言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 生井 亮司
 

生井 亮司

 
アバター
研究者氏名生井 亮司
 
ナマイ リヨウジ
URL
所属武蔵野大学
部署教育学部 幼児教育学科
職名教授
学位学士(武蔵野美術大学), 修士(東京藝術大学大学院), 博士(東京藝術大学大学院)
J-Global ID201001089364273142

研究キーワード

 
Arts based Research ,彫刻 ,哲学プラクティス ,美術工芸 ,図画工作 ,教育哲学 ,美術論 ,芸術諸学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 美学、芸術論 / 
  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学 / 
  • 人文・社会 / 教育学 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院 教育学研究科 教育学専攻 教授 
 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学 教育学部 幼児教育学科 学科長 
 
2019年4月
 - 
現在
武蔵野大学 教育学部 教授 
 
2019年4月
 - 
現在
京都造形芸術大学大学院 芸術研究科(通信教育課程)  非常勤講師 
 
2013年4月
 - 
2019年3月
武蔵野大学教育学部 児童教育学科 准教授   
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
東京藝術大学大学院 博士後期課程 美術研究科 芸術学専攻 美術教育分野
 
 
 - 
2006年3月
東京藝術大学大学院 美術研究科 芸術学専攻美術教育分野
 
 
 - 
1998年3月
武蔵野美術大学 造形学部 工芸工業デザイン学科
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
厚労省 平成28年度障害者の芸術活動支援モデル事業  評価委員
 
2016年4月
   
 
日本ホリスティック教育協会  会員
 
2014年2月
   
 
教育哲学会  会員
 
2012年9月
   
 
日本美術家連盟  会員
 
2011年
   
 
美術解剖学会  幹事
 

受賞

 
2009年
国画賞(第83回国展/国立新美術館)
 
2008年
平山郁夫奨学金賞(東京藝術大学)
 
2006年
伊藤廣利奨学金賞受賞(東京藝術大学)
 

論文

 
 
生井亮司   
科学研究費 基盤研究(B)研究成果報告書「判断力養成としての美術教育の歴史的・哲学的・実践的研究」   55-61   2021年3月
 
生井 亮司   坪井 麻衣子   神山 歩   
武蔵野教育學論集 = The bulletin of Musashino University, Faculty of Education   (10) 61-75   2021年3月
 
早川陽   生井亮司   
昭和女子大学現代教育研究所紀要   65-77   2021年3月
 
池田 吏志   森本 謙   モサバルザデ マルジエ   新井 馨   会田 憧夢   生井 亮司   
広島大学大学院人間社会科学研究科紀要. 教育学研究   (1) 275-284   2020年12月
The five participants in this study walked through Hiroshima Peace Memorial Park and its neighborhood and created a narrative based on three photographs using the A/r/tography method. They emphasized the images and thoughts evoked by the walk―enco...
 
笠原 広一   森本 謙   手塚 千尋   生井 亮司   栗山 由加   小室 明久   丁 佳楠   和田 賢征   池田 晴介   加山 総子   佐藤 真帆   岩永 啓司   KASAHARA Koichi   MORIMOTO Ken   TETSUKA Cihiro   NAMAI Ryoji   KURIYAMA Yuka   KOMURO Akihisa   DING Jianan   WADA Kensei   IKEDA Seisuke   KAYAMA Minako   SATO Maho   IWANAGA Keiji   笠原 広一(東京学芸大学 美術・書道講座 美術科教育分野)   森本 謙(ブリティッシュコロンビア大学大学院博士課程教育カリキュラム研究科)   手塚 千尋(明治学院大学心理学部)   生井 亮司(武蔵野大学教育学部幼児教育学科)   栗山 由加(東京家政大学造形表現学科)   小室 明久(中部学院大学短期大学部幼児教育学科)   丁 佳楠(東京学芸大学大学院教育学研究科)   和田 賢征(東京学芸大学教育学部中等教育教員養成課程美術専攻)   池田 晴介(東京学芸大学大学院教育学研究科)   加山 総子(中野区立みなみの小学校教諭)   佐藤 真帆(千葉大学教育学部)   岩永 啓司(北海道教育大学旭川校)   
東京学芸大学紀要. 芸術・スポーツ科学系   (72) 77-97   2020年10月   

MISC

 
 
生井亮司   
武蔵野大学教育学部幼児教育学科リカレント企画シンポジウム報告書   36-37   2021年3月
 
生井亮司   
武蔵野大学教育学部こども発達学科リカレント企画シンポジウム報告書   38-39   2020年3月   
 
生井 亮司   
子ども発達学科開設記念シンポジウム報告書   46-47   2019年3月   
 
 

書籍等出版物

 
 
笠原広一, 森本謙,リタ・L, アーウィン編著, 生井亮司(担当:共著, 範囲:第14章 「歩くこと」の困難と自由 -意味からの逃走,象徴から普遍へ)
学術研究出版   2021年3月31日   
 
生井, 亮司, 小山市立車屋美術館
小山市立車屋美術館   2013年   
 
東京芸術大学美術教育研究室, 本郷, 寛, 屋宜, 久美子, 猪瀬, 昌延, 原口, 健一, 原, 美湖, 木津, 文哉, 村上, 紀子, 長島, 聡子, 鄭, 梃甄, 舘山, 拓人, 成清, 美朝, 生井, 亮司, 早川, 陽, 宮永, 美知代, 青栁, 路子, 小松, 佳代子(担当:共著)
東京藝術大学出版会   2011年8月   (ISBN:9784904049266)   
塑造、粘土による美術、造形作品の制作過程、プロセスにおける諸要素「作者」「素材」「モチーフ」「身体」などの意味について丁寧に分析した。こうした諸要素はつねに動的、循環的な影響関係にあるといえる。またこうした影響関係は作者自身の身体性を基盤としたダイナミズムでもある。このダイナミズムこそが「身体的自己」という身体を基盤とした自己を生成するということについて明らかにした。
 
文化書房博文社   2010年12月      
障害者の芸術活動、造形活動は施設などにおいて盛んに行われている。しかしながらその意義や理解の方法、鑑賞の仕方などについては研究が充実しているとは言い難い。そのため、そうした活動に関わる上での作品の捉え方の基本的な理論について考察した。
 

講演・口頭発表等

 
 
哲学対話における「あいだ」の意味 ー保育の諸相を手がかりにー
生井 亮司   義永 睦子   箕輪 潤子   川辺 洋平   
日本保育学会第74回大会   2021年5月16日   
 
保育における哲学対話の可能性
生井亮司   榎田二三子   川辺洋平   盛岡千帆   
日本保育学会第73回大会   2020年5月17日   
 
フィールドの知性とは何かー海外で専門の学びの視野を広げるFS
生井 亮司   
武蔵野大学 学外学修(フィールド・スタディーズ)シンポジウム   2020年2月3日   
 
触覚の教室 触れることからはじめる身体
生井 亮司   
触覚の教室 触れることからはじめる身体   2019年12月14日   武蔵野大学教育学部川上研究室   
 
子どもの造形活動と「弱さ」について
生井 亮司   
武蔵野大学こども発達学科リカレント企画シンポジウム「弱さと生きるー子ども・大人・保育」   2019年11月2日   武蔵野大学こども発達学科   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
芸術環境特論Ⅲ−1、−2 (京都造形芸術大学大学院)
 
   
 
保育内容(表現) (武蔵野大学)
 
   
 
サブメジャーゼミ「しあわせを考える」 (武蔵野大学)
 
   
 
サブメジャーゼミナール「自然・ひと・自分とつながるホリスティックな暮らしの実践ゼミ」 (武蔵野武蔵野大学)
 
   
 
表現とイマジネーション (白梅学園大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本保育学会
 
   
 
日本ホリスティック教育協会
 
   
 
教育哲学会
 
   
 
日本美術家連盟
 
   
 
国画会(彫刻部)

Works(作品等)

 
 
生井 亮司   
2020年2月 - 2020年2月   芸術活動
展覧会の企画、監修、作品展示
 
生井 亮司   
2019年11月 - 2019年11月   芸術活動
国展秋季展2019年11月1日から11月8日。乾漆技法による彫刻作品の展示発表
 
生井 亮司   
2019年5月 - 2019年5月   芸術活動
2019年5月1日〜13日
国立新美術館で開催の第93回国展において作品名「Poetics of a boy-The day I saw the air」を展示発表。乾漆技法による彫刻作品。
 
生井 亮司   
2019年1月 - 2019年1月   芸術活動
2019年1月8日(火)〜1月20日(日)
東京藝術大学大学美術館本館地下2階展示室1
乾漆技法による彫刻作品の展示
 
生井 亮司   
2018年9月 - 2018年9月   芸術活動
栃木県益子町で開催されてアートイベント「土祭」に招待され作品展示を行った。
展示場所「内町工場裏」
2018年9月15日から9月30日

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
美術教育と市民性教育―Arts-Based Researchの社会的可能性
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
児美川 佳代子 生井 亮司 笠原 広一 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
 
Arts-Based Researchによる芸術を基盤とした探究型学習理論の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
笠原 広一 池田 吏志 手塚 千尋 茂木 一司 佐藤 真帆 児美川 佳代子 吉川 暢子 岩永 啓司 小室 明久 生井 亮司 栗山 由加 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
判断力養成としての美術教育の歴史的・哲学的・実践的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
児美川 佳代子 生井 亮司 笠原 広一 佐藤 直樹 金子 一夫 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
しあわせにつながる親と子の対話についての研究
武蔵野大学しあわせ研究所: しあわせ研究費
生井 亮司 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月

社会貢献活動

 
 
【講師】
大田区立幼児教育センター (大田区立池上会館) 2019年8月7日
 
 
【講師,企画】
小山市立車屋美術館 2019年7月27日 - 2019年7月27日
 
【講師】
大田区教育委員会 幼児教育センター (池上会館 集会室) 2019年7月3日
「子どもの豊かな感性を引き出す創作の楽しさ」をテーマとした講演及びワークショップ。
 
【講師】
武蔵野大学こども発達学科、武蔵野大学附属幼稚園 2019年3月12日 - 2019年3月12日