言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 渡辺 恵史
 

渡辺 恵史

 
アバター
研究者氏名渡辺 恵史
 
ワタナベ ヨシフミ
eメールywatanabmusashino-u.ac.jp
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位博士(東京大学薬学系大学院), 修士(首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻)

研究キーワード

 
再生 , 免疫 , 肝臓 , 医工学 , ドラッグデリバリー

研究分野

 
  • 基礎生物学 / 動物生理・行動 / 
  • 生産環境農学 / 遺伝育種科学 / 

経歴

 
1986年4月
 - 
1988年1月
(株)資生堂 基礎科学研究所 研究員
 
1988年2月
 - 
1990年8月
(米)Syntex Research Institute(現ロシュ分子生物研究所) 博士研究員
 
1990年9月
 - 
2002年5月
東京工業大学 生命理工学部 助手
 
1990年9月
 - 
2002年5月
静岡県立大学 非常勤講師
 
1995年10月
 - 
1996年9月
ハーバード大学 医学部 客員准教授
 
2002年6月
 - 
2004年3月
東レ株式会社 先端研究所 主任研究員
 
2004年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 教授
 
2004年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部 教授
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻 教授
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻(博士後期課程) 教授
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院 薬科学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年3月
東京大学薬学系大学院  
 
2005年4月
 - 
2007年3月
首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻 経営学研究科 経営学専攻(MBA)
 

委員歴

 
2001年
 - 
2002年
日本生化学会  学会雑誌 生化学プラナー
 

受賞

 
1997年
日本人工臓器学会JASO-grant賞受賞
 
2001年
細胞療法研究会(現日本再生医療学会)奨励賞受賞
 

論文

 
Possible involvement of liver resident macrophages (Kupffer cells) in the pathogenesis of both intrahepatic and extrahepatic inflammation.
渡辺 恵史
Canadian Journal of Gastroenterology and Hepatology   2017    2017年7月   [査読有り]
◎K. Kanki, K. Kawamura, Y. Watanabe
Apoptosis   14 309-319   2009年   [査読有り]
Toll-like receptor 4-dependent adjuvant activity of Kakkon-to extract exists in the high molecular weight polysaccharide fraction.
◎Y. Ishijima, T. Kawamura, A. Kimura, A, Kohno, T. Okada, T. Tsuji, Y. Watanabe
Int. J. Immunopathol. Pharm.      2011年   [査読有り]
◎T. Okada, A. Kimura, K. Kanki, S. Nakatani, Y. Nagahara, M, Hiraga, Y. Watanabe
Scandinavian Journal of Immunology   83 139-150   2016年   [査読有り]

Misc

 
Preparation and cytotoxic properties of concanavalin A- and anti- carcinoembryonic antigen antibody-ricin A-chain conjugates.
T. Osawa, Y. Watanabe, T. Yamaguchi, and H. Miyazaki.
Cancer Surveys   1 353-372   1982年
The carbohydrate moiety of human platelet glycocalicin. the structure of the major Ser/Thr-linked sugar chain.
T. Tsuji, S. Tsunehisa, Y. Watanabe, K. Yamamoto, H. Tohyama and T. Osawa
J. Biol. Chem.,   258 6335-6339   1983年
Y.Watanabe, H. Miyazaki and T. Osawa.
J. Pharm. Dyn.,   7 593-603   1984年
Immunotoxin Therapy .
H. Miyazaki, Y.Watanabe and T. Osawa.
臨床免疫   42 1149-1152   1984年
抗体にと各種毒素や抗がん剤を結合させた担体による抗がん剤開発に関する総説
Preparation and antitumor effect of macrophage activating factor (MAF) entrapped in liposomes bearing monoclonal anti-human melanoma (A375) antibody.
Y. Watanabe, E. Uchida, M. Higuchi, Y. Imai and T. Osawa
J. Biol. Res. Modi.   6 556-568   1987年
Control of expression of a class II major histocompatibility gene (HLA-DR) in various human cell types: down regulation by IL-1 but not by IL-6, prostaglandin E2 or glucocorticoids.
Y. Watanabe, S. Lee and A. C. Allison.
Scand. J. Immunol.,   32 601-609   1990年
*Y. Watanabe, I. Horii, Y. Nakayama and T.Osawa.
Chem.Pharm.Bull.,   39 1796-1801   1991年
N. Todoroki, 他8名
Biochem.Biophys.Res.Commun.,   179 756-761   1991年
血小板表面上にあり、リンパ球への接着因子として作用するGMP140はIL-1やIFNのような炎症性サイトカインによって、その発現が上昇することが判明した。
Regulation of MHC classII antigen expression: Opposing effect of TNF-a on major histocompatibility complex(MHC) class II expression in cell differentiation stages.
Y. Watanabe and C.O. Jacob.
J.Immunol.,   146 896-905   1991年
Determination of mouse major asialoglycoprotein receptor cDNA sequence.
R. Takezawa, K. Shinzawa, *Y. Watanabe and T. Akaike.
Biochim. Biophys. Acta,   1172 220-222   1993年
Enhancement by inflammatory cytokines of ICAM-1 expression on hepatocytes and T cell adhesion.
M. Morita, *Y. Watabanbe, T. Akaike.
Lymphokine and Cytokine Res.,   12 373   1993年
Mechanisms of apoptosis in primary cultured hepatocytes.
K. Shinzawa, *Y. Watanabe, T. Akaike.
Cell Struct. Funct.,   18 624   1993年
K.Hatanaka
Macromolecules,   26 1483-1486   1993年
Activation signal induces the expression of B cell specific CD45R (6B2) epitope on T cells.
*Y. Watanabe and T. Akaike.
Scand. J. Immunol.,   39 419-425   1994年
Highly efficient transfection into primary cultured mouse hepatocytes by use of cation-liposomes: An application for immunization.
Y. Watanabe, H. Nomoto, R. Takezawa, N. Miyoshi, T. Akaike.
J. Biochemistry,   116 1220-1226   1994年
Infammatory cytokines upregulate the ICAM-1 expression on primary cultured mouse hepatocytes and T cell adhesion.
M. Morita, Y. Watanabe, T. Akaike.
Hepatology,   19 426-431   1994年
Direct evidence of macrophage differentiation from bone marrow cells in the liver: the origin of Kupffer cells.
R. Takezawa, *Y. Watanabe, T. Akaike.
J. Biochemistry,   118 1175-1183   1995年
Primary cultured murine hepatocytes but not hepatoma cells regulate the cell number through density-dependent cell death.
K. Shinzawa, *Y. Watanabe, T. Akaike.
Cell Death & Differentiation,   2 127-134   1995年
M. Morita, *Y. Watanabe, T. Akaike.
Hepatology,   21 1585-1593   1995年
*Y. Watanabe, M. Morita, N. Ikematsu, T. Akaike.
Biochem. Biophys. Res. Commun.,   209 335-342   1995年
*Y. Watanabe, M. Morita, T. Akaike
Hepatology,   24 702-710   1996年
IFN-g induces cell death in hepatocytes by upregulating p53.
A. Kano, M. Morita, *Y. Watanabe, T. Akaike.
Mol. Biol. Cell   7 347a   1996年
Kupffer cells differetiation from bone marrow cells by hepatocyte-conditioned medium in vitro.
R. Takezawa, *Y. Watanebe, T. Akaike.
Mol. Biol. Cell   7 305a   1996年
VEGF/VPF induces escape from senescence in human dermal endothelial cells.
*Y. Watanabe, S. W. Lee, I. Ajioka, H. F. Dvorak
Mol. Biol. Cell,   7 535a   1996年
Analysis of IFN-g-induced cell cycle arrest and cell death in hepatocytes.
A. Kano, *Y. Watanabe, N. Takeda, S. Aizawa, T. Akaike.
J. Biochem   121 677-683   1997年
Identification and characterization of murine Caspase family genes expressed in IFN-g-induced a hepatic apoptosis.
K. Shinzawa, A. Kanou, *Y. Watanabe, T. Akaike.
Hepatology,   26 265A   1997年
TNFa bifunctionally induces proliferation in primary hepatocytes: Role of cell anchorage and spreading.
*Y. Watanabe, H. Osaki, T. Akaike.
Hepatology,   26 269a   1997年
TNFa bifunctionally induces proliferation in primary hepatocytes: role of scaffold formation.
*Y. Watanabe, H. Osaki, T. Akaike.
J. Immunol.,   159 4840-4847   1997年
Vascular permeability factor/vascular endothelial growth factor (VPF/VEGF) inhibits anchorage-disruption-induced apoptosis in microvessel endothelial cells by inducing scaffold formation.
*Y. Watanabe, H. F. Dvorak.
Exp. Cell Res.,   233 340-349   1997年
*Y. Watanabe, I. Ajioka, T. Akaike.
Cytotechnology   26 65-78   1998年
A. Kano, T. Haruyama, T. Akaike, *Y. Watanabe.
Biochem. Biophys. Res. Commun.,   257 672-677   1999年
Y. Watanabe and T. Akaike.
J. Cell. Physiol.,   179 45-51   1999年
X. Yuan,他12名
Genes to Cells,   4 563-572   1999年
テロメア酵素ノックアウトマウスの細胞にはテロメアG-strandが存在している。
Design of temporally and spatially controlled drug delivery system for the treatment of liver diseases.
I. Shibuya, T. Akaike, *Y. Watanabe.
Hepatology,   32 1299-1307   2000年
Ethanolamine regulates the transition from G2 to M phase of primary cultured hepatocytes by inducing cyclin B expression via cytoskeletal rearrangement.
I. Ajioka, T. Akaike, *Y. Watanabe.
Mol. Biol. Cell,   11 342a   2000年
Y. Watanabe, X. Liu, I. Shibuya, T. Akaike.
J. Biomaterials Sci., Polymer Ed.,   11 833-842   2000年
T.Haruyama, I. Ajioka, T. Akaike, *Y. Watanabe.
Biochem. Biophys. Res. Commun.,   273 681-683Y. Watanabe and T. Akai   2000年
Suppression of Fas-mediated hepatic apoptosis by caspase inhibitor-encapsulated nanoparticles bearing poly-(N-p-vinylbenzyl-O-b-D-galactopyranosyl-[1-4]-D-gluconamide).
I. Shibuya, T. Akaike, *Y. Watanabe.
Biotech. lett.,   22 1855-1859   2000年
Y. Watanabe, K. Hirakawa, T. Haruyama, T. Akaike
FEBS Lett.,   502 63-67   2001年
Establishment of different types of immortalized liver composing cell lines from temperature-sensitive SV40 large T-antigen transgenic mice.
R. Nishio, T. Akaike, M. Ikekita, K. Ishibashi, M. Obinata, *Y. Watanabe
Res. Commun. Biochem. Cell Mol. Biol.,   6 57-69   2002年
I. Ajioka, T. Akaike, *Y. Watanabe
J. Cell. Biochem.,   84 249-263   2002年
Y. Watanabe, O. Suzuki, T. Haruyama, T. Akaike
J. Cell. Biochem.,   89 244-253   2003年
Y. Watanabe, T. Haruyama, T. Akaike
Biol. Pharm. Bull.,   26 564-568   2003年
R.Nishio,M.nakayama,M.Ikekita,Y.Watanabe.
Tissue Engineering   12(9) 2565-2572   2006年
「製薬産業における研究開発イノベーションメカニズムとマネジメント」
Journal of Business and Institutions 経営と制度   6(2008) 113-114   2008年
医薬品開発において、新薬を生み出す組織的メカニズムに対する新規な分析分類方法を定義づけるとともに、現在の製薬業界が直面している問題点を取り上げ、その組織的な解決方法を組織論のフレームワークを用いて解析した。
K. Kanki, Y. Ishijima, Y. Watanabe
Biol. Pharm. Bull.   32(2009) 1917-1920   2009年

書籍等出版物

 
「イムノトキシンの調製」
渡辺恵史
東京化学同人   1986年   
モノクローナル抗体を用いたドラッグデリバリーシステムの解説とその具体的な方法についての実験書
「イムノトキシンの調製」 改訂
渡辺恵史
東京化学同人   1992年   
上記実験書の改訂版
「人工肝臓ーバイオミメティックな糖質高分子の設計に基づくバイオ人工肝臓ー」
赤池敏宏、渡辺恵史、伊勢裕彦、味岡逸樹 (担当:共著)
日本医学会   1994年   
人工肝臓作製の際に用いる高分子物質の解説
デイビー入門免疫学
渡辺恵史他7名 (担当:共著)
広川書店   1994年   
免疫学の基本的教科書。受動免疫分野を担当
抗ウィルス活性を持つ核酸誘導体の糖を用いた肝臓へのターゲティング
渡辺恵史
TIGG   1994年   
肝細胞に特異的なガラクトースを付加した担体を用いた肝臓への抗ウィルス財のターゲティングに関する解説
「バイオ人工肝臓ー細胞生物学から組織工学へのチャレンジー」
渡辺恵史、赤池敏宏
SUT Bulletin   1997年   
人工肝臓に関して、現在の動向や、技術的な解説による総説
「スフェロイド型肝細胞を用いた遺伝子導入による生体内2次人工肝臓の構築」
渡辺恵史
1998年   
人工肝臓を形成するに当たり、特に人工培養気質上で培養した肝細胞に対して遺伝子導入を行うことによって、その再生過程が促進されることを報告している。
「スフェロイド型肝細胞を用いた遺伝子導入による生体内2次人工肝臓の構築」
味岡逸樹、赤池敏宏、*渡辺恵史 (担当:共著)
1998年   
人工肝臓を形成するに当たり、特に人工培養気質上で培養した肝細胞に対して遺伝子導入を行うことによって、その再生過程が促進されることを報告している。
「遺伝子導入による生体内自己組織化型人工肝臓」
渡辺恵史 (担当:共著)
1998年   
人工肝臓を形成するためには移植する肝細胞に対して遺伝子導入を行うことで、血管系を構築し、その血管系を介して肝臓形成が誘導されるという内容を解説
「血管形成因子による生体内2次人工肝臓の構築」
渡辺恵史
Acta Hepatologica Japonica   1998年   
肝臓においては特にその血管系が重要であり、血管系形成を誘導する因子の遺伝子導入を用いた肝器官形成機構についての解説
Re-evaluation of TNFa and IFN-g in the liver (Review)
Yoshifumi Watanabe
1999年   
肝臓において免疫系因子であるTNFやIFNが実は肝臓障害性に働く場合もあれば、肝臓の再生を誘導する場合もあるという二面性を持つ因子であることを解説
「21世紀を切り開く先端医療」(バイオメディカル・エンジニアリング入門)
味岡逸樹、赤池敏宏、渡辺恵史 (担当:共著)
1999年   
人工肝臓における現在の動向を大衆紙向けに解説している
「先端科学技術と人工臓器ー新しいマトリックス工学と遺伝子工学の導入ー」
赤池敏宏、伊勢裕彦、味岡逸樹、*渡辺恵史 (担当:共著)
1999年   
現在の高分子化学と生物工学的技術の動向と、それらの融合による肝器官形成への試み
ティッシュ・エンジニアリング(組織工学の基礎と応用)
赤池敏宏、渡辺恵史、伊勢裕彦、味岡逸樹 (担当:共著)
名古屋大学出版会   1999年   
人工気質高分子と生物工学技術を用いた人工肝臓の作製に関する解説
「DDSによる肝疾患治療」
渡辺恵史、渋谷功、赤池敏宏 (担当:共著)
2000年   
ナノテクノロジーを用いた肝細胞への特異的ドラッグデリバリーシステムの開発とその肝炎に対する治療効果の報告
「遺伝子操作と新素材を用いた臓器工学」
渡辺恵史,味岡逸樹,赤池敏宏 (担当:共著)
2000年   
現在の高分子化学と生物工学的技術の動向と、それらの融合による肝器官形成への試み
「肝器官形成におけるマトリックス制御の意義」
渡辺恵史
2001年   
肝臓再生や形成における細胞外マトリックスの種類と制御についての解説
「再生医学へのアプローチ:第2の肝臓を作る」
渡辺恵史
2001年   
再生工学を用いて、第2の人工肝臓を形成する方法についての解説。特に血管形成因子の遺伝子導入や成長因子の役割について解説している。

所属学協会

 
日本生化学会 , 日本薬学会 , 日本免疫学会 , 肝細胞研究会 , 日本再生医療学会 , 日本人工臓器学会 , アメリカ細胞生物学会 , 日本組織工学会

特許

 
平8-99898 : 「動物の免疫方法」
肝細胞に遺伝子を導入し、遺伝子導入肝細胞を動物(マウス)に免疫することにより、分子精製をすることなく抗体生産を起こさせることができる技術に関する特許
2002-272471 : 「活性型マトリックスプロテアーゼ産生方法」
マトリックスプロテアーゼは複雑な経路を経て活生化されるが、その経路は不明な部分が多く、活性型の酵素を使うことができなかった。酵素のポロペプチド部分に切断可能なサイトを導入することによって、活性型マトリックスプロテアーゼを産生させる方法を開発した。
P2003-116406A : 「脾臓をカプセルとして用いた副次肝形成法」
2004-284991(P2004-284991A) : 「N-アシルアミン化合物及びそれを用いた医療組成物」
肝細胞に認識される新規高分子物質を考案した。この物質は生体内で分解され、新規の肝指向性薬剤基質として用いられる可能性を示した。
2005-330246 : 「膨潤性ヒドロゲルマトリックスを含む医薬組成物」
薬物担体となる生分解性高分子を合成した。この高分子は薬物を含有し、生体において局所に薬物を伝達する。
WO2006/028129 : 肝細胞指向性製剤の新規合成物とその作成法

資格・免許

 
 
 
 
 

その他(職務上の実績)