言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 三原 潔
 

三原 潔

 
アバター
研究者氏名三原 潔
 
ミハラ キヨシ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位学士(京都大学), 修士(京都大学大学院), 博士(京都大学大学院)
J-Global ID201201059579626753

研究キーワード

 
医療薬剤学 ,薬物動態学 ,オーダーメード医療

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻 教授   
 
2013年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻(博士後期課程) 教授   
 
2011年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 教授   
 
2007年4月
 - 
2011年3月
武蔵野大学 薬学部 薬学科 准教授   
 
2007年11月
 - 
2009年11月
稲城市立病院 薬剤部 臨時職員(薬剤師)   
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1994年3月
京都大学大学院 薬学研究科 薬学専攻
 
1989年4月
 - 
1991年3月
京都大学大学院 薬学研究科 薬学専攻
 
1985年4月
 - 
1989年3月
京都大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2013年6月
 - 
現在
西東京市薬剤師会  理事
 
2012年7月
 - 
現在
日本地域薬局薬学会  理事、事務局長
 
2012年6月
 - 
現在
西武薬剤師会  理事
 
2010年4月
 - 
現在
アプライド・セラピューティクス学会  編集委員
 
2009年4月
 - 
現在
薬学教育協議会 病院・薬局実務実習関東地区調整機構  大学委員、副委員長
 

論文

 
 
Minami Ohara   Yasuhiko Suzuki   Saki Shinohara   Inna Y. Gong   Crystal L. Schmerk   Rommel G. Tirona   Ute I. Schwarz   Ming-Shien Wen   Ming Ta Michael Lee   Kiyoshi Mihara   Edith A. Nutescu   Minoli A. Perera   Larisa H. Cavallari   Richard B. Kim   Harumi Takahashi   
Clinical Pharmacokinetics   58(8) 1077-1089   2019年8月   [査読有り]
 
益戸智香子   小川ゆかり   山下直美   三原潔   
薬学雑誌   139(1) 113-122   2019年1月   [査読有り]
 
田島純一   小川潤子   小川ゆかり   小清水治太   西牟田章戸   益戸智香子   吉井智子   髙尾良洋   加藤眞由美   高橋あゆみ   宮川昌和   山下直美   三原潔   
日本地域薬局薬学会誌   6(2) 70-79   2018年12月   [査読有り]
学生にとって充実した質の高い実習を行うためには、学生が実習を通じて如何に成長できたと感じたか、すなわち実習をどの程度有意義と感じたかが重要と考えられる。今回、有意義度に影響する因子を明らかにするため、2012〜2017年度に実務実習を受けた学生830名に対して実習終了直後に行ったアンケートの回答を分析した。結果、有意義度に大きな影響を与える因子は、実習中の患者とのコミュニケーションの頻度と、指導薬剤師の実習生への対応(準備・熱心さ・質問のしやすさ)であると考えられた。
 
Ogawa Y   Takei H   Ogawa R   Mihara K   
J Pharm Health Care Sci   3(18)    2017年7月   [査読有り]
 
Ozawa T   Mihara K   Yasuno N   
J Pharm Health Care Sci   2(1) 19   2016年8月   [査読有り]

MISC

 
 
益戸智香子   三原潔   山下直美   
内分泌・糖尿病・代謝内科   48(3) 234-242   2019年3月   
 
小清水治太   吉井智子   三原潔   山下直美   
『呼吸』eレポート   2(2) 67-71   2018年11月   
 
 
三原 潔   
日本地域薬局薬学会誌   5(1) 1-9   2017年7月   
 
三原 潔   
Journal of Bio-Integration   6(1) 127-132   2016年11月   

書籍等出版物

 
 
吉井 智子, 三原 潔, 山下 直美(担当:共著, 範囲:1 吸入ディバイスの種類とその特徴(Page44-47)、吸入指導のポイント(Page48-59))
2013年10月   
 
三原 潔(担当:共著, 範囲:5章 排泄(Page113-137)、6章 薬物間相互作用(Page139-155))
化学同人   2010年4月1日   
 
三原 潔(担当:共著, 範囲:感染症の薬物治療 コアグラーゼ陰性ブドウ球菌による感染性心内膜炎(Page195-219))
じほう   2004年10月      
コアグラーゼ陰性ブドウ球菌による感染性心内膜炎を例にとり、感染症の薬物治療の評価方法を解説した。総頁数25。

講演・口頭発表等

 
 
薬学的問題点の抽出と解決~システマティックに実施する方法~
福島県病院薬剤師会平成22年度特別講演会   2010年6月   
薬剤師の技能向上のための講義
 
薬学的問題点を抽出し解決する能力を養う
いわき明星大学第18回 薬学セミナー   2010年4月   
 
腎移行評価論
次世代DDS型治療システムNEDO特別講座   2009年12月   
腎ターゲティングの理論と話題提供
 
腎移行評価論
次世代DDS型治療システムNEDO特別講座   2008年12月   
腎ターゲティングの理論と話題提供
 
Effect of smoking and smoking cessation on clinical laboratory data
Kume A   Kume T   Mihara K   Kawada T   Shibuya F   
68th International Congress of FIP   2008年9月   

担当経験のある科目(授業)

 
2021年4月
 - 
現在
早期体験実習 (武蔵野大学薬学部)
2016年4月
 - 
現在
基礎調剤実習 (武蔵野大学薬学部)
2012年4月
 - 
現在
臨床薬学1 (武蔵野大学薬学部)
2010年4月
 - 
現在
臨床薬学2 (武蔵野大学薬学部)
2009年9月
 - 
現在
臨床薬学演習1 (武蔵野大学薬学部)

所属学協会

 
 
   
 
日本地域薬局薬学会
 
   
 
西武薬剤師会
 
   
 
アプライドセラピューティクス学会
 
   
 
東京都薬剤師会
 
   
 
日本薬剤師会

Works(作品等)

 
 
2001年   その他
薬剤師による症例解析にもとづく薬物治療の実際を解説するApplied Therapeuticsの日本語版。編集委員として全巻の翻訳・校正にかかわったため担当部分抽出不能。
 
2001年   その他
薬剤師による症例解析にもとづく薬物治療の実際を解説するApplied Therapeuticsの日本語版。編集委員として全巻の翻訳・校正にかかわったため担当部分抽出不能。
 
2001年   その他
薬剤師による症例解析にもとづく薬物治療の実際を解説するApplied Therapeuticsの日本語版。編集委員として全巻の翻訳・校正にかかわったため担当部分抽出不能。
 
2000年   その他
薬剤師による症例解析にもとづく薬物治療の実際を解説するApplied Therapeuticsの日本語版。編集委員として全巻の翻訳・校正にかかわったため担当部分抽出不能。
 
2000年   その他
薬剤師による症例解析にもとづく薬物治療の実際を解説するApplied Therapeuticsの日本語版。編集委員として全巻の翻訳・校正にかかわったため担当部分抽出不能。

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
 
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月
 
慢性心不全患者におけるカルベジロールの立体選択的体内動態と臨床効果の検討
日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院臨床研究助成金: 
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月
 
リドカインの臨床薬物動態と効果の変動要因の検索
日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院臨床研究助成金: 
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月
 

産業財産権

 
 
国際特許出願。ラット肝移植モデルにおいて見いだした遺伝子マーカー。急性拒絶の早期診断及び免疫抑制剤の薬効の指標となる。臨床症例において有用性が確認されている。
 
国際特許出願。ラット心移植モデルにおいて見いだした遺伝子マーカー。急性拒絶の早期診断及び免疫抑制剤の薬効の指標となる。
 
ラット肝移植モデルにおいて見いだした遺伝子マーカー。急逝拒絶の早期診断及び免疫抑制剤の薬効の指標となる。

社会貢献活動

 
 
【その他】
西東京市 2013年4月 - 現在