言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 服部 祐介
 

服部 祐介

 
アバター
研究者氏名服部 祐介
 
ハットリ ユウスケ
URLhttp://www.musashino-u.ac.jp/yakugaku/seizai
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位学士(東京農工大学), 修士(東京農工大学大学院), 博士(東京農工大学大学院)

研究キーワード

 
分光学,製剤学

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 分析化学 / 分光分析
  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学 / 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 製剤学
  • ライフサイエンス / 薬系分析、物理化学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 講師
 
2011年10月
 - 
現在
東京農工大学 農学部 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2014年3月
武蔵野大学薬学部 薬学科 助教
 
2007年4月
 - 
2010年3月
東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 ポストドクター
 
2005年4月
 - 
2007年3月
独立行政法人理化学研究所 光バイオプシー開発研究ユニット 協力研究員
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京農工大学大学院 生物システム応用科学研究科 
 
 
 - 
2002年3月
東京農工大学大学院 生物システム応用科学研究科 
 
 
 - 
2000年3月
東京農工大学 工学部 
 
 
 - 
1996年3月
岐阜県立中津高等学校  
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
日本薬学会  「ファルマシア」トピックス小委員
 
2015年4月
 - 
現在
日本分光学会 近赤外分光部会  幹事
 

受賞

 
2020年2月
Asian NIR consortium The best oral presentation awards Device independent screening for detecting falsified medicines
 
2017年11月
近赤外研究会 ベストポスター賞
 
2014年11月
近赤外研究会 NIR Advance Award
 
2013年11月
近赤外研究会 ベストポスター賞
 
2012年5月
ベストポスター賞 第3回アジア近赤外シンポジウム
 

論文

 
Ryoma Tanaka, Yusuke Hattori, Makoto Otsuka, Kazuhide Ashizawa
Drug development and industrial pharmacy   46(2) 179-187   2020年2月   [査読有り]
Spray freeze drying (SFD) produces suitable particles for the pharmaceutical formulation of dry powders used in dry powder inhalers (DPIs). However, SFD particles have large specific surface area and are partially made up of amorphous solids; this...
Yusuke Hattori, Miki Naganuma, Makoto Otsuka
Pharmaceutics   12(1)    2020年1月   [査読有り]
In this study, we established a robust feed-forward control model for the tableting process by partial least squares regression using the near-infrared (NIR) spectra and physical attributes of the granules to be compressed. The NIR spectra of gran...
Ryoma Tanaka, Naga Kiran Duggirala, Yusuke Hattori, Makoto Otsuka, Raj Suryanarayanan
Molecular pharmaceutics   17(1) 274-283   2020年1月   [査読有り]
Formulation of a cocrystal into a solid pharmaceutical dosage form entails numerous processing steps during which there is risk of dissociation. In an effort to reduce the number of unit operations, we have attempted the in situ formation of an in...
Ryoma Tanaka, Yusuke Hattori, Kazuhide Ashizawa, Makoto Otsuka
Journal of pharmaceutical sciences   108(10) 3201-3208   2019年10月   [査読有り]
Pharmaceutical manufacturing processes are necessary to make solid dosage form even in cocrystal formation. In an effort to reduce the number of unit operations, high-shear wet granulation with cocrystallization system was proposed. In the present...
Sae Ishihara, Yusuke Hattori, Makoto Otsuka
Spectrochimica Acta Part A: Molecular and Biomolecular Spectroscopy   221 117142   2019年10月   [査読有り]

MISC

 
服部 祐介
ぶんせき   1 21-27   2019年1月   [依頼有り]
Yusuke Hattori, Yoshiyuki Tajiri, Tatsuya Yonai, Makoto Otsuka
NIR news   24(3) 8-10   2013年4月   [依頼有り]
牛木秀治, 服部祐介, 橋本千尋
高分子加工      2002年
複雑な自然現象を解析するための手法として,積分変換法を提案した.

講演・口頭発表等

 
星優香, 服部祐介, 真名垣聡, 杉浦康夫, 大塚誠
Asian Near infrared Symposium   2020年2月14日   Asian NIR consortium
堀江有薫, 田仲涼眞, 小川達也, 鎌田人志, 長門琢也, 服部祐介, 大塚誠
製剤と粒子設計シンポジウム   2018年10月26日   
竹島里奈, 服部祐介, 大塚誠
日本分光学会年次講演会   2018年5月22日   
服部祐介, 石井授香, 大塚誠
日本薬学会年次大会   2018年3月28日   
Yusuke Hattori, Makoto Otsuka
Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium   2016年12月   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 製剤学実習 (武蔵野大学)
  • 無機化学 (東京農工大学)

所属学協会

 
粉体工学会 , 日本薬剤学会 , 日本薬学会 , 日本分光学会 , 高分子学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
科学研究費: 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月

社会貢献活動

 
【講師】  国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構  2018年1月25日 - 2018年1月26日
【講師】  国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構  2017年1月19日 - 2017年1月20日
【企画, 運営参加・支援】  日本分光学会 近赤外分光部会  2018年2月2日