言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 中村 亮太
 

中村 亮太

 
アバター
研究者氏名中村 亮太
 
ナカムラ リョウタ
URL
所属武蔵野大学
部署データサイエンス学部 データサイエンス学科
職名准教授
学位博士(工学)(慶應義塾大学)
J-Global ID201801010814831187

研究キーワード

 
XR Interaction ,XR Cognify ,XR Creation ,Human-AI Interaction ,Human Interface ,Human Computer Interaction ,Machine Learning Application

研究分野

 
  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
武蔵野大学 データサイエンス学部 准教授 
 
2018年9月
 - 
現在
NVIDIA DLI University Ambassador & Certified Instructor   
 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学 アジアAI研究所 研究員 
 
2013年4月
 - 
現在
東京工科大学 コンピュータサイエンス学部 非常勤講師 
 
2018年4月
 - 
2019年3月
武蔵野大学工学部  准教授 
 

学歴

 
 
 - 
2008年
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 後期博士課程修了 (工学博士)
 

委員歴

 
2019年6月
 - 
現在
情報処理学会  論文誌ジャーナル/JIP編集委員会委員
 
2018年4月
 - 
現在
情報処理学会グループウェアとネットワークサービス研究会  運営委員
 
2020年4月
 - 
2021年3月
情報処理学会  2020GN特集号論文誌 編集委員
 
 
 - 
2020年
情報処理学会インタラクション2020  実行委員 投稿・論文委員長
 
 
 - 
2019年
情報処理学会インタラクション2019  実行委員
 

受賞

 
2021年7月
最優秀プレゼンテーション賞
大西力登君 
 
2007年
IPSJ, 2007 Yamashita SIG Research Award
中村 亮太 
 
2006年
IPSJ DICOMO Symposium 2006, Excellent Paper Award
中村 亮太 
 
2006年
IPSJ DICOMO Symposium 2006, Best Presentation Award
中村 亮太 
 
2005年
IPSJ DICOMO Symposium 2005, Excellent Paper Award
中村 亮太 
 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
VR空間におけるコンテンツ視聴率自動測定手法に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
中村 亮太 
研究期間: 2021年4月 - 2023年3月
 
人間の行動・バイタルデータを対象とした感性推定方式とWell-beingに都市着目した持続可能サイクルの実現性の検証
一般財団法人日本国土開発未来研究財団: 学術研究助成金
中西 崇文, 佐々木 史織, 福原 義久, 中村 亮太, 岡田 龍太郎 
研究期間: 2019年10月 - 2022年9月
 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
 
誘目性の高い講義映像コンテンツ自動生成システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
中村 亮太 
研究期間: 2011年 - 2012年

書籍等出版物

 
 
 
 
中村 亮太(担当:共著)
オーム社   2019年5月      
 
小棹理子(担当:共著)
丸善出版   2018年4月      
 
長谷川文代(担当:共著)
西文社   2016年4月      

講演・口頭発表等

 
 
超音波センサーを用いたペットボトル投入量推定システム
那須 裕斗   南 昂汰   中村 亮太   
第20回情報科学技術フォーラム   2021年8月   
 
赤外線カメラを用いたゴミ画像分類ポータブルツールの開発
南 昂汰   那須裕斗   中村亮太   
第20回情報科学技術フォーラム   2021年8月   
 
バーチャル展示会における視聴行動自動測定システム
杉山 諒馬   中村 亮太   
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2021)シンポジウム   2021年7月2日   
 
HMDを用いたバーチャル空間におけるマルチユーザ型チア練習システム
大西 力登   神寶 結美子   中村 亮太   
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2021)シンポジウム   2021年7月   
 
DXを活用して学修者本位の教育は実現できるのか? ~オンライン授業における学習管理と今後の展開~
中村亮太   
大学・高校実践ソリューションセミナー2021   2021年4月21日   

論文

 
 
井垣 宏   齊藤 俊   井上 亮文   中村 亮太   楠本 真二   
情報処理学会論文誌   54(1) 330-339   2013年1月   
我々は受講生のプログラミング演習時におけるコーディング過程を記録し,可視化して講師に提示するシステムC3PVを提案する.本システムは,ウェブ上で動作するオンラインエディタとコーディング過程ビューから構成されている.オンラインエディタは受講生のコーディングプロセスにおける,文字入力,コンパイル,実行,提出といったすべての行動を記録する.コーディング過程ビューは課題の進み具合いや受講者の相対的な進捗遅れを可視化して講師に提示する.講師はあるエラーに関して長時間悩んでいる受講生や全体の進捗と比較...
 
中村 亮太   赤坂 将   柳沢 達也   市村 哲   
情報処理学会論文誌   52(12) 3868-3875   2011年12月   
視線測定器の性能および操作性が向上したことにともない,Webユーザビリティ評価に視線情報が用いられるようになってきた.Webページ上のユーザが注視した箇所や軌跡を分析することで,Webページの視認性や利便性を評価できるようになった.しかしながら従来の視線分析作業では,注視箇所を手作業でコード化ならびにタグ付けする必要があるために多くの労力と時間を必要としている.そこで本研究では,視線検出とWebページの構造解析を組み合わせた手法を考案し,視線の軌跡上にあるテキストや画像などのオブジェクトを...
 
市村 哲   山下 亮輔   松本 圭介   中村 亮太   上林 憲行   
情報処理学会論文誌   49(1) 525-533   2008年1月   
大規模講義ではその人数の多さゆえに,学生に十分な学習支援が困難であるという現状がある.講義と期末テストの実施で手一杯になってしまうことが多いが,学生は「演習やミニテストがあり自分の理解度を確認できる」,「講師からフィードバックが受けられる」講義を求めている.近年,IT 技術を利用して大規模講義の質の向上をめざす例が増えてきているが,ノートPC やネットワーク環境のトラブル等により,ミニテストや定期テストは紙で行わなければならないのが現状である.そこで著者らは,大規模講義を支援することを目的...
 
中村 亮太   井上 亮文   岡田 謙一   市村 哲   
情報処理学会論文誌   48(7) 2439-2446   2007年7月   
現在,大学などの教育機関では講義をビデオ化し,講義スライドとともに配信することが日常的に行われている.これにより学習者は,インターネットに接続したPC によって,時間や場所を問わず学習することができるようになった.しかし,配信されるコンテンツは単調な表示であることが多く,学習者の注目を集めるための工夫がなされていない.そこで,著者らはスライド内の重要な語句に学習者の注目を集めることができるシステム「MONTA」を提案する.MONTA によってスライド内の重要な語句にラベルが自動的に貼付され...
 
中村 亮太   井上 亮文   岡田 謙一   市村 哲   
情報処理学会論文誌   48(1) 163-170   2007年1月   
近年,デジタルビデオカメラやブロードバンドの普及が進み,様々なシーンでビデオカメラを利用する機会が増え,またWeb サイトで撮影した映像を公開することも行われている.配信する映像は視聴効果の高い,魅力あるものであることが望まれるが,素人には難しく,映像制作を簡単に行える技術が期待されている.そこで著者らは眼球運動を用いて,だれにでも容易に視聴効果の高い映像へ編集することが可能なシステムの構築を行った.本システムでは映像視聴時の眼球運動と仮想的なカメラワークを対応させることで,自然なカメラワ...

MISC

 
 
中村 亮太   
情報処理   52(1) 121-121   2011年1月   

所属学協会

 
 
   
 
情報処理学会