言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 野口 普子
 

野口 普子

 
アバター
研究者氏名野口 普子
 
ノグチ ヒロコ
URL
所属武蔵野大学
部署通信教育部 人間科学部
職名准教授
学位博士(武蔵野大学)
J-Global ID201101025002615346

研究キーワード

 
健康行動 ,魚油 ,食習慣 ,臨床研究 ,認知的評価 ,外傷後ストレス障害

経歴

 
2017年8月
 - 
現在
国立がん研究センター 社会と健康研究センター 外来研究員 
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院通信教育部人間学研究科 人間学専攻 講師   
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学通信教育部人間科学部 人間科学科 講師   
 
2011年4月
 - 
現在
武蔵野大学 非常勤講師   
 
2006年4月
 - 
現在
武蔵野大学心理臨床センター 研究員   
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2010年3月
武蔵野大学大学院 人間社会・文化研究科 人間社会専攻
 

受賞

 
2018年11月
第31回日本総合病院精神医学会総会, ポスター賞 優秀賞,急性冠症候群後の絶望感が6ヶ月時点の抑うつ症状に及ぼす影響:前向きコホート研究
野口普子 成澤知美 山下晃弘 浜崎景 大久保亮 松岡豊 
 
2017年11月
第30回日本総合病院精神医学会総会 ポスター賞 最優秀賞
野口普子 山下晃弘 浜崎景 成澤知美 松岡豊 
 
2013年2月
第5回不安障害学会学術大会 若手最優秀演題賞
 
2012年11月
第25回日本総合病院精神医学会総会 ベストポスター賞
 
2012年2月
第4回日本不安障害学会学術大会 若手優秀演題賞
 

論文

 
 
野口, 普子   
人間学研究論集 = Bulletin of human studies   11 1-10   2022年3月
 
Keisuke Inoue   Yoshitaka Kawashima   Hiroko Noguchi   Maiko Fujimori   Tatsuo Akechi   Chiaki Kawanishi   Yosuke Uchitomi   Yutaka J Matsuoka   
Psychiatry and clinical neurosciences      2021年8月
 
Tomomi Narisawa   Daisuke Nishi   Ryo Okubo   Hiroko Noguchi   Kei Hamazaki   Akihiro Yamashita   Yutaka J Matsuoka   
European journal of psychotraumatology   12(1) 1854511-1854511   2021年1月
Background: Posttraumatic stress disorder (PTSD) symptoms are known to occur after acute coronary syndrome (ACS). Peritraumatic distress has been indicated as a risk factor for PTSD and can be measured by the Peritraumatic Distress Inventory (PDI)...
 
菊地 ひとみ   池口 佳子   野口 普子   
日本看護学会論文集. 看護管理・看護教育 / 日本看護学会, 日本看護協会看護研修学校教育研究部学会企画課 編   51 151-154   2021年
A大学通信教育部看護学コースの在籍者と修了者、約3600人にWebアンケートへの協力を依頼し、同意が得られた285人を対象に、「学位申請予定の有無」「申請する理由」「申請にあたり知りたいこと」「希望するサポート」などについて調査した。申請予定が「ある」と答えたのは255人(89%)であった。申請する理由として最も多かったのは「大学資格が欲しい」であり、次いで「もっと勉強したい」、「職位を上げるなどキャリアアップのため」、「進学のため」、「後輩に指導をするときに必要」の順であった。申請にあた...
 
佐藤 健斗   野口 普子   三富 菜々   嶋田 岳   昆 恵介   
POアカデミージャーナル   27(2) 118-123   2019年9月   
臨床の場面で、脳血管障害により身体に後遺症を負った装具使用者と、義肢装具士やその他の治療に関わる様々な職種の方々との間で装具を使用する上で重視する点の違いを感じる場面が少なくない。今回は、それぞれが短下肢装具選好に際して重視する要素を確認し、違いを明らかにすることを目的とし、コンジョイント分析を用いた調査研究を行った。結果として、義肢装具士群、理学療法士群が短下肢装具を使用する目的を「歩行・立位の安定」とみて、装具選好の際に重視している一方、装具使用者群とは有意にその影響度に差異があり、装...

MISC

 
 
野口普子   
日本心理学会大会発表論文集   85th    2021年
 
池口 佳子   野口 普子   菊地 ひとみ   
日本看護科学学会学術集会講演集   40回 P2-006   2020年12月
 
井上 佳祐   野口 普子   川島 義高   本間 英之   中島 真人   小林 真理   丸山 美香   島津 太一   三角 俊裕   三枝 祐輔   藤森 麻衣子   内富 庸介   松岡 豊   
総合病院精神医学   32(Suppl.) S-186   2020年11月
 
井上 佳祐   野口 普子   島津 太一   三角 俊裕   三枝 祐輔   藤森 麻衣子   内富 庸介   
総合病院精神医学   31(Suppl.) S-182   2019年11月
 
野口 普子   西 大輔   松村 健太   浜崎 景   松岡 豊   
脂質栄養学   26(2) 212-212   2017年8月   

書籍等出版物

 
 
野口普子(担当:編集, 範囲:第2編 患者の心理)
メヂカルフレンド社   2021年11月   (ISBN:9784839222789)
 
池口 佳子, 菊地, ひとみ, 野口 普子(担当:共著, 範囲:第3章 学修成果レポートを書こう)
株式会社 三恵社   2021年3月   
 
野口普子(担当:共著, 範囲:第8章トラウマの心理療法)
ナカニシヤ出版   2018年   (ISBN:9784779512520)   
 
野口普子(担当:編集)
メヂカルフレンド社   2017年11月   (ISBN:4839222568)   
 
野口普子(担当:編集)
金剛出版   2016年2月   (ISBN:9784772414821)   
医療現場は、患者やその家族、同僚や多職種といった多様な人間関係の上に成り立っている。しかし、多様な人間関係の中での関わり方は個人の経験や資質に頼って対応しているのが現状である。
対応に迷ったとき、心理学の知見が現場でも役に立つことが多い。
本書では、各テーマで1現状と課題、2そこで用いられている心理学の理論の概説、3現場の実践という記述に分けて、読者がイメージしやすく、理解が進むように丁寧に概説していく。

講演・口頭発表等

 
 
野口普子   成澤知美   山下晃弘   浜崎景   松岡豊   
第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会   2020年7月18日   
 
野口普子   成澤知美   山下晃弘   浜崎景   大久保亮   松岡豊   
第31回日本総合病院精神医学会総会   2018年11月30日   
 
Noguchi H   Narisawa T   Yamashita A   Hamazaki K   Okubo R   Matsuoka YJ   
8th Mind-Body Interface International Symposium   2018年10月26日   
 
野口普子   成澤知美   山下晃弘   浜崎景   大久保亮   松岡豊   
日本脂質栄養学会第27回大会   2018年8月31日   
 
Noguchi H   Narisawa T   Yamashita A   Hamazaki K   Okubo R   Matsuoka Y   
Korean Psychosomatic Society meeting   2018年6月1日   

資格・免許