言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 西本 照真
 

西本 照真

 
アバター
研究者氏名西本 照真
 
ニシモト テルマ
所属武蔵野大学
部署人間科学部 人間科学科
職名教授
学位学士(東京大学), 修士(東京大学大学院), 博士(東京大学)

研究キーワード

 
インド哲学 , 中国哲学 , 仏教学

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学 学長
 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院通信教育部 仏教学研究科 仏教学専攻 教授
 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院仏教学研究科 仏教学専攻 教授
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院仏教学研究科 仏教学専攻(博士後期課程) 教授
 
2012年4月
 - 
現在
武蔵野大学人間科学部 人間科学科 教授
 

学歴

 
1996年10月
 - 
1997年3月
台湾師範大学  
 
1989年4月
 - 
1994年3月
東京大学大学院 人文科学研究科 
 
1992年9月
 - 
1994年1月
Harvard大学文理大学院 東アジアの言語と文化学科 
 
1986年4月
 - 
1989年3月
東京大学大学院 人文科学研究科 
 
1981年4月
 - 
1986年3月
東京大学  
 

委員歴

 
2007年10月
 - 
現在
日本印度学仏教学会  企画編集委員会委員
 
2007年9月
 - 
現在
日本印度学仏教学会  学術情報委員会運営委員
 
2003年9月
 - 
2009年9月
日本宗教学会  編集委員
 
1990年4月
 - 
1992年3月
日本印度学仏教学会  幹事
 

受賞

 
1999年3月
第7回中村元賞
 
1998年9月
第40回日本印度学仏教学会賞
 

論文

 
印度学仏教学研究   63(1) 1-10   2014年12月   [査読有り]
印度学仏教学研究   61(2) 56-62   2013年3月   [査読有り]
東アジア仏教研究   (10) 37-55   2012年5月   [査読有り]
印度学仏教学研究   第53巻(2号) 213-218   2005年3月   [査読有り]
北京国家図書館とフランス国家図書館所蔵の敦煌写本を調査する中で、『無量寿観経纉述』の写本として北京1202およびP3014の2写本が存在することが新たに明らかになった。本論文では新出の2写本について、従来の諸本と対照させつつその特徴を明らかにした。あわせて、道綽『安楽集』と『無量寿観経纉述』の先後関係についても新説を提示した。
印度学仏教学研究   第52巻(第1号) 16-21   2003年12月
本論文は、2002年から2003年にかけておこなった敦煌写本調査の中で新たに筆者が特定した三階教関係写本約10点に関して、個々の写本の特徴や筆写された文献の性格について明らかにしたものである。2002年度の中国留学の成果をまとめた論文の一つである。

MISC

 
中国禅学   第2巻 203-221   2003年5月
本論文は、三階教と禅宗の思想に関して、自己と他者の認識に焦点をあてて比較したものである。三階教は自己悪の認識を重視し、禅宗は自己の内なる仏性を見ることを重視したとされるが、実際には三階教文献と見紛うような思想内容を含んだ禅宗文献が見られ、特に唐代の禅宗文献においては三階教文献と酷似した文章表現が散見されることを明らかにした。これすなわち、両者の思想的交渉を端的に示すものといえる。(中国語)
戒幢仏学   第2巻 200-207   2002年12月
本論文は、敦煌漢文写本の中で、2002年以前に明らかになった三階教関係の写本について網羅的に紹介したものである。三階教写本の研究の意義や三階教研究の現状と今後の課題等についてもあわせて考究した。(中国語)
『真理と創造』   42 125-131   2002年11月
三階教の開祖信行(540-594)の生涯と思想について明らかにし、同時に三階教の活動が社会的にどのような影響を及ぼしたかについても考察した。
『世界宗教研究』   (2001増刊(総第87)) 53-57   2002年3月
三階教研究の方法論について、文献学的研究、歴史学的研究、思想史的研究という三つの方法論的立場から考察し、今後の三階教研究の課題と方向性を明確にした。(中国語)
西本 照真
大倉山論集      2001年3月
平成13年 3年31日。鎌倉後期から南北朝時代に活躍した天台宗の学僧慈遍の主著『天地神祇審鎭要記』3巻の訳注研究。大倉山中世思想研究会のメンバー8人による共同研究。(総頁数473頁中、P245~P262を担当)

書籍等出版物

 
国書刊行会   2010年6月   
東洋文庫   2009年3月   
「三階教写本研究の到達点と今後の課題」の箇所を執筆。現在までに捜出された三階教写本の網羅的紹介と禅観思想ならびに教団規律に関する三階教写本の特徴について解明した。(総頁数489頁中、P391~P403を担当)

講演・口頭発表等

 
Mahayana Mahaparinirvana Sutra Workshop   2016年1月7日   UC Berkeley, Center for Buddhist Studies
The 17th Biennial Conference of the International Association of Shin Buddhist Studies   2015年8月8日   The International Association of Shin Buddhist Studies
日本印度学仏教学会第63回学術大会   2012年6月30日   日本印度学仏教学会
明治大学文学部アジア史専攻氣賀澤研究室   2009年3月   
氣賀澤保規編。氣賀澤氏を研究代表とする平成18‐20年度科学研究費補助金(基盤研究 B)「東アジア仏教確立期における中国仏教石刻文物の資料的地域的研究」の成果報告書。「南北朝隋唐期の仏教思潮と石刻事業-金川湾三階教刻経にみられる独自性と普遍性-」の箇所を執筆。(総頁数164頁中、P38~P49を担当)
韓国仏教学結集大会第3回大会   2006年4月   
『安楽集』と『無量寿観経纉述』は、ともに7世紀半ばに成立したと推定される中国浄土教の重要文献である。本発表では、両者の仏身論について比較し、『安楽集』の「三身三土主義」の箇所に示される仏身論は、『無量寿観経纉述』の仏身論に関する箇所を直接引用する形で成立したのではないか、との仮説を提示した。

所属学協会

 
日本仏教学会 , 東方学会 , 国際真宗学会 , 日本宗教学会 , 日本印度学仏教学会

Works(作品等)

 
その他   2003年9月
本発表は、2002年から2003年にかけておこなった敦煌写本調査の中で新たに筆者が特定した三階教関係写本約10点に関して、個々の写本の特徴や筆写された文献の性格について明らかにしたものである。2002年度の中国留学の成果をまとめた論文の一つである。

社会貢献活動

 
【】  1999年4月 - 現在
【】  2006年4月 - 2009年3月

その他(職務上の実績)