言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 志賀 由美
 

志賀 由美

 
アバター
研究者氏名志賀 由美
 
シガ ユミ
所属武蔵野大学
部署看護学部 看護学科
職名准教授
学位学士(聖路加看護大学), 修士(東京大学大学院)

研究キーワード

 
国際看護 , 国際移動 , 外国人看護師

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 基礎看護学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院看護学研究科 看護学専攻(博士後期課程) 准教授
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院看護学研究科 看護学専攻 准教授
 
2010年4月
 - 
現在
武蔵野大学看護学部 看護学科 准教授
 
2001年4月
 - 
2005年3月
静岡県立大学 看護学部 専任講師
 
1997年4月
 - 
2001年3月
静岡県立大学 看護学部 助手
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1997年3月
東京大学大学院 医学系研究科 
 
1992年4月
 - 
1994年3月
東京大学大学院 医学系研究科 
 
1981年4月
 - 
1985年3月
聖路加看護大学 看護学部 
 

委員歴

 
2016年12月
 - 
現在
日本看護学教育学会  会員
 
2013年6月
 - 
現在
日本看護科学学会  会員
 
2004年10月
 - 
現在
日本看護管理学会  会員
 
1995年1月
 - 
現在
日本看護研究学会  会員
 

論文

 
志賀 由美
武蔵野大学看護学研究所紀要   (9) 19-28   2015年3月   [査読有り]
共著者, 田中博子, 志賀由美, 西垣克
日本看護管理学会誌   12(2) 94-105   2009年   [査読有り]
フィリピンと日本の病院でタイムスタディーを行い看護業務の比較を行った。両国の内科外科病棟ともに、「書類の記録・点検」「報告・連絡・情報交換」「診療の介助」の3業務が上位を占め、50%以上の割合だった。従って看護業務を行うには、国を問わず口頭および文書によるコミュニケーション能力が重要といえる。その他の業務では、日本では「身の回りの世話」「観察・巡視」「療養上の世話」など直接患者に関わる業務が多かったが、フィリピンでは「会議・教育」「その他雑用」など患者に関わらない業務が多かった。両国の患者...

書籍等出版物

 
竹内登美子, 後藤紀久, 志賀由美, 原三枝子, 松田好美 (担当:共著, 範囲:第2章手術室における看護1モニター類の装着と全身の観察,第5章術後看護の知識と技術1術後の全身管理,2-1)循環器系合併症と看護,2-4)泌尿器系合併症と看護)
医歯薬出版株式会社   2012年9月   
本書は、看護学生や新人ナースを対象に、術中から術後の看護援助に必要な基礎知識と技術をまとめた。担当部分は、術中術後の全身観察、循環器系合併症と看護、泌尿器系合併症と看護で、それぞれについて必要な観察・アセスメント技術と対応方法を、基本手技とあわせて具体的にまとめた。(B4版、全173頁)
香春知永, 水戸優子, 長戸和子, 酒井昌子他 (担当:共著)
医学書院   2012年1月   

講演・口頭発表等

 
藤尾 麻衣子, 藤谷 章恵, 大武 久美子, 安藤 幸枝, 志賀 由美, 香春 知永
第38回日本看護科学学会学術集会   2018年12月15日   
第31回国際保健医療学会学術集会 自由集会1グローバリゼーションの中で日本の看護がいかに人材育成に貢献するか   2016年12月   
導入後8年を迎えたEPA制度による外国人看護の活動について、帰国した看護師(候補者)の帰国後の体験を中心に、EPA制度の現状と今後の課題を報告した。報告内容は、2015年8月にインドネシアで実施したインタビューと視察の結果を踏まえて行った。インドネシアは、合格者でもあってもフィリピンに比べて帰国を選択する割合が高い国であることから、対象国とした。帰国後のインドネシア人看護師(候補者)のキャリア形成は、日本での看護師経験よりも日本での習得した日本語能力の活用の機会が多かった。また、看護師候補...
藤尾麻衣子, 藤谷章恵, 鈴木聖子, 安藤幸枝, 志賀由美, 赤坂天貴子, 香春知永
第33回日本看護科学学会学術集会   2013年12月7日   
導尿は、排泄や形態機能、感染予防の知識を活用し一定手順で実施するという「困難」の特徴が明らかとなった。一方、複数の看護技術で構成される全身清拭は、事例の条件に合わせた計画、自分の感覚や体験を用いた生活行動の実施等が「困難」の特徴であることが明らかになった。

担当経験のある科目(授業)

 
  • 看護ゼミ(基礎看護・看護管理領域) (武蔵野大学)
  • 看護政策(日本における外国人看護師政策) (武蔵野大学大学院)
  • 国際看護学 (愛知医科大学大学院)
  • 国際看護論,看護学概論(グローバル社会と看護) (自治医科大学,武蔵野大学)
  • 基礎看護実践論4(看護実践基礎技術),基礎看護の方法Ⅲ (武蔵野大学,静岡県立大学)

所属学協会

 
日本看護学教育学会 , 日本看護管理学会 , 日本看護科学学会 , 日本看護研究学会