言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 下條 慎一
 

下條 慎一

 
アバター
研究者氏名下條 慎一
 
シモジョウ シンイチ
所属武蔵野大学
部署法学部  政治学科
職名教授
学位博士(政治学)(中央大学)

経歴

 
1997年4月
 - 
1999年3月
中央大学法学部 兼任講師
 
2000年4月
 - 
2017年3月
中央大学文学部 兼任講師
 
2000年9月
 - 
2003年3月
武蔵野女子大学 非常勤講師
 
2001年10月
 - 
2002年3月
東海大学政治経済学部 政治学科 非常勤講師
 
2002年10月
 - 
2003年3月
東海大学政治経済学部 政治学科 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2014年3月
武蔵野大学(学校名変更) 非常勤講師
 
2003年10月
 - 
2014年3月
東海大学政治経済学部 政治学科 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
2013年9月
武蔵野大学大学院政治経済学研究科 政治経済学専攻 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2018年3月
武蔵野大学法学部 政治学科 准教授
 
2014年4月
 - 
2018年3月
武蔵野大学大学院政治経済学研究科 政治経済学専攻 准教授
 
2017年4月
 - 
現在
中央大学法学部 兼任講師
 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学法学部 政治学科 教授
 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院政治経済学研究科 政治経済学専攻 教授
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
中央大学 法学部 政治学科
 
1989年4月
 - 
1992年3月
中央大学大学院 法学研究科 博士前期課程
 
1992年4月
 - 
1997年3月
中央大学大学院 法学研究科 博士後期課程
 

論文

 
マキァヴェッリの国家論
武蔵野法学   (9)    2018年10月
ホッブズにおける自然権と絶対的権力
武蔵野法学   (8)    2018年2月
ロックの固有権論
武蔵野法学   (7)    2017年10月
モンテスキューの専制国家批判と政治的自由国家論
法学新報   123(7)    2017年1月
J. S. ミルと近代日本
武蔵野法学   (5・6)    2016年12月
マルクスのAssoziation論
武蔵野法学   (4)    2016年2月
ルソーの人民主権論
武蔵野法学   (3)    2015年9月
トクヴィルの市民社会論
武蔵野法学   (2)    2015年3月
19世紀イギリスにおける市民社会論:晩期J. S. ミルの女性選挙権論を中心として
武蔵野大学政治経済研究所年報   (2)    2010年3月
J. S. ミルの介入/不介入論:アメリカ南北戦争を事例として
法学新報   115(9・10)    2009年3月
J. S. ミル女性選挙権論の形成
法学新報   113(11・12)    2007年5月
庶民院議員J. S. ミルの女性選挙権論
法学新報   112(7・8)    2006年3月
書評:J. S. ミル(山下重一訳註)『評註ミル自伝』(御茶の水書房)
イギリス哲学研究   (27)    2004年3月
J. S. ミルのアイルランド国教会廃止論
中央大学社会科学研究所年報   (6)    2002年6月
J. S. ミルの地方政治論
法学新報   107(3・4)    2000年9月
J. S. ミルの労働者教育論
中央大学社会科学研究所年報   (2)    1998年6月
書評:田中浩『近代政治思想史:思想と歴史のダイナミズム』(講談社)
中央評論   47(4)    1995年12月
J. S. ミルにおける労働者の選挙権と代表
法学新報   101(5・6)    1995年3月

書籍等出版物

 
市民社会論
おうふう   2016年3月   
第3章「19世紀イギリスにおける市民社会論:晩期J. S. ミルの女性選挙権論を中心として」を執筆した。杉田孝夫・中村孝文編
J. S. ミルの市民論
中央大学出版部   2013年8月   
グローバル・トランスフォーメーションズ
中央大学出版部   2006年4月   
第5章「企業の力とグローバルな生産ネットワーク」第5節~第9節を翻訳した。D. ヘルドほか著(古城利明ほか共訳)
入門哲学の名著
ナカニシヤ出版   2005年1月   
第13章「J. S. ミル『自由論』」・第14章「J. S. ミル『功利主義論』」を翻訳した。N. ウォーバートン著(船木亨監訳)
公共空間とデモクラシー
中央大学出版部   2004年3月   
第3章「デモクラシーとリベラリズム:J. S. ミルのイギリス国教会改革論を中心として」を執筆した。星野智編
体制擁護と変革の思想
中央大学出版部   2001年3月   
第4章「J. S. ミルの体制変革思想:選挙浄化をとおして」を執筆した。池庄司敬信編
ヨーロッパ統合と日欧関係
中央大学出版部   1998年3月   
第8章「マーストリヒト条約『改正』とイギリス」(S. ジョージ)を翻訳した。高柳先男編
革命思想の系譜学:宗教・政治・モラリティ
中央大学出版部   1996年7月   
第6章「J. S. ミルのアイルランド政治論:フィーニアンへの対応を中心として」を執筆した。中央大学社会科学研究所編

所属学協会

 
日本政治学会