言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 上代庸平
 

上代庸平

 
アバター
研究者氏名上代庸平
 
ジヨウダイ ヨウヘイ
eメールyo_jodaimusashino-u.ac.jp
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/90510793.ja.html
所属武蔵野大学
部署法学部  法律学科
職名准教授
学位博士(法学)(慶應義塾大学)

プロフィール

慶應義塾大学法学部卒業、同大学院法学研究科単位取得退学。中京大学国際教養学部専任講師、同准教授を経て、武蔵野大学法学部准教授。

研究キーワード

 
公法学 , 自治体財政 , 地方自治 , 財政調整 , 制度的保障 , 憲法 , 地方財政

研究分野

 
  • 法学 / 公法学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学 法学部 准教授
 
2010年4月
 - 
2014年3月
中京大学 国際教養学部 准教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
中京大学 国際教養学部 専任講師
 

委員歴

 
2019年10月
 - 
現在
豊島区  公文書管理委員会委員
 
2017年3月
 - 
現在
港区  個人情報保護運営審議会委員
 
2014年4月
 - 
現在
相模原市  情報公開・個人情報保護・公文書管理審査会委員
 
2013年3月
 - 
現在
日本財政法学会  事務局機関誌担当
 
2014年4月
 - 
2018年3月
独立行政法人大学入試センター  教科科目第一委員会委員
 
2015年10月
 - 
2017年10月
全国憲法研究会  事務局会計担当
 

論文

 
ドイツにおける財政規律と憲法
上代庸平
比較憲法学研究   30 45-67   2018年10月   [査読有り][招待有り]
神奈川県臨時特例企業税条例事件(最判平成25・3・21) [特集 講義・憲法の重要判例]
上代庸平
法学教室   (464) 35-39   2019年4月   [招待有り]
財政法判例研究 鳴門市競艇事業従事員共済会補助金違法支出事件[最高裁平成28.7.15,同平成28.7.15判決
上代庸平
地方財務   (772) 212-224   2018年10月   [査読有り]
法学者の本棚 マリオ・インフェリーゼ 『禁書 : グーテンベルクから百科全書まで』 : 文書への『意識』と情報という『力』
上代庸平
法学セミナー   63(8) 1-1   2018年8月
生態系への損害に関する賠償制度の構築をめぐる論点整理:公益と私益との接合可能性
小島千枝、古谷英恵、上代庸平
武蔵野大学しあわせ研究所紀要   (1) 38-58   2018年3月
経済財政政策と憲法――『従たる憲法』としての経済・財政憲法?
上代庸平
新総合特集シリーズ8(別冊法学セミナー)憲法のこれから   183-192   2017年5月
調査報告 行政文書の管理及び歴史文書の保存に関する意識調査
上代庸平 他
社会科学研究   36(1/2) 120(1)-67(54)   2016年3月
ドイツにおける財政規律と法―起債ブレーキの憲法条項の構造と意義
上代庸平
財政法叢書   31 42-66   2015年2月   [招待有り]
自治体財政権侵害の審査基準としての比例原則
上代庸平
法学研究   87(2) 413-446   2014年3月
住民訴訟の対象である損害賠償請求権の放棄
上代庸平
社会科学研究   34(1/2) 43-66   2014年2月
ドイツ憲法判例研究 ゲマインデの営業税賦課率決定と自治体財政権[連邦憲法裁判所第二法廷2010.1.27 決定]
上代庸平
自治研究   90(1) 131-139   2014年1月   [査読有り]
2012年の判例を振り返る[特集 混沌の2012から2013の自治を読む]
上代庸平
地方自治職員研修   45(15) 37-40   2012年12月
ドイツの公文書専門職養成制度 : 『番人』・『翻訳者』としての職業倫理の形成
上代庸平
社会科学研究   33(1) 143-212   2012年10月
自治体財政の憲法的保障:自治体財政調整による地方自治の実現
上代庸平
慶應義塾大学   1-231   2012年4月   [査読有り]
書評 板垣勝彦著『保障行政の法理論』
上代庸平
財政法叢書   29 127-137   2012年3月
財政憲法の概念
上代庸平
財政法叢書   28 9-31   2012年2月   [招待有り]
2011年の判例を振り返る[特集 刻まれた年・2011年を振り返る]
上代庸平
地方自治職員研修   43(15) 39-42   2011年12月
ドイツ財政憲法における地方自治体の位置―連邦制改革への一視角
上代庸平
中京法学   45(3/4) 365-401   2011年3月   [査読有り]
ドイツ連邦州における公文書館法の特色
上代庸平
社会科学研究   31(2) 1-63   2011年2月
調査報告 公文書管理制度の構築に関する総合的研究
上代庸平 他
社会科学研究   31(2) 116-185   2011年2月   [査読有り]
2010年の判例を振り返る[特集 地方・自治の動態]
上代庸平
地方自治職員研修   43(15) 37-40   2010年12月
財政法判例研究 神社に対する公の財産たる市有地の提供と政教分離原則[最高裁平成22.1.20判決]
上代庸平
会計と監査   61(7) 35-45   2010年7月   [査読有り]
財政優等生の試練―地方財政の危機に立ち向かうための憲法理論
上代庸平
法学セミナー   55(2) 28-61   2010年5月
自治体財政保障のための規律形式―牽連性原理の具体化と形成を素材として
上代庸平
LAW AND PRACTICE   (3) 89-129   2009年4月   [査読有り]
自治体財政調整の法的機能-事務権限配分との関係を中心に
上代庸平
社会科学研究   29(1) 71-100   2009年3月
ドイツ議会制度の特色と現代的課題――ドイツ型二院制と会派議会
上代庸平
別冊RESEARCH BUREAU 論究   19-29   2008年11月   [招待有り]
財政法判例研究 岡山市地方交付税過大受給損害賠償等請求住民訴訟事件[岡山地裁平成18.5.17判決]
上代庸平
会計と監査   59(11) 36-42   2008年11月   [査読有り]
自治体財政に対する憲法的保障の制度――日本とドイツの比較を通じて
上代庸平
LAW AND PRACTICE   (2) 77-113   2008年4月   [査読有り]
自治体財政に対する最少供与保障――概念と構造
上代庸平
法学政治学論究   (76) 201-236   2008年2月   [査読有り]
財政憲法原理としての牽連性――厳格化の傾向と財政立法による補完
上代庸平
法学政治学論究   (74) 193-227   2007年11月   [査読有り]
自治体財政に対する憲法的保障の構造と牽連性原理―ニーダーザクセン州国事裁判所ビュッケブルク判決を手がかりに
上代庸平
法学政治学論究   (72) 311-345   2007年2月   [査読有り]
地方自治の保障と地方自治体の財政高権―ドイツ地方自治における制度的保障理論の発展
上代庸平
法政論叢   42(2) 63-79   2006年4月   [査読有り]
憲法問題としての自治体財政調整――バイエルン州憲法旧規定における財政事項の規律を素材に
上代庸平
法学政治学論究   (67) 299-322   2005年11月   [査読有り]
地方自治保障と財政調整
上代庸平
慶應義塾大学   1-84   2004年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
自治体財政の憲法的保障
上代庸平
慶應義塾大学出版会   2019年3月   
憲法概説
上代庸平 (担当:分担執筆, 範囲:185-193、351-390頁)
成文堂   2017年10月   
変容するテロリズムと法
上代庸平 (担当:共著, 範囲:161-179頁)
弘文堂   2017年10月   
講座憲法の規範力⑤憲法の規範力と行政
上代庸平 (担当:共著, 範囲:221-243頁)
信山社   2017年3月   
地方公共団体における公文書管理制度の形成―現状と課題
上代庸平 (担当:共著, 範囲:193-209頁)
公職研   2017年3月   
判例アシスト憲法
上代庸平 (担当:分担執筆, 範囲:280-287、340-351頁)
成文堂   2016年3月   
憲法基本判例
上代庸平 (担当:分担執筆, 範囲:422-434頁)
尚学社   2015年9月   
入門 安全と情報
上代庸平 (担当:分担執筆, 範囲:187-190頁)
成文堂   2015年6月   
確認憲法用語
上代庸平 (担当:分担執筆, 範囲:115-118頁)
成文堂   2014年9月   
フラット化社会における自由と安全
上代庸平 (担当:共著, 範囲:84-102頁)
尚学社   2014年9月   
知と技術の継承と展開
上代庸平 (担当:共著, 範囲:211-239頁)
創泉堂出版   2014年3月   
アーカイブズ学要論
上代庸平 (担当:編者, 範囲:はしがき、44-59、75-93、167-181、289-297頁)
尚学社   2014年2月   
パラダイムは変わったのか
上代庸平 (担当:共著, 範囲:121-132頁)
創泉堂出版   2012年3月   
地域に学ぶ憲法演習
上代庸平 (担当:共著, 範囲:179-187頁)
日本評論社   2011年2月   
判例ライン憲法(第2版)
上代庸平 (担当:分担執筆, 範囲:112-113、218-221頁)
成文堂   2011年2月   
自由と安全―理論と実務の架橋
上代庸平 (担当:共著, 範囲:238-260頁)
尚学社   2009年7月   
ドイツの憲法判例Ⅲ
上代庸平 (担当:分担執筆, 範囲:541-546頁)
信山社   2008年10月   
確認憲法用語300
上代庸平 (担当:分担執筆, 範囲:103-106頁)
成文堂   2008年1月   

講演・口頭発表等

 
環境保全の制度的具体化の方向性:新エネルギー規制に関する地方立法の動向
上代庸平、小島千枝、古谷英恵
武蔵野大学Happiness Meeting   2019年9月18日   
行政の適正性確保のための公文書管理法制―ドイツのアーカイブズ法を手がかりに
上代庸平
日本法政学会第129回研究会   2018年11月4日   
ドイツにおける財政規律と法
上代庸平
比較憲法学会第29回総会   2018年10月28日   
しあわせの基盤としての環境:「環境保護責任」についての法的視点の構築
古谷英恵、上代庸平、小島千枝
武蔵野大学Happiness Meeting   2018年8月8日   
鳴門市競艇従業員共済会への臨時従業員退職せん別金充当のための補助金支出が違法であるとされた事例
上代庸平
財政法研究会   2016年5月20日   
自治体財政に対する制度的保障の構造転換
上代庸平
日本公法学会79回総会公募セッション   2014年10月18日   
ドイツにおける財政規律と法:第二次連邦制改革(連邦財政憲法改革)における起債ブレーキを中心に
上代庸平
日本財政法学会第32回研究大会   2014年3月22日   
”ius Archivi”―アーカイブズの法と制度 [招待有り]
上代庸平
日伊交流シンポジウム アーカイブズの日伊比較:知と技術の継承と展開   2013年2月16日   
住民訴訟継続中の議会の議決による損害賠償請求権の放棄
上代庸平
財政法判例研究会   2012年11月18日   
自治体の財政高権と租税賦課率の決定権――連邦憲法裁判所2010年1月27日第二法廷の決定(2 BvR 2185/04 -2 BvR 2189/04)
上代庸平
ドイツ憲法判例研究会第184回研究会   2011年10月7日   
財政憲法の概念―ドイツにおける特別憲法論を素材として
上代庸平
日本財政法学会第29回研究大会   2011年3月19日   
砂川政教分離訴訟最高裁判決
上代庸平
財政法判例研究会   2010年3月21日   
岡山市地方交付税過大受給損害賠償等請求住民訴訟事件
上代庸平
財政法判例研究会   2008年5月17日   
地方自治の制度的保障の発展と地方団体の財政高権
上代庸平
日本法政学会103回研究大会   2006年11月27日   

担当経験のある科目

 
  • 憲法3(憲法訴訟) (駒澤大学大学院法曹養成研究科)
  • 憲法2(人権) (駒澤大学大学院法曹養成研究科)
  • 憲法1(統治) (駒澤大学大学院法曹養成研究科)
  • 憲法総合 (慶應義塾大学大学院法務研究科)
  • 日本国憲法(教養・教職),地方自治法,憲法Ⅰ(法学部),地域公共論,アーカイブズ学 (中京大学)
  • 憲法Ⅰ(法学部),憲法Ⅱ(法学部),地方自治法,自治体政策法務論,社会安全論 (武蔵野大学)

競争的資金等の研究課題

 
財政健全化の法理と制度形成―ドイツ財政憲法との比較研究
独立法人日本学術振興会: 科学研究費補助金(基金)若手研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 上代庸平
産業遺産保護に関する公法理論の構築―英・独・西との比較に基づく理論的・実証的研究
独立法人日本学術振興会: 科学研究費補助金(基金)挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 林晃大
自治体財政に対する憲法的保障の構造と地方自治の実現
独立法人日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2008年8月 - 2010年3月    代表者: 上代庸平