言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 櫻井 千佳子
 

櫻井 千佳子

 
アバター
研究者氏名櫻井 千佳子
 
サクライ チカコ
eメールc_sakuramusashino-u.ac.jp
所属武蔵野大学
部署教育学部 教育学科
職名教授
学位学士(日本女子大学), 修士(日本女子大学大学院), 教育学修士(Master of Education)(Harvard Graduate School of Education (ハーバード大学教育学大学院))
科研費研究者番号30386502

研究キーワード

 
第一言語獲得 , 言語間比較 , 文化心理学 , 認知言語学 , 言語相対論

研究分野

 
  • 言語学 / 言語学 / 
  • 言語学 / 外国語教育 / 

経歴

 
1996年4月
 - 
1998年3月
日本学術振興会 特別研究員DC
 
1998年4月
 - 
2001年3月
日本学術振興会 特別研究員PD
 
1999年4月
 - 
2004年3月
立教大学 全学カリキュラム 非常勤講師
 
2001年4月
 - 
現在
日本女子大学 文学部英文学科 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2004年3月
川村女子学園大学 英語英文学科 非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2009年3月
立教大学 ランゲージセンター専任講師(教育講師)(旧名称:嘱託講師)
 
2009年4月
 - 
2015年3月
武蔵野大学環境学部 教養教育 准教授
 
2011年4月
 - 
2017年3月
武蔵野大学教養教育 教養教育 准教授
 
2015年4月
 - 
2017年3月
武蔵野大学工学部 教養教育 准教授
 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学教育学部 児童教育学科 准教授
 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院教育学研究科 教育学専攻 准教授
 
2018年4月
 - 
現在
立教大学異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科 兼任講師
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1994年3月
日本女子大学大学院 文学研究科 英文学科専攻
 
1994年4月
 - 
1999年3月
日本女子大学大学院 文学研究科 英文学科専攻
 
1996年9月
 - 
1997年6月
Harvard Graduate School of Education (ハーバード大学教育学大学院) 発達心理言語学専攻 
 
 
 - 
1992年3月
日本女子大学 文学部 英文学科
 

委員歴

 
1998年4月
 - 
2002年3月
社会言語科学会  大会委員
 

受賞

 
1989年4月
日本女子大学成瀬賞(創立者賞)
 

論文

 
小学校教員養成課程における英語運用能力の育成に関する一考察
櫻井 千佳子
武蔵野教育學論集   4 91-107   2018年3月
「フェイス」の概念の小学校英語教育への援用 ―英語学習意欲の促進要因の分析―
櫻井千佳子
武蔵野教育學論集   (2) 77-90   2017年9月
小学生時代 に外国語活動を行った学習者のフィードバックを分析することで、小学校での英語教育において主体的に英語でコミュニケーションをする態度を育成するための方策について、フェイスの概念を援用することによって展望した。児童の英語学習意欲を促進するためには学級担任が児童のフェイスを保つ働きかけを行うことが重要であり、学級担任はそのための英語によるコミュニケーション能力が必要であることについて論考した。
専門英語教育におけるICTの活用
櫻井千佳子
武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要   (7) 7-17   2017年3月
英語教育において注目されているICTを利用した学習方法が、自律的な学習者を育成に有用であることを論じた。WEB上のプレゼンテーションを視聴しポートフォリオを作成することは、学習者の自己評価能力やメタ認知能力を高める効果が期待されることを明らかにした。また、今後の課題として、教員によるフィードバックの方法、協働学習を促進する場の提供の必要性について述べた。さらに、プレゼンテーションの試聴し、意見を述べるというインプット、アウトプット両面からの英語学習は、学習者の批判的思考を育成するものである...
英語教育における学習ポートフォリオの活用 ―自律的学習者の育成に向けて―
中竹真依子、櫻井千佳子
武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要   (6) 65-76   2016年3月
英語学習におけるアプローチの1つとしての学習ポートフォリオに着目し、事例を通じて、学習ポートフォリオが授業内の学習について有用であることを論じた。アメリカで標準テストに代わる評価の手段として開発され実践されている学習ポートフォリオは、日本の英語教育においても期待が持てる。英語学習者が、学習の目標を理解し、自身の理解をモニターしながら、その問題点を理解し、問題解決を行うことで、自律的な学習者を育成することができると考えられる。さらに、本論では、学習ポートフォリオは、指導者が学習者の問題を見極...
The Role and Results of Motivating Students to Autonomous Learning in "Environmental English Courses"
櫻井千佳子
武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要   (5) 47-64   2015年3月
言語獲得にみられる事態把握と場の言語学
櫻井千佳子
日本認知言語学会論文集   (14) 643-646   2014年5月
日本語と英語の3~5 歳児の言語 データを比較することによって、その言語における典型的な事態把握を提示し、場の言語学が第二言語習得理論について与える示唆について論じた研究論文。因果関係を示す出来事について、英語では、動作主が被動作主に働きかけて変化を与える言い回しが使われており、一方、日本語では、動作主、被動作主について言及することなしに、事態をまるごとに成立するものとしてとらえている言い回しが使われていることを取り上げた。
英語に関する大学生の意識調査と英語コミュニケーション能力育成についての一考察
古家聡、櫻井千佳子
武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要   (4) 29-50   2014年3月
本研究では、英語学習者に対するアンケート調査を行うことにより、ニーズ分析を試み、学生が英語学習に期待することはスピーキング能力を向上させることであり、英語を使ってコミュニケーションを図ってみたいということが目標として考えらていることを明らかにした。さらに、そのコミュニケーションの内容をみると、学生がイメージする英語を使うコミュニケーションとは、日常生活において英語母語話者と英語で会話をすることにとどまっており、社会からの英語教育への課題として要請されている、情報、感情、意見のやりとりとして...
「場の理論」からみた言語
井出祥子、櫻井千佳子
日本認知言語学会論文集   (13) 612-617   2013年5月
日本語と英語における様々な言語事象を「場」の枠組みから説明することにより、日本語母語話者にとって、英語構文が理解しにくい理由を、自他を認知する視点の問題から論じた研究論文。①主語・述語の省略、②能格言語構文、③敬語使用・不使用の交替現象、④共同作業の談話などを例に取り上げ、場の理論の視点による言語現象の再解釈を提示し、それが従来の言語研究をいかに補完し、英語教育に還元できるかを明らかにした。
日本の大学における英語教育の役割:教養教育の観点から
古家聡、櫻井千佳子
武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要   (3) 5-20   2013年3月
本論では、これからの大学英語教育に求められるものとして、特に教養教育の観点から、スキル教育としての英語教育の側面、そして内容的教育としての英語教育の側面の両方が重要であることを論じた。スキル教育としては4技能の統合的な学習が必要であること、内容的教育としては、多様な他者を理解し共生するという異文化コミュニケーション学からの知見が重要であることを述べた。また、英語教育をさらに広く外国語教育としての観点からみることで、社会的存在としての人間が、多様な人々と共生し、問題解決をはかっていくときに、...
英語教育における「実行動機づけ」の役割と成果
櫻井千佳子、岡野恵、竹内幸子、戸谷比呂美
武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要   (2)    2012年3月
学部専門科目「環境英語」に対する期待と課題 : 履修検討学生向けアンケートの分析
太田絵里・櫻井千佳子・吉村スーザン・岡野恵
日本環境教育学会関東支部年報   (7) 13-18   2012年
環境英語科目の事例:英語教育と専門教育の協働を目指して
櫻井千佳子、岡野恵
武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要   (1)    2011年3月
子供の初期語彙習得における認知的制約再考―日本語の擬音語・擬態語の習得の比較
櫻井 千佳子
日本英語学会大会研究発表論文      2000年2月   [査読有り]
日本語の母語話者が初期に習得する語彙の中で、擬音語と擬態語に注目し、それが子供の認知的発達をどのように示しているかを論じている。
Why Nouns Before Verbs? A Case Study of Japanese Early Lexical Development
櫻井千佳子
Chicago Linguistic Society   34    1998年10月   [査読有り]
第一言語の初期語彙習得における、名詞優位の普遍性と、名詞以外のカテゴリーの習得にみられる言語固有性を論じている。
Linguistic Viewpoints in Expressing the Actions in Japanese and English
櫻井千佳子
Proceedings of TACL/TLF Summer Conference      1994年12月
A Study of the Use of Predicate Forms as an Index of Cognitive Development in Japanese and American Children
櫻井 千佳子
学位論文(日本女子大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程前期提出修士論文)      1994年3月   [査読有り]
認知言語学のフレームワークから、子供がどのように文の述部を習得していくかについて調査した縦断的な研究。
Polysemic Silence: A Comparative Study of Silence in Communication among Japanese and Americans
櫻井千佳子
白馬夏季言語学会論文集   (5)    1993年8月
会話分析を通じて、日本語と英語における沈黙の意味を比較している。

書籍等出版物

 
視点と言語行動
井出祥子・櫻井千佳子 (担当:分担執筆)
くろしお出版   1997年6月   
視点や社会的認知がどのような形で言語形式に取り入れられているかについて、特に文化と言語のかかわりに注目し言語相対論を再考している。
Cognition and Function in Language
Chikako Sakurai (担当:分担執筆)
Center for the Study of Language Information   1999年10月   
子供は名詞に偏重して習得するという認知制約論に対して、日本語からの実証を試みた研究。日本語においても名詞偏重はみられることを示したうえで、その理由は、必ずしも認知的制約のみだけではなく、言語入力の影響もあることを論じている。
言語・インタラクション・文化
櫻井千佳子 (担当:分担執筆)
ひつじ書房   2002年9月   
日本語と英語の初期語彙習得を比較することにより、日本語では社会や文化にねざした言語の指標的機能をもつ語彙が多く習得されていることを明らかにしている。
Sociolinguistics: An International handbooks of the Science of Language and Society
井出祥子・櫻井千佳子 (担当:分担執筆)
Walter de Gruyter   2004年4月   
ポライトネス理論についてのこれまでの研究を紹介し、そこでいわれている普遍性について、再考する必要性を議論している。
Broadening the Horizon of Linguistic Politeness
吉田愛・櫻井千佳子 (担当:共著)
John Benjamins Publishing Company   2005年4月   
日本語の敬語使用は、話者の社会・文化にねざしたアイデンティティーの表出であることを実証データをもとに論じている。
Practical Grammar for the TOEIC Test
古家聡、櫻井千佳子 (担当:共著)
南雲堂   2011年1月   
TOEICに頻出する文法事項を厳選して、必要な文法項目だけを効率的に学習できるように配慮した大学テキスト。TOEIC受験者にとって必要不可欠な文法力を身につけることを目的にし、<用法><覚えること>にまとめた文法の理解度を「練習問題」と「実践問題」で測ることができる。授業のなかで教授者がそれぞれの目的に合わせて様々な指導ができるように工夫されている。
ことばのおもしろ事典
朝倉書店   2016年4月   
日本語の敬語を出発点として、敬語のような形式的な言語表現から、配慮に基づいた表現までをも含む、円滑なコミュニケーションのための言語行動としてのぽライトネスについて論じた。ポライトネスには、どの言語にも共通する一定のきまりがあるという普遍的な側面と、それがどのように表現されるのかという意味で、言語や社会、文化によって異なるという個別的な側面の両方があることを説明した。日本語のメカニズムを解明することによって、外国語学習に還元していくことを視野にいれた論考であり、外国語の習得には何が困難である...
英語学習者のための異文化コミュニケーション
McConachy, Troy, Furuya, Satoru and Sakurai, Chikako (担当:共著)
南雲堂   2017年1月   
本英語教科書の目的は、言語と文化の関係や、異文化コミュニケーションのプロセスに影響を与える人間の心理上の重要な側面を考えるための手助けをすることである。本教科書は、よりよい英語コミュニケーションのために、社会心理学、言語学、文化人類学、異文化コミュニケーション学からの重要な概念や理論についてわかりやすく説明し、学習者が異文化体験をしながら英語を学べる内容となっている。
<不思議>に満ちたことばの世界:中島平三教授退職記念刊行物
開拓社   2017年3月   
日本語と英語の事態の捉え方の違いについて、子供のデータを紹介し、視点が「場」に内在しているのか、外在しているのかによって説明が可能であることを論じた。子どものデータを用いて言語間の比較を行うことで、言語の基層にあるものの見方の違いを明らかにし、さらに、その背景にある言語文化の違いを探ることに繋がる。このことは、日本語を母語とする子どもがどのように外国語としての英語を習得していくかという早期英語教育においても示唆を与えるものである。

講演・口頭発表等

 
A Study of Reported Speech by Preschool Japanese Children: Implications for Theory of Mind
山口征孝・櫻井千佳子
International Cognitive Linguistics Conference (ICLC) 15   2019年8月8日   
How to become a global citizen? Proposals from sociolinguistic study
櫻井 千佳子
YKRF Leadership Forum   2019年8月7日   
Comparative Studies of English Textbooks for Junior High School Students in China, Japan and South Korea
林傑暁・荒木貴之・櫻井千佳子
International Conference for Media in Education 2019   2019年7月24日   
A ba-theoretical analysis of the discourse of "what surprised you?": The case of expatriate in Japan
櫻井千佳子・山口征孝
第16回国際語用論学会   2019年6月11日   
中国と日本の中学校英語教科書の比較ー異文化理解とアクティブ・ラーニングを中心にー
林傑暁, 荒木貴之, 櫻井千佳子
日本アクティブ・ラーニング学会 第3回全国研究大会   2019年3月10日   
小学校教員養成課程における英語運用能力の育成に関する一考察
櫻井 千佳子
大学英語教育学会第57回(2018年度)国際大会   2018年8月26日   
TED Talksを用いた専門英語教育における自律的学習者の育成
櫻井千佳子・岡野恵
大学英語教育学会第56回(2017年度)国際大会   2017年8月31日   
A comparative study of children’s narratives in English and Japanese: A ba-theoretical approach to type-zero reported speech
櫻井千佳子・山口征孝
第15回国際語用論学会   2017年7月17日   
ナラティヴディスコースの「科白」部分に見られる視点の内在性―「場」の共有に基づく事態把握の獲得について
櫻井 千佳子
日本認知言語学会第17回全国大会   2016年9月10日   
語りの「場」のコミュニケーションに見られる文化とは
櫻井 千佳子
第30回異文化コミュニケーション学会年次大会   2015年9月20日   
学部専門科目「環境英語3,4」に対する学習の意欲:「環境英語1,2」履修生向けアンケートの分析
太田絵里・櫻井千佳子・吉村スーザン・岡野恵
日本環境教育学会関東支部第8回支部大会   2014年3月1日   
言語獲得にみられる事態把握と場の言語学
櫻井千佳子
日本認知言語学会第14回全国大会   2013年9月21日   
「環境英語科目」における学生への動機づけの役割と効果
櫻井千佳子・岡野恵
大学英語教育学会第52回(2013年度)国際大会   2013年8月31日   
場の理論から見た言語
井出祥子・櫻井千佳子
日本認知言語学会第13回年次大会   2012年9月8日   
環境英語科目の事例: 英語教員と専門教員の有機的連携を目指して
櫻井 千佳子
大学英語教育学会第49回(2010年度)大会   2010年9月8日   
ウチ・ソトの視点の獲得 ―ナチュラルディスコースにおける授受表現の分析から
櫻井 千佳子
社会言語科学会第25回大会   2010年3月13日   
日本語の授受表現の獲得:語用論的解釈
櫻井 千佳子
言語科学会第11回年次国際大会   2009年7月5日   

担当経験のある科目

 
  • 第一言語獲得論 (立教大学異文化コミュニケーション学部)
  • 海外フィールドスタディー(学科) (武蔵野大学教育学部児童教育学科)
  • 総合演習 (武蔵野大学教育学部児童教育学科)
  • 児童教育演習 (武蔵野大学教育学部児童教育学科)
  • 保育・教育プレ実習 (武蔵野大学教育学部児童教育学科)
  • 社会言語学 (川村学園女子大学文学部)
  • 英語3 (武蔵野大学教養教育部)
  • 英語2 (武蔵野大学教養教育部)
  • 英語1 (武蔵野大学教養教育部)
  • Reading and Listening (立教大学全学カリキュラム)
  • Intensive English (立教大学全学カリキュラム)
  • Media English (日本女子大学文学部英文学科)
  • 視聴覚英語 (日本女子大学文学部英文学科)
  • Adademic Writing (日本女子大学文学部英文学科)
  • 英語論文作成法Ⅰ (日本女子大学文学部英文学科)
  • 環境英語 (武蔵野大学工学部環境システム学科)
  • 環境英語入門 (武蔵野大学工学部環境システム学科)
  • Comprehensive English A, B (武蔵野大学教育学部児童教育学科)
  • 児童英語 (武蔵野大学教育学部児童教育学科)
  • 英語科指導法A (武蔵野大学教育学部児童教育学科)

所属学協会

 
日本英語学会 , 日本言語学会 , 国際語用論学会 , 国際児童言語学会 , 社会言語科学会 , 大学英語教育学会 , 異文化コミュニケーション学会

競争的資金等の研究課題

 
言語コミュニケーションにおける場の理論の構築:近代社会の問題解決を目指して
学術研究助成基金助成金: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
言語コミュニケーションにおける場の理論の発展:近代社会の問題解決を目指して
科学研究費補助金: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月

社会貢献活動

 
横浜「言語と人間」研究会第25回春期セミナーワークショップ担当講師(言語習得担当)
【講師】  1999年3月
あだち区民大学講座「英語はなぜ難しいのか―英語再学習の第一歩―」(言語習得からみた日英語の違いと学習担当)
【講師】  2000年3月
日本女子大学文学部英文学科 教員免許講習講師
【講師】  2009年8月

その他

 
2018年4月   アドバイザー(武蔵野大学教育学部児童教育学科)
2016年4月   アドバイザー(武蔵野大学グローバルコミュニケーション学部日本語コミュニケーション学科)
至2017年3月
2015年4月   アドバイザー(武蔵野大学法学部法律学科)
至2016年3月
2014年4月   アドバイザー(武蔵野大学法学部法律学科)
至2015年3月
2009年4月   アドバイザー(武蔵野大学環境学部環境学科)
至2014年4月

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 
 
 

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 

資格・免許

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)