言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 村上 祐輔
 

村上 祐輔

 
アバター
研究者氏名村上 祐輔
 
ムラカミ ユウスケ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位博士(医学)(東京大学)
その他の所属東京大学医科学研究所 The Institute of Medical Science
科研費研究者番号50757325
J-Global ID201701002243564054

研究キーワード

 
アレルギー疾患 ,自己免疫疾患 ,自然免疫学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 

経歴

 
2021年9月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部 講師 
 
2017年4月
 - 
現在
東京大学医科学研究所 感染遺伝学分野 客員研究員 
 
2017年4月
 - 
2021年8月
武蔵野大学 薬学部 助教 
 
2015年4月
 - 
2017年3月
東京大学医科学研究所 感染遺伝学分野 特任研究員 
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2015年3月
東京大学大学院医学系研究科病因・病理学専攻  
 
2004年4月
 - 
2010年3月
日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科  
 
 
 - 
2002年3月
東京都立西高等学校  
 

受賞

 
2019年6月
MMCB2019, The young investigator award
村上 祐輔 
 
2011年4月
文部科学省、東京大学, GPLLI リーディング大学院
村上 祐輔 
 

論文

 
 
Amanda Gavin   Deli Huang   Tanya Blane   Therese Thinnes   Yusuke Murakami   Ryutaro Fukui   Kensuke Miyake   David Nemazee   
Nature communications   in press    2022年   [査読有り]
 
Takashi Ishii   Yusuke Murakami   Tomoya Narita   Hiroki Nunokawa   Kensuke Miyake   Takahide Nagase   Naomi Yamashita   
Clinical and experimental allergy : journal of the British Society for Allergy and Clinical Immunology      2021年8月   [査読有り]
BACKGROUND: Myeloid differentiation protein-2 (MD-2) is a lipopolysaccharide-binding protein involved in lipopolysaccharide signaling via Toll-like receptor 4 (TLR4). TLR4 plays an essential role in HDM-mediated allergic airway inflammation. Moreo...
 
Kensuke Miyake   Shin-Ichiroh Saitoh   Ryutaro Fukui   Takuma Shibata   Ryota Sato   Yusuke Murakami   
International immunology      2021年7月
Nucleic acid (NA)-sensing Toll-like receptors (TLRs) are synthesized in the endoplasmic reticulum and mature with chaperones, such as Unc93B1 and the protein associated with TLR4 A (PRAT4A)-gp96 complex. The TLR-Unc93B1 complexes move to the endos...
 
Hiroki Nunokawa   Yusuke Murakami   Takashi Ishii   Tomoya Narita   Haruyuki Ishii   Hajime Takizawa   Naomi Yamashita   
Scientific reports   11(1) 13157-13157   2021年6月   [査読有り]
Stimulator of interferon genes (STING) is a DNA sensor that responds to pathogens and induces type I interferon production. Herein, the role of STING in house dust mite extract (HDM)-induced allergic asthma was investigated. C57BL/6 wild-type (WT)...
 
Ryota Sato   Tatjana Reuter   Ryosuke Hiranuma   Takuma Shibata   Ryutaro Fukui   Yuji Motoi   Yusuke Murakami   Hiroki Tsukamoto   Satoshi Yamazaki   Kaiwen Liu   Shin-Ichiroh Saitoh   Eicke Latz   Kensuke Miyake   
International immunology   32(12) 785-798   2020年11月   [査読有り]
Toll-like receptors (TLRs) impact myeloid cell responsiveness to environmental cues such as pathogen components and metabolites. Although TLR protein expression in monocytes and tissue macrophages is thought to be optimized for microenvironments i...

MISC

 
 
石井 崇史   村上 祐輔   成田 知也   長瀬 隆英   山下 直美   
日本呼吸器学会誌   9(増刊) 323-323   2020年8月
 
村上 祐輔   福井 竜太郎   天野 浩文   鈴木 仁   本井 祐二   田村 直人   三宅 健介   
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回 436-436   2020年8月
 
村上 祐輔   石井 崇   成田 知也   山下 直美   
日本薬学会年会要旨集   140年会 27L-am06   2020年3月
 
石井崇史   村上祐輔   成田知也   長瀬隆英   山下直美   
日本呼吸器学会誌(Web)   9    2020年
 
横沢孝明   村上祐輔   布川寛樹   成田知也   山下直美   
日本薬学会関東支部大会講演要旨集   64th    2020年

書籍等出版物

 
 
村上 祐輔(担当:単著, 範囲:自然免疫の最前線)
医歯薬出版株式会社   2018年6月      
 
村上祐輔, 山下直美(担当:共著)
一般社団法人 呼吸研究   2018年5月      
 
村上祐輔, 三宅健介(担当:共著)
2012年      
 
村上祐輔, 三宅健介(担当:共著)
先端医学社      

担当経験のある科目(授業)

 
2019年
 - 
現在
病態・薬物治療学 (武蔵野大学)
2017年
 - 
現在
薬物療法学実習 (武蔵野大学)

所属学協会

 
2020年3月
 - 
現在
日本リウマチ学会
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
日本アレルギー学会
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本免疫学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
核酸認識TLRを標的としたANCA関連血管炎の新規治療法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
村上 祐輔 
研究期間: 2020年4月 - 2022年3月
 
TLR9を標的としたアレルギー喘息新規治療法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
村上 祐輔 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月

産業財産権

 
 
三宅健介   村上 祐輔   本井祐二   
 
 
三宅 健介   村上 祐輔   福井 竜太郎   

資格・免許