言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 桑迫 香奈子
 

桑迫 香奈子

 
アバター
研究者氏名桑迫 香奈子
 
クワサコ カナコ
通称等の別名行木 香奈子
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位博士(理学)(広島大学大学院 理学研究科 数理分子生命理学専攻)
J-Global ID201701009775415132

研究キーワード

 
pre-mRNAスプライシング

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 構造生物化学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 講師   
 
2013年4月
 - 
現在
理化学研究所 客員研究員   
 
2013年4月
 - 
2014年3月
武蔵野大学薬学部 薬学科 助教   
 
2000年3月
 - 
2008年3月
理化学研究所   
 

学歴

 
1997年4月
 - 
1999年3月
東京理科大学大学院 基礎工学研究科 生物工学専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
東京理科大学 基礎工学部 生物工学科
 

論文

 
 
Hisashi Yoshida   Sam-Yong Park   Gyosuke Sakashita   Yuko Nariai   Kanako Kuwasako   Yutaka Muto   Takeshi Urano   Eiji Obayashi   
Nature Communications   11(1)    2020年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title>
The accurate exclusion of introns by RNA splicing is critical for the production of mature mRNA. U2AF1 binds specifically to the 3´ splice site, which includes an essential AG dinucleotide. Even a single amino acid mutation...
 
Fahu He   Ryuta Endo   Kanako Kuwasako   Mari Takahashi   Kengo Tsuda   Takashi Nagata   Satoru Watanabe   Akiko Tanaka   Naohiro Kobayashi   Takanori Kigawa   Peter Güntert   Mikako Shirouzu   Shigeyuki Yokoyama   Yutaka Muto   
Biomolecular NMR Assignments      2020年9月   [査読有り]
 
Kanako Kuwasako   Nobukazu Nameki   Kengo Tsuda   Mari Takahashi   Atsuko Sato   Naoya Tochio   Makoto Inoue   Takaho Terada   Takanori Kigawa   Naohiro Kobayashi   Mikako Shirouzu   Takuhiro Ito   Taiichi Sakamoto   Kaori Wakamatsu   Peter Guentert   Seizo Takahashi   Shigeyuki Yokoyama   Yutaka Muto   
PROTEIN SCIENCE   26(2) 280-291   2017年2月   [査読有り]
The spliceosomal protein SF3b49, a component of the splicing factor 3b (SF3b) protein complex in the U2 small nuclear ribonucleoprotein, contains two RNA recognition motif (RRM) domains. In yeast, the first RRM domain (RRM1) of Hsh49 protein (yeas...
 
Hisashi Yoshida   Sam-Yong Park   Takashi Oda   Taeko Akiyoshi   Mamoru Sato   Mikako Shirouzu   Kengo Tsuda   Kanako Kuwasako   Satoru Unzai   Yutaka Muto   Takeshi Urano   Eiji Obayashi   
GENES & DEVELOPMENT   29(15) 1649-1660   2015年8月   [査読有り]
The pre-mRNA splicing reaction of eukaryotic cells has to be carried out extremely accurately, as failure to recognize the splice sites correctly causes serious disease. The small subunit of the U2AF heterodimer is essential for the determination ...
 
Masataka Suzuki   Jumpei Sasabe   Yurika Miyoshi   Kanako Kuwasako   Yutaka Muto   Kenji Hamase   Masaaki Matsuoka   Nobuaki Imanishi   Sadakazu Aiso   
PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   112(17) E2217-E2224   2015年4月   [査読有り]
D-Serine is an essential coagonist with glutamate for stimulation of N-methyl-D-aspartate (NMDA) glutamate receptors. Although astrocytic metabolic processes are known to regulate synaptic glutamate levels, mechanisms that control D-serine levels ...

講演・口頭発表等

 
 
がんに関わるスプライシング因子の構造生物学的研究
桑迫香奈子   
第64回日本薬学会関東支部大会   2020年9月   
 
哺乳類生殖細胞形成時の減数分裂を制御するYTHDC2のm6A結合ドメインの溶液構造
瀧澤将行   He F   桑迫香奈子   武藤裕   
第64回日本薬学会関東支部大会   2020年9月   
 
RNA recognition motifドメインによる協働的なRNA認識機構の解明
桑迫香奈子   武藤裕   
第64回日本薬学会関東支部大会   2020年9月   
 
スプライシング因子の複合体に結合するaptamerの特性解析
佐藤謙太郎   柳澤拓也   瀧澤将行   天野亮   武藤裕   桑迫香奈子   坂本泰一   
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月   
 
スプライシング因子の複合体に結合するaptamerの結合能の解析
佐藤謙太郎   柳澤拓也   瀧澤将行   天野亮   武藤裕   桑迫香奈子   坂本泰一   
2018年度日本生化学会関東支部例会   2018年6月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
薬学生物学を学ぶ①基礎生物学 (武蔵野大学)
 
   
 
医薬品物理化学実習 (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本RNA学会
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本核磁気共鳴学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2018年
 
肺がん抑制に関わる選択的スプライシング制御タンパク質の標的RNA認識メカニズムの解明
公益財団法人 内藤記念科学振興財団: 内藤記念科学奨励金・研究助成
研究期間: 2017年12月
 
がん細胞におけるSF3b1を介したスプライシング異常の研究
公益財団法人 住友財団: 基礎科学研究助成
研究期間: 2015年11月 - 2017年11月
 
がん発症に関わるスプライシング因子SF3b1の構造生物学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤(C)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月