言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 義永 睦子
 

義永 睦子

 
アバター
研究者氏名義永 睦子
 
ヨシナガ ムツコ
所属武蔵野大学
部署教育学部 こども発達学科
職名教授
学位学士(お茶の水女子大学), 修士(お茶の水女子大学大学院)

研究キーワード

 
保育相談 , 子育て支援 , 保育者養成 , 保育臨床

研究分野

 
  • 人文・社会 / 子ども学、保育学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学教育学部 児童教育学科 教授
 
2011年4月
 - 
2016年3月
武蔵野大学教育学部 児童教育学科 准教授
 
2011年4月
 - 
2012年9月
東京家政学院大学 兼任講師
 
2009年4月
 - 
2011年3月
武蔵野大学 人間関係学部児童学科 准教授
 
2007年4月
 - 
2009年3月
武蔵野大学 人間関係学部児童学科(学科名称変更) 専任講師
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1987年3月
お茶の水女子大学大学院 家政学研究科 
 
1981年4月
 - 
1985年3月
お茶の水女子大学 家政学部 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本心理劇学会  事務局
 
2013年4月
 - 
現在
日本関係学会  運営委員、編集委員長
 
2011年11月
 - 
現在
OMEP世界保育・幼児教育機構 日本委員会  理事
 
2010年4月
 - 
現在
日本関係学会  運営委員、編集委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
日本心理劇学会  日本心理劇学会第22回大会事務局長
 

論文

 
義永睦子, 小原敏郎, 瑞穂優
関係学研究   42 45-55   2017年3月
保育・教職実践力を養成していく上でどのような資質・能力を保育士・幼稚園教諭の養成の課程で培っていくことが必要かを知るために、保育・幼児教育の卒業生を対象に、調査研究を行った。就職3カ月時点における保育者の心身の問題、離職希望、職場のサポートについて、検討した。対象は、保育・幼児教育を専攻した4年制大学および短期大学の卒業生である。調査の結果、就職3ヶ月目の新任保育者の1/4は既に離職を考えていたが、離職希望は職場の問題からきている。新任保育者へのサポートは、保育者集団の一員として位置づくと...
小原敏郎, 義永睦子, 神蔵幸子
心理劇   16(1) 57-67   2011年12月   [査読有り]
児童学系の学科に在籍する4年制大学の学生を対象に実施した、関係学を基盤とした学生の教職実践力を育成する心理劇プログラムの実践を報告するとともに、プログラム前後の「保育行為自己評価」の変化を測定した。また、参加学生のへいくへの明確な役割意識の高さの違いによって、心理劇プログラムの効果がどのように異なるかを、質問紙調査および自由記述から分析した。結果、事後に「子どものとの関係形成・発展」「保育者や同僚との連携」因子の得点が優位に高く、プログラムの効果が確認された。また、保育への役割意識が高い群...
義永睦子, 小原敏郎, 神蔵幸子
関係学研究   37(1) 17-26   2010年3月   [査読有り]
研究Ⅰの継続研究として、心理劇を活用した理論的枠組み学習を行う「アクションガイド」の効果を質的研究により検証した。保育者を目指す4年制大学の学生を対象として、保育実習事後指導の心理劇セッションの中でアクションガイドを実施し、その直後の自由記述を素材としてKJ法により15のカテゴリを抽出した。さらにそのカテゴリの出現頻度から、アクションガイドの効果及び課題を検討した。結果、第一に、教職実践力を目的とする授業プログラムの効果の定着を図る枠組みを得ることができた。第二に、アクションガイドによる感...
神蔵幸子, 義永睦子, 小原敏郎
関係学研究   37(1) 5-16   2010年3月   [査読有り]
教職実践力を育成する心理劇プログラムの試案を作成し、保育者を目指す短大及び4年制大学の学生を対象に実施、保育における教職実践力の育成についての効果を質問紙調査をもとに測定した。その結果、関係学に基づく心理劇プログラムを実施することが、学生の関係具現化、関係責任、関係連帯の向上に有効であったことが検証された。さらに、客観的に測定可能な行為レベルで保育における教職実践力を測定する一つの指標を得ることができた。
主任研究者, 大戸美也子分担研究者, 大西道子, 江波諄子, 榎田二三子, 義永睦子
68-91   2008年2月
財団法人こども未来財団の助成を受け、平成19年度児童関連サービス調査等事業報告書として、「親参加型子育て支援活動の実態調査と担当者の専門性に関する研究」として、各地の乳幼児の保育・教育に関する施設において展開している親参加型子育て支援活動の実態に注目し、調査研究を行い、ドキュメントを取り入れた活動事例集を作成した。さらに、親参加型活動の多様な内容と方法を明らかにし、活動担当者に求められる専門性を抽出した。

MISC

 
武蔵野大学教職研究センター紀要   (4) 1-12   2016年2月
子ども・子育てビジョン(2010)が策定され、子ども・子育て関連三法(2012)で幼児教育・保育の充実が進められ、中央教育審議会(2012)でも質の高い人材の養成が求められている。その一方で幼稚園教諭や保育士の早期離職の現状がある。保育職の質の高める前提となる保育職キャリアの継続を阻んでいる要因を検討する必要がある。本研究では、保育者養成課程の新卒保育者の卒後3ヶ月時の離職希望と職業性ストレス反応、在学中の教育的支援についての感想と要望について、本学児童教育学科新卒者を対象に実態調査を行い...
関係学研究   40 72-73   2014年12月
乳幼児健診における子育て相談事例に見る家族の問題と支援のあり方と現状、これからの課題について、述べた。保健センターで著者がかかわっている事業のうち、子どもの発達支援と、虐待予防を含めた親子支援の2つの親子グループにおける、様々な親子の事例を踏まえ、子ども及び保護者の相談支援、親子関係の調整と改善への援助、子ども理解を保護者とスタッフが共有すること、発達支援及び親子関係支援におけるグループワークの展開と今後の課題について述べた。
義永睦子, 別府涼子
武蔵野大学教職研究センター紀要   (2) 71-85   2014年3月
武蔵野大学児童教育学科4年次の「保育インターンシップ」授業として実施した子育て支援室ひろば活動において、インターンシップ学生が「わらべうたの時間」を体験し、担当する中で、保育者としての意識や実践力がどのように培われたかを学生の記録をもとに分析を行った。
武蔵野大学教育研究所紀要   1(1) 51-60   2012年3月
本学児童学科保育士資格取得希望学生における、2回目の保育所実習後の事後指導授業前後における保育者としての職業意識の変化、及び保育・教職実践力の自己評価の変化を検討し、保育者としての職業意識の高さと保育・教職実践力の関連について検討した。結果、心理劇法という行為を介した学習法によって、保育に自ら主体的にかかわる態度が培われるとともに、保育・教職実践力に繋がる多くの項目で、実践的な理解の深まりや課題意識の明確化が促進されたことが考察された。また、「保育職への明確な役割意識」の程度の違いによって...
武山隆子, 滝川孝子, 高橋-行, 榎田二三子, 義永睦子
武蔵野大学人間関係学部紀要   (第6号) 229-271   2009年3月
平成17年度より3年間学院特別研究の助成を得て行われた、武蔵野大学児童学科子育て支援室において展開している「養育力エンパワーメント」を主目的とした附属幼稚園保護者支援活動を通して、保護者と学生の学びの実態を明らかにし、養育力をエンパワーメントする活動を展開する上での要件について考察した。また、附属幼稚園と大学との連携に向けての展望と課題について、検討を行った。

書籍等出版物

 
編著者, 榎沢良彦, 上垣内伸子, 著者, 浜口順子, 矢萩恭子, 山田陽子, 鈴木箕廣, 若松亜希子, 向山陽子, 義永睦子, 鈴木正敏, 福元真由美 (担当:共著, 範囲:第7章現代社会の課題と保育者)
同文書院   2017年3月   
第7章現代社会の課題と保育者において、1.現代の保護者の課題と向きあう、2.虐待問題と保育者、3.これからの保育者の役割の各項目について解説するとともに、事例を提示し、演習形式にて学習できるように配慮した。虐待の動向については、最新の動向について解説した。演習事例においては、子ども理解の方法と実際のアセスメント、保護者自身についての理解とアセスメントを踏まえた援助方法について解説している。
植野信一編著, 小野智明, 角張慶子, 小久保裕美, 竹浪正宏, 梨本竜子, 野島正剛, 橋本景子, 廣井茂道, 松本潤, 義永睦子 (担当:共著, 範囲:第8章 対象別にみた家庭支援 pp105-121、家庭支援に役立てる事例集 pp166-167)
建帛社   2016年6月   ISBN:9784767950426
「第8章 対象別にみた家庭支援」障害のある子どもとその家庭への支援、要保護児童・虐待ケースの子どもと保護者への援助、ひとり親家庭および再婚家庭など多様な家族形態の家庭への支援、外国籍の子どもや保護者などの多文化化する家庭への支援など、それぞれのケースごとに、①子どもおよび子ども集団への対応、②保護者への支援、③保護者集団への支援、④関係機関との連携、就学に際しての支援支援について、援助する際の内容と留意点について述べた。また、保育者観連携・関係機関との連携を含めたソーシャルワーク、保育者の...
2016年1月   ISBN:9784860153694
保育士養成科目「保育相談支援」のテキスト。「第6章保護者の養育力向上」で保護者のパートナーとしての保育者と共に子どもの成長を援助する視点に立つこと、保護者の養育者としての成長を支援すること、保護者の子育てや家庭生活についての思いに気づき保護者理解を深めつつ、保護者支援を行うことについて、解説し、ロールプレイングを通して演習形式で学ぶことができる教材を提供した。また、保護者の養育力をエンパワーメントするために必要な3つの視点について、活用できる技法を紹介するとともに、それぞれ段階を踏みながら...
吉川晴美, 矢吹芙美子, 大畠孝子, 小野眞理子, 松井とし, 義永睦子 (担当:共著)
宣協社   2015年4月   
第Ⅶ章 「子どもの問題へのアプローチ」で、子どもの権利、児童福祉及び子育てをめぐる状況と制度の現状、児童虐待の動向、乳幼児から児童期までの子育て支援と相談活動の基本姿勢と実際について、解説した。子ども相談の基盤となる乳幼児理解の理論と方法について概説し、保育・幼児教育場面での保護者の相談の進め方の理論と方法、実践上の留意点、相談内容の実際、事例の解説を行った。
榎沢良彦, 上垣内伸子編, 矢萩恭子, 山田陽子, 向山陽子, 浜口順子, 義永睦子, 鈴木正敏, 福元真由美 (担当:共著, 範囲:第7章現代社会の課題と保育者)
同文書院   2014年4月   
「第7章現代社会の課題と保育者」現代の子育てにおいて保護者の抱える多様な課題を概観し、現在展開されている子育てへの社会的支援について解説した。また、保育所や子育て支援施設、児童福祉施設での保育者の保護者に対する援助事例について課題を提示し、演習形式で、学生が主体的に事例検討を行いながらこれからの保育者に求められる役割について考察し学習できるように構成した。虐待の動向については、最新の動向について解説した。演習事例においては、子ども理解の理論と方法およびアセスメント、保護者自身についての理解...

講演・口頭発表等

 
杉並区障害児保育指定園園内研修   2016年9月   杉並区保健福祉部保育課
保育所における障害児保育の課題の一つであるインクルーシブ保育の理論と実践について講演した。(1)子ども理解の視点、保育の実践、保護者との子ども理解の共有の必要性と具体的な実践方法。(2)集団保育における障害児への特別支援のあり方について、保育集団の発達プロセス、集団の関係構造、および子どもと保育者のかかわりの展開プロセスと実践方法。(3)就学に向けての保小の連続性と連携に関して、年長児としての育ち、保護者との課題共有、保小の連携のあり方と具体的方策について、解説した。
第68回OMEP世界大会   2016年7月7日   OMEP世界幼児教育・保育機構
日本において、保育者を志望する学生たちが、大学附設の子育て支援室における実践活動を通して、保育・幼児教育実践力をどのように培っていくのか、アクティブラーニングを通しての成長過程について、実践研究を行った。武蔵野大学子育て園室にて行った、ESD(持続可能な開発のための教育)の親子対象のワークショップを企画、準備、実施、振り返りを行った一連の経過を分析した。結果、ワークショップ開催に至るプロセスが明らかになった。また、その分析からは、学生自身がESDに関する実体験が非常に不足していることが明ら...
全国保育士養成協議会第54回研究大会   2015年9月23日   全国保育士養成協議会
経験年数が5年以内の若い看護者や教員に、神経症やバーンアウト状態の強い人が顕著に多いことが報告されている。そこで、本研究の目的は、保育者養成課程の新卒保育者の卒後3ヶ月時のストレスの実態調査を行った。
A大学児童教育学科の平成25年度卒業生99名を対象に平成26年7月郵送法にて質問紙調査を実施。ストレス調査項目については「職業性ストレス簡易調査票」全57項目のうちストレス反応29項目を使用し、新卒保育者の職種および就労状況による比較を行った。
義永睦子, 内藤知美, 別府涼子
第67回世界幼児教育・保育機構世界大会・総会   2015年7月30日   世界幼児教育・保育機構
この実践研究の目的は、日本の子育て支援センターに参加する学生の保育実践力の開発について明らかにすることである。
最初のレポートでは、 彼らが子育て支援センターでのトレーニングを通して、家族支援の具体的かつ効果的なアイデアや、母親と子供達との関係を構築するためのアドバイスなどの能力を開発することを明らかにした。
この 2 番目のレポートでは、子育ての文化の伝達による ESD(Education for Sustainable Development,持続可能な開発のための教育)の 実践に焦点...
杉並区障害児指定園園内研修   2015年2月   杉並区保健福祉部保育課
(1)障害のある子どもを尊重した支援の基本である、子どもの理解、子どもの問題の捉え方、(2)個別の療育的配慮、遊びの中から発達を見る、療育的援助を遊びと繋げる、(3)集団保育のなかでの療育的配慮の実践方法、(3)保育集団の発展プロセスを踏まえ、クラスの保育のねらいと個別の特別支援の援助のねらいと内容を踏まえた保育計画と指導案の作成、(4)保育者の連携による集団保育における特別支援保育の有効化、について講演した。

所属学協会

 
日本保育者養成教育学会 , 日本乳幼児教育学会 , 日本発達心理学会 , 日本心理臨床学会 , 日本心理劇学会

Works(作品等)

 
小原敏郎, 義永睦子, 瑞穂優   その他   2016年8月
保育・教職実践演習において、新卒保育者に有効な教授内容・方法を開発する必要がある。保育者の離職率の高さの背景の一つと仮定される保育者のリアリティショックを手掛かりに新卒保育者のニーズをつかむことが求められる。そこで、本研究では、「保育者のリアリティ・ショック尺度の開発(1)」(以下、研究1)の連続研究として、研究1で作成したリアリティ・ショック尺度の妥当性の研修をすることを目的とした。分析の結果、本質問紙は、RSを測定する尺度としての妥当性が示された。
義永睦子, 小原敏郎, 瑞穂優   その他   2016年8月
保育・教職実践演習において、新卒保育者に有効な教授内容・方法を開発する必要がある。保育者の離職率の高さの背景の一つと仮定される保育者のリアリティショックを手掛かりに新卒保育者のニーズをつかむことが求められる。そこで、本研究では、新卒保育者のリアリティショックを「新卒の保育者が、数年間の専門教育と訓練を受け、卒業後の実社会での実践準備ができたと考えていたにもかかわらず、現場で働き始めたごく初期に、自分の持っている能力や期待・イメージと現場で要求される能力や現場の現実とのズレから生じる衝撃」と...
その他   2016年7月
日本において、保育者を志望する学生たちが、大学附設の子育て支援室における実践活動を通して、保育・幼児教育実践力をどのように培っていくのか、アクティブラーニングを通しての成長過程について、実践研究を行った。武蔵野大学子育て園室にて行った、ESD(持続可能な開発のための教育)の親子対象のワークショップを企画、準備、実施、振り返りを行った一連の経過を分析した。結果、ワークショップ開催に至るプロセスが明らかになった。また、その分析からは、学生自身がESDに関する実体験が非常に不足していることが明ら...
義永睦子, 内藤知美, 別府涼子   その他   2015年7月
この実践研究の目的は、日本の子育て支援センターに参加する学生の保育実践力の開発について明らかにすることである。
最初のレポートでは、 彼らが子育て支援センターでのトレーニングを通して、家族支援の具体的かつ効果的なアイデアや、母親と子供達との関係を構築するためのアドバイスなどの能力を開発することを明らかにした。
この 2 番目のレポートでは、子育ての文化の伝達による ESD(Education for Sustainable Development,持続可能な開発のための教育)の 実践に焦点...
小原敏郎, 義永睦子, 神蔵幸子   その他   2013年11月
幼児教育・保育領域の大学教育において、保育者としての実践力を養成するプロセスで行われる心理劇のうち、4年制大学の1年生を対象に実施した「アクションガイド」を用いた授業を分析し、その教育的効果を考察した。子どもとの直接体験の少ない保育学生にとって、情緒と行為を伴いながら認識的理解が進み、学習課題の成立が促され、保育者としての主体的な学習に繋がる授業方法であることが示唆された。

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
平成24年度全国保育士養成協議会関東ブロック協議会: 
研究期間: 2012年9月 - 2014年3月
財団法人こども未来財団平成19年度児童関連サービス調査研究等事業: 
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許

 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)