言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 村澤 慶昭
 

村澤 慶昭

 
アバター
研究者氏名村澤 慶昭
 
ムラサワ ヨシアキ
所属武蔵野大学
部署グローバル学部 日本語コミュニケーション学科
職名教授
学位学士(筑波大学), 修士(東京大学)
J-Global ID201701011584120994

研究キーワード

 
ビジネス日本語教育 ,年少者日本語教育 ,日本語教育 ,発音矯正 ,聴覚音声学 ,調音音声学 ,音響音声学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本語学 / 音声学
  • 人文・社会 / 日本語教育 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院言語文化研究科 言語文化専攻 教授   
 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学グローバル学部 日本語コミュニケーション学科 教授   
 

委員歴

 
2019年6月
 - 
現在
公益財団法人 日本語教育学会  第4回 代議員
 
2016年6月
 - 
現在
ビジネス日本語研究会  幹事・事務局
 
2015年12月
 - 
2019年6月
公益社団法人日本語教育学会チャレンジ支援委員会委員  委員
 
2011年7月
 - 
2015年8月
日本語教育学会研究集会委員会 関東地区委員会  委員(2013年10月より委員長)
 
2011年7月
   
 
日本語教育学会  研究集会委員会委員
 

MISC

 
 
村澤慶昭   
武蔵野大学しあわせ研究所紀要第3号   3 41-552020年3月   
小学校4年生の国語科「ごんぎつね」を対象に、日本語教育の視点から分析して、“難しい”とされるのが何であるのかを客観的に分析した。
本稿は、武蔵野⼤学しあわせ研究所 第4回Happiness Meetingの発表で得られた知見も含め、全面的に加筆した。
付記:本論⽂は 2019 年度しあわせ研究費(研究テーマ:JSL カリキュラムに向けた⼩学校国語科の⺟語⽀援について)の助成を受けて行われた。
 
村澤 慶昭   
國學院雜誌 = The Journal of Kokugakuin University   120(1) 16-192019年1月   
ビジネス日本語についての研究をまとめた著書について、その研究の課題や目指すところを評した。
 
村澤 慶昭   
Global studies = グローバルスタディーズ   (2) 37-482018年   
応答詞「そうですね」が、実際に就職した元留学生がどのように使用しているのかを、音響分析も併せてその特徴を分析した。
付記:本研究は科研基盤研究(C)「タスク理論に基づくビジネス日本語教育用教材の開発研究」(研究代表者:向山陽子 研究課題番号17K02868)の助成を受けて行われた。
 
村澤 慶昭   
Global studies = グローバルスタディーズ   1(1) 67-762017年   
江東区に於いて新たに始めた年少者の日本語児童支援についての経緯と概要、および今後の課題について報告した。
 
村澤 慶昭   
武蔵野大学文学部紀要   (12) 88-752011年   
本稿では、2007年度の日本語能力試験聴解問題を分析対象とし、特に、「正答率」や「識別力」が低かった問題の何が“難しさ”の要因になっているのかを、日本人大学生への追試験も踏まえて考察した。

書籍等出版物

 
 
草野宗子, 牛米節男(担当:共著)
スリーエーネットワーク      2015年4月   (ISBN:9784883197064)   
上級日本語学習者用の読解問題集として、旧完全マスターシリーズの読解問題集を全面的に見直して新規作成した。N2からN1の読解力を養成しアカデミック・ジャパニーズ習得に繋げる狙いがある。なお、出版後、セミナーも行った。
 
ネットラーニング      2010年3月      
2010年3月リリース。本ソフトは、「新しい日本語能力試験」対応のインターネット上e-Learningの教材である。コンテンツとして、N2レベルの文法及び読解を本試験対応計5回分作成した。コンテンツを単著。
 
共通カリキュラムマネージメントセンター      2009年1月      
本教材は、経済産業省及び文部科学省が平成19年度より実施しているアジア人財資金構想においてカリキュラムマネージメントセンターが開発した教材の一部をなすものである。本学大学院のビジネス日本語コースに関わる専任教員、非常勤教員がチームを作り作成。中でも、立案、構成、レイアウトタスク等を担当。当初Web教材としてコンソーシアムに配信。2009年に簡易印刷版が関係者に配布された。現在本学大学院ビジネス日本語コースの「ビジネス日本語演習4B(総合)」の教材として活用中。
 
共通カリキュラムマネージメントセンター      2009年1月      
本教材は、経済産業省及び文部科学省が平成19年度より実施しているアジア人財資金構想においてカリキュラムマネージメントセンターが開発した教材の一部をなすものである。本学大学院のビジネス日本語コースに関わる専任教員、非常勤教員がチームを作り作成。中でも、立案、構成、レイアウトタスク等を担当。当初Web教材としてコンソーシアムに配信。2009年に簡易印刷版が関係者に配布された。現在本学大学院ビジネス日本語コースの「ビジネス日本語演習4A(総合)」の教材として活用中。
 
共通カリキュラムマネージメントセンター      2007年10月      
本教材は、経済産業省及び文部科学省が平成19年度より実施しているアジア人財資金構想においてカリキュラムマネージメントセンターが開発した教材の一部をなすものである。本学大学院のビジネス日本語コースに関わる専任教員、非常勤教員がチームを作り作成。中でも、立案、構成、レイアウトタスク等を担当。当初Web教材としてコンソーシアムに配信。2009年に簡易印刷版が関係者に配布された。現在本学大学院ビジネス日本語コースの「ビジネス日本語演習4B(総合)」の教材として活用中。

講演・口頭発表等

 
 
小学校国語科教科書の“難しさ”とは何か -JSL児童に対する日本語支援から考える-
村澤慶昭   
武蔵野⼤ 学しあわせ研究所 第 4 回 Happiness Meeting   2019年9月18日   
一般的に国語の教科書は、外国につながる児童にとっては「難しい」と言われているが、何がどう“難しい”のかを、「ごんぎつね」を例に取り上げ具体的に分析した、発表した。
付記:本論⽂は 2019 年度しあわせ研究費(研究テーマ:JSL カリキュラムに向けた⼩学校国語科の⺟語⽀援について)の助成を受けて行われた。
 
ビジネス場面における議事録作成能力養成のための音声教材の開発
向山陽子   村澤慶昭   村野節子   山辺真理子   
CAJLE 2019 年次大会   2019年8月7日   
これまでの教材開発と、その試用によって得られた知見や課題を再整理し、発表を行った。
付記:本研究は科研基盤研究(C)「タスク理論に基づくビジネス日本語教育用教材の開発研究」(研究代表者:向山陽子 研究課題番号17K02868)の助成を受けて行われた。
 
子どもをとりまく学校・ボランティア・企業の連携 -トランスフォーメーショナルな場の形成に向けて―
井熊豪   尾﨑有紀   安田和朗   董炎林   市川享子   村澤慶昭   
2019年3月2日   
 
議事録作成能力養成のための音声教材の開発
向山陽子   村澤慶昭   
第26回ビジネス日本語研究会   2019年2月16日   
マルチタスクである議事録作成の能力を養成するために、音声教材としてどのようなものが可能か、開発の様子や試用で得られた知見を紹介し、議論した。発表には多くの関心が寄せられた。
付記:本研究は科研基盤研究(C)「タスク理論に基づくビジネス日本語教育用教材の開発研究」(研究代表者:向山陽子 研究課題番号17K02868)の助成を受けて行われた。
 
日本企業で働く外国人社員に対するインタビュー調査 ―ビジネス日本語教育用教材開発のために―
向山 陽子   村野 節子   村澤 慶昭   山辺 真理子   
ヴェネツィア2018年日本語教育国際研究大会Venezia ICJLE 2018   2018年8月4日   
元留学生たちが、実際に日本の企業で働くようになってから気づいたことや大学院時代の学びについての振り返りなどの分析を元に、新たな教材開発の方向性について発表した。
付記:本研究は科研基盤研究(C)「タスク理論に基づくビジネス日本語教育用教材の開発研究」(研究代表者:向山陽子 研究課題番号17K02868)の助成を受けて行われた。

所属学協会

 
2018年2月
 - 
現在
初年次教育学会
2017年
 - 
現在
子どもの日本語教育研究会
 
   
 
ビジネス日本語研究会
 
   
 
日本語教育学会
 
   
 
日本音声学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
タスク理論に基づくビジネス日本語教育用教材の開発研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
向山 陽子 村澤 慶昭 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 
 
 

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 

資格・免許

 
 
 

その他(職務上の実績)