言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 紅林 佑介
 

紅林 佑介

 
アバター
研究者氏名紅林 佑介
 
クレバヤシ ユウスケ
URL
所属武蔵野大学
部署看護学部 看護学科
職名准教授
学位博士(看護学)(杏林大学), 修士(看護学)(杏林大学)
科研費研究者番号10636559
J-Global ID202101015428324758

研究キーワード

 
BDNF ,Process recording ,Self-focus ,Self-compassion ,Physical exercise ,Physical activity ,Cognitive function ,Neurocognition ,Schizophrenia

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 臨床看護学 / 精神看護学

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院 看護学研究科 准教授 
 
2021年4月
 - 
現在
武蔵野大学 看護学部 看護学科 准教授 
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
杏林大学大学院 保健学研究科看護学専攻 博士後期課程
 
2008年4月
 - 
2010年3月
杏林大学大学院 保健学研究科看護学専攻 博士前期課程
 
2002年4月
 - 
2006年3月
杏林大学 保健学部 看護学科
 

受賞

 
2017年8月
The 2nd Asia-Pacific Nursing Research Conference, Best Poster Award,Is Self-focus Associated with Nursing Competency in Psychiatric Nurses? A Cross-sectional Study
Yusuke Kurebayashi, Tomomi Goda, Aiko Hamada, Satomi Ikeuchi 
 

論文

 
 
Yusuke Kurebayashi   
Perspectives in psychiatric care   57(3) 1009-1018   2021年7月
PURPOSE: This study examined the association of self-focus and self-compassion with nursing competency. DESIGN AND METHODS: Data of 433 psychiatric nurses comprising demographics, other-consciousness, self-compassion, self-focus, and nursing compe...
 
Yusuke Kurebayashi   
Perspectives in psychiatric care   57(3) 1282-1291   2021年7月
DESIGN AND METHODS: Thirty-five university nursing students in Japan participated in this randomized controlled trial. The revised process recording referred to self-compassion. Both the control and intervention groups completed the self-compassio...
 
Yusuke Kurebayashi   Kazumi Mori   Junichi Otaki   
Perspectives in Psychiatric Care      2021年6月   [査読有り]
Purpose: To find suggestions for a future definitive randomized control trial and examine the effects of physical exercise on neurocognition in schizophrenia.
Design and methods: Patients hospitalized with schizophrenia were randomly assigned to e...
 
Yusuke Kurebayashi   
Perspectives in psychiatric care   56(2) 474-480   2020年4月   [査読有り]
PURPOSE: Previous research has demonstrated that self-compassion improved sleep in geriatric samples. However, this may be due to an uncontrolled influence from self-focus, or interaction between self-compassion and self-focus. This study examines...
 
Yusuke Kurebayashi   Yusuke Harada   
International Journal of Human Sciences   17 131-141   2020年3月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
 
Classification of neurocognition in Japanese patients with schizophrenia using CogHealth
Yusuke Kurebayashi   Junichi Otaki   
The 8th European Conference on Schizophrenia Research   2021年9月   
 
Emotional coolness as a component of empathy, associated with negative components of self-compassion, not positive components
Yusuke Kurebayashi   
14th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology   2021年   
 
The factor structure of the self-compassion scale among Japanese psychiatric nurses and nursing student.
Yusuke Kurebayashi   
20th WPA World Congress of Psychiatry   2021年   
 
Positive effects of physical exercise on neurocognition in inpatients with schizophrenia: A preliminary randomized control trial
Yusuke Kurebayashi   Junichi Otaki   
13th biennial conference for the Global Network of World Health Organization (WHO) Collaborating Centres for Nursing and Midwifery (Health Advocacy 2020)   2020年   
 
The effects of process recoding revised to enhance self-compassion on self-compassion and self-focus—a preliminary randomized control trial
Yusuke Kurebayashi   Airi Ohya   Mitsuko Kanaya   
13th Biennial Conference of the Asian Association of Social Psychology   2019年   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
シミュレーショントレーニング (新潟医療福祉大学)
 
   
 
精神看護学特論 (新潟医療福祉大学大学院)
 
   
 
精神看護学概論 (新潟医療福祉大学)
 
   
 
国際看護学演習 (新潟医療福祉大学)
 
   
 
病態生理・治療学Ⅲ (新潟医療福祉大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本保健福祉学会
 
   
 
日本精神神経学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
統合失調症の認知機能の改善を目指すモバイルツール併用型外来患者用運動プログラム
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
紅林 佑介 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
認知機能の改善を目的とした統合失調症の入院患者用運動プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
紅林 佑介 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
看護系大学における新人看護教員を支えるメンタリングガイドブックの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
合田 友美 紅林 佑介 池内 里美 木原 俊行 濱田 亜意子 島田 希 滝内 隆子 宮永 葵子 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
統合失調症患者の認知機能と身体活動量の関連性の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
紅林 佑介 
研究期間: 2015年8月 - 2017年3月

学術貢献活動

 
 
査読
 2021年 - 現在
 
査読
 2021年 - 現在
 
 
査読
 2021年 - 現在
 

社会貢献活動

 
 
【講師】
新潟県三条市 2019年 - 2021年
 
【助言・指導,企画,運営参加・支援】
第11回つながろう通信制保健室フォーラム 2019年
 
【講師】
Hongbang International University, Faculty of Nursing (Vietnam) 2019年
 
【講師】
新潟県看護協会 2019年
 
【講師】
新潟医療福祉大学 2018年