言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

武蔵野大学 研究者情報ページについて


研究者氏名で検索を行った場合、本学に現在在籍している専任教員だけではなく、researchmapに登録のあるすべての研究者が表示されますので、ご了承ください。なお、本学に在籍している専任教員情報については左の「メニュー/MENU」より検索ください。
 

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 小嶋 知幸
 

小嶋 知幸

 
アバター
研究者氏名小嶋 知幸
 
コジマ トモユキ
URLhttp://www.k4.dion.ne.jp/~ihbd
所属武蔵野大学
部署人間科学部 人間科学科
職名教授
学位医学博士(東京大学大学院医学系研究科)
その他の所属市川高次脳機能障害相談室

研究キーワード

 
神経心理学 , 高次脳機能障害学

研究分野

 
  • 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学 / 

経歴

 
1989年3月
 - 
2006年3月
社会福祉法人仁生社江戸川病院 リハビリテーション科 科長
 
2006年3月
 - 
現在
市川高次脳機能障害相談室 主宰
 
2006年4月
 - 
2014年3月
学校法人北杜学園仙台医療福祉専門学校 言語聴覚学科 学科長
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学人間科学部 人間科学科 教授
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院人間社会研究科 人間学専攻 教授
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1980年3月
埼玉大学 教養学部 哲学思想コース
 

委員歴

 
2017年12月
 - 
現在
日本高次脳機能障害学会  研究助成金委員会
 
2014年12月
 - 
現在
日本高次脳機能障害学会  理事
 
2006年
 - 
現在
日本神経心理学会  評議員
 
2000年
 - 
現在
日本高次脳機能障害学会  教育・研修委員
 
2000年
 - 
現在
日本高次脳機能障害学会  機関誌編集委員
 

論文

 
Cognitive outcome in a patient with poor grade aneurysmal subarachnoid hemorrhage: Focus on aphasia
Yukiko Sato, Tomoyuki Kojima, Yasuhiro Kawahara
Interdisciplinary Neurosurgery   18(2019) 1-5   2019年7月   [査読有り]
日本語失語症者のための文表出訓練教材の構築(第1報)-母語による文型の違いに関する言語横断的検討ー
小嶋 知幸、レビット 順子、高津 宣広、伊藤 敬市
武蔵野大学人間科学研究所年報   (8) 105-139   2019年3月
後天性小児失語例の20年の経過―臨床上の工夫と回復のメカニズム
小嶋 知幸、柴田 晴美
高次脳機能研究   38(3) 319-330   2018年9月   [招待有り]
伊澤 幸洋、小嶋 知幸
神経心理学   34(1) 16-28   2018年4月   [招待有り]
ゲルストマン症候群と二方向性アノミアー非右手利き、左大脳基底核梗塞の1例からー
小嶋 知幸、狐塚 順子、畠山 恵、小野 真理子
武蔵野大学人間科学研究所年報   (7) 1-25   2018年3月   [査読有り]

Misc

 
成人の言語障害 失語症
小嶋 知幸
JOHNS   31(11) 1553-1557   2015年11月   [依頼有り]
脳の可塑性とリハビリテーションへの応用
小嶋 知幸
MEDICAL REHABILITATION   118 31-41   2010年5月   [依頼有り]
小嶋 知幸
作業療法   19(6) 538-545   2000年12月   [依頼有り]
オドボール課題における非標的P300の特性
臨床脳波   40 303-308   1998年
失語症
JOHNS   31(11) 1553-1557   2015年11月

書籍等出版物

 
図解 やさしくわかる言語聴覚障害
ナツメ社   2016年1月   ISBN:978-4-8163-5944-6
超皮質性失語
新興医学出版社   2015年12月   ISBN:978-4-8800-2860-6
注意と意欲の神経機構
新興医学出版社   2014年10月   ISBN:978-4-88002-850-7
失語症の源流を訪ねて
金原出版   2014年5月   ISBN:978-4-307-75039-4
伝導失語
新興医学出版社   2012年12月   ISBN:978-4-88002-843-9

講演・口頭発表等

 
失語症の障害メカニズムと訓練の考え方―日本語の言語情報処理モデルに基づいて [招待有り]
小嶋 知幸
宮城県言語聴覚士会   2019年5月18日   
失語症の障害メカニズムと訓練法(3)—複合的障害に対するアプローチの実際― [招待有り]
小嶋 知幸
大田区STネットワーク   2018年10月30日   
言語聴覚士に求められる資質とは [招待有り]
小嶋 知幸
大田区STネットワーク   2018年7月31日   
失語症の障害メカニズムと訓練法 [招待有り]
小嶋 知幸
茨城県言語聴覚士会研修会   2018年3月4日   
小児失語例の20年の経過ー臨床上の工夫と回復のメカニズム [招待有り]
小嶋 知幸、柴田 晴美
第41回日本高次脳機能障害学会学術総会   2017年12月16日   

担当経験のある科目

 
  • 言語とこころ (東京女子大学現代教養学部)
  • 失語・高次脳機能障害学演習1・2 (武蔵野大学大学院人間社会研究科)
  • 失語・高次脳機能障害学1・2・3 (武蔵野大学大学院人間社会研究科)

所属学協会

 
日本言語聴覚士学会 , 日本神経心理学会 , 日本音声言語医学会 , 日本高次脳機能障害学会

競争的資金等の研究課題

 
日本語失語症者のための文表出訓練教材の構築
学校法人 武蔵野大学: 
研究期間: 2017年5月       代表者: 小嶋 知幸

社会貢献活動

 
市川高次脳機能障害相談室を主宰
【その他】  2016年3月

教育内容・方法の工夫

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)