威主義を支える国際的要因―戦争と主権国家システム―」
『法政理論』   45(3) 94-129   2013年3月
「タイの失地回復運動が求めた領土と民族―大陸部東南アジアの潜在的地域国際秩序―」
『法学新報』   119(9・10) 427-479   2013年3月
“The Diplomacy of Thailand with Burma(Myanmar)(1988-2006)”
『新潟国際情報大学情報文化学部紀要』   (15) 71-80   2012年3月
「タイの地域主義の歴史的考察―東南アジアの多層的国際秩序研究―」
『法学新報』   115(9・10) 463-496   2009年3月
「近代化直前のタイの伝統的国家構造―19世紀前半のバンコク王朝圏の中央地方関係―」
髙橋 正樹
東洋大学アジア地域研究センター学術フロンティア報告書2005年度   81-103   2006年3月
「戦争、諸国家システム、国家―歴史社会学の可能性と問題点―」
『新潟国際情報大学情報文化学部紀要』   (8) 135-155   2005年3月
「90年代のタイ:グローバリゼーションとタイ政治の変動」
『東洋大学・アジア文化研究所年報』   69-78   2004年2月
「西欧におけるグローバリゼーションと国民国家―脱国民国家化への視座を求めて―」
『法学新報』   110(3・4) 577-612   2003年8月
「諸国家システムにおける国民国家-国民国家の擬制性とその存立基盤を巡って-」
『新潟国際情報大学情報文化学部紀要』   (3) 121-144   2000年3月
「アロンの国際関係論の認識論的検討-その自然状態を中心に-」
『新潟国際情報大学情報文化学部紀要』   (1) 151-170   1998年3月
カンボジア紛争とタイ国共産党の崩壊―地域システムとタイ国家システム―
髙橋 正樹
中央大学社会科学研究所研究報告書   191-221   1997年7月
「カンボジア紛争とタイ外交(1978‐82年)」
中央大学企業研究所年報   14(II) 81-114   1993年7月
「19世紀前半におけるバンコク王朝の政治秩序-交易港と権威交易体制-」
法学新報   96(1・2) 265-313   1989年11月
「タイ・チャクリー改革と社会の二重性の再構築」
『大学院研究年報』   (18, 1-1) 93-105   1989年3月

書籍等出版物

 
『グローバル化とアジアの現実』
滝田賢治編 (担当:共著, 範囲:「6章・グローバリゼーションとタイ国家論―分裂する社会、対立する言説」、157-185頁)
中央大学出版部   2005年3月   
『東アジア共生の条件』
區建英・佐々木寛編 (担当:共著, 範囲:「8章・ASEANが主導する東アジア地域協力と日本」、215‐246頁)
世織書房   2006年3月   
『アジアの経済発展と伝統文化の変容』
東洋大学アジア文化研究所・アジア地域研究センター   2007年3月   
『アジア社会の発展と文化変容』
東洋大学アジア文化研究所・アジア地域研究センター編 (担当:共著)
東洋大学アジア文化研究所・アジア地域研究センター   2010年3月   
『アジア主義は何を語るのか』
松浦正孝編 (担当:共著, 範囲:「第23章:大タイ主義とアジア主義の交差―タイ失地回復運動と日本の南進政策―」)
ミネルヴァ書房   2013年2月   
『紛争と和解の政治学』
松尾秀哉・臼井陽一郎編 (担当:共著, 範囲:「タクシンとタイ政治―平等化の政治プロセスとしての紛争と和解」)
ナカニシ出版   2013年3月   

講演・口頭発表等

 
地域研究の方法論ー批判的実在論の観点からー
髙橋 正樹
アジア政経学会   2018年6月9日   

Works

 
「カンボジア紛争とタイ国共産党の崩壊―地域システムとタイ国家システム―」
その他   1997年7月

競争的資金等の研究課題

 
アジア主義の広域比較研究
文科省: 基盤研究(A)
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月
「ビルマ(ミャンマー)軍事政権を支える国際関係―タイの政策を中心に」
文科省: 基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月