言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 大畑 慎也
 

大畑 慎也

 
アバター
研究者氏名大畑 慎也
 
オオハタ シンヤ
所属武蔵野大学
部署薬学部
職名講師
学位博士(薬学)(東京大学)
J-Global ID201101082570695641

研究キーワード

 
上衣腫 ,平面細胞極性 ,繊毛 ,上衣細胞 ,神経幹細胞 ,分化

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部  
 
2015年7月
 - 
2017年3月
東京大学大学院 薬学系研究科  
 
2010年11月
 - 
2015年6月
Department of Neurological Surgery, University of California, San Francisco  
 
2006年4月
 - 
2010年11月
理化学研究所 脳科学総合研究センター  
 
2001年4月
 - 
2006年3月
東京大学大学院薬学系研究科機能薬学専攻  博士(薬学) 
 

受賞

 
2014年
日本分子生物学会, 海外若手研究者招聘企画
大畑 慎也 
 
2014年
細胞科学財団, 育成事業
大畑 慎也 
 
2011年
上原記念生命科学財団, リサーチフェローシップ
大畑 慎也 
 
2011年
日本学術振興会, 海外特別研究員
大畑 慎也 
 
2010年
かなえ医薬振興財団, 海外留学助成
大畑 慎也 
 

論文

 
 
Gerissa Fowler   Danielle V. French   April Rose   Paige Squires   Catarina Aniceto da Silva   Shinya Ohata   Hitoshi Okamoto   Curtis R. French   
Developmental Biology   480 62-68   2021年12月
 
Keisuke Hashimoto   Yoshifumi Yamaguchi   Yusuke Kishi   Yorifumi Kikko   Kanako Takasaki   Yurie Maeda   Yudai Matsumoto   Miho Oka   Masayuki Miura   Shinya Ohata   Toshiaki Katada   Kenji Kontani   
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   24(6) 436-448   2019年6月   [査読有り]
Lysosomes are acidic organelles responsible for degrading both exogenous and endogenous materials. The small GTPase Arl8 localizes primarily to lysosomes and is involved in lysosomal function. In the present study, using Arl8b gene-trapped mutant ...
 
Shinya Ohata   Hideko Uga   Hitoshi Okamoto   Toshiaki Katada   
Biochemical and Biophysical Research Communications   501(3) 786-790   2018年6月   [査読有り]
Ras related (R-Ras), a small GTPase, is involved in the maintenance of apico-basal polarity in neuroepithelial cells of the zebrafish hindbrain, axonal collapse in cultured murine hippocampal neurons, and maturation of blood vessels in adult mice....
 
Miho Oka   Keisuke Hashimoto   Yoshifumi Yamaguchi   Shin-ichiro Saitoh   Yuki Sugiura   Yuji Motoi   Kurara Honda   Yorifumi Kikko   Shinya Ohata   Makoto Suematsu   Masayuki Miura   Kensuke Miyake   Toshiaki Katada   Kenji Kontani   
JOURNAL OF CELL SCIENCE   130(20) 3568-3577   2017年10月   [査読有り]
The small GTPase Arl8b localizes primarily to lysosomes and is involved in lysosomal motility and fusion. Here, we show that Arl8b is required for lysosomal degradation of maternal proteins in the visceral yolk sac endoderm (VYSE), an apical cell ...
 
Maki Takagishi   Masato Sawada   Shinya Ohata   Naoya Asai   Atsushi Enomoto   Kunihiko Takahashi   Liang Weng   Kaori Ushida   Hosne Ara   Shigeyuki Matsui   Kozo Kaibuchi   Kazunobu Sawamoto   Masahide Takahashi   
CELL REPORTS   20(4) 960-972   2017年7月   [査読有り]
Motile cilia in ependymal cells, which line the cerebral ventricles, exhibit a coordinated beating motion that drives directional cerebrospinal fluid (CSF) flow and guides neuroblast migration. At the apical cortex of these multi-ciliated cells, a...

MISC

 
 
大畑慎也   
加藤記念バイオサイエンス振興財団2019年度年報   (21) 36-37   2020年8月   [招待有り]
 
大畑慎也   
SGHがん研究報告   29 35-38   2019年3月   [招待有り]
 
大畑 慎也   
安田記念医学財団癌研究助成成果報告集   16 13-15   2018年3月   [招待有り]
 
大畑慎也   
持田記念財団平成二十九年年報   258-260   2017年8月   [招待有り]
 
大畑 慎也   
細胞科学研究財団 助成研究報告集   27 93-96   2016年8月   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
2020年4月
 - 
現在
International Lectures (武蔵野大学)
 
   
 
研究者養成コース薬学研究 (武蔵野大学)
 
   
 
薬学総合演習1 (武蔵野大学)
 
   
 
薬学総合演習2 (武蔵野大学)
 
   
 
薬学総合演習3 (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本薬学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
希少脳腫瘍発症の分子・構造基盤
武田科学振興財団: 薬学系研究助成
研究期間: 2021年 - 2024年
 
上衣腫発症機構解明と治療標的探索
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
大畑 慎也 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
上衣細胞分化の異常による上衣腫発症機構の解明
薬学研究奨励財団: 研究助成
大畑 慎也 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
上衣腫発症に関わる機能未知遺伝子C11orf95の機能解析と上衣腫治療薬の開発
加藤記念バイオサイエンス振興財団: 研究助成
大畑 慎也 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月
 
低分子量Gタンパク質R-Rasによる神経管形成制御機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(A)
大畑 慎也 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月

委員歴

 
2020年
 - 
現在
武蔵野大学薬学部  国際交流委員会
 
2018年6月
 - 
2019年8月
武蔵野大学  薬学系研究・教育 発表交流会・実行委員長
 
2004年1月
 - 
2004年4月
東京大学21世紀COEプログラム「戦略的基礎創薬科学」  第1回 若手シンポジウム(2004年4月28日)実行委員長