言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 伊藤 清美
 

伊藤 清美

 
アバター
研究者氏名伊藤 清美
 
イトウ キヨミ
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位学士(東京大学), 修士(東京大学大学院), 博士(東京大学大学院)
J-Global ID201701005734726500

研究キーワード

 
薬物動態・代謝学

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻(博士後期課程) 教授   
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 教授   
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻 教授   
 
2007年4月
 - 
2009年3月
星薬科大学 薬動学教室 准教授   
 
2003年9月
 - 
2007年3月
星薬科大学 薬動学教室 助教授   
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京大学大学院 薬学系研究科 
 
1987年4月
 - 
1989年3月
東京大学 薬学部 
 
1982年4月
 - 
1985年3月
立教女学院高等学校  
 

受賞

 
2012年5月
日本薬剤学会永井記念国際女性科学者賞
 
2005年3月
日本薬剤学会奨励賞受賞
 
2002年11月
日本薬物動態学会奨励賞受賞
 

論文

 
 
 
K. Ito   N. Yajima   H. Ohtani   Y. Yamada   K. Nakamura   Y. Sawada   T. Iga   
J. Pharmacokin. Biopharm.   21(2) 133-1441993年   
種々のβ刺激薬の血中濃度と効果との関係についてレセプター結合占有理論に基づいた解析を行い、前臨床試験結果から適切な臨床用量を推定する方法論を提唱した。
 
K. Ito   Y. Yamada   K. Nakamura   Y. Sawada   T. Iga   
J. Pharmacokin. Biopharm.   21(1) 31-411993年   
 
K. Ito   Y. Sawada   Y. Sugiyama   M. Hanano   T. Iga   
Chem. Pharm. Bull.   39(7) 1813-18191991年   
 
K. Ito   Y. Sawada   H. Ishizuka   Y. Sugiyama   H. Suzuki   T. Iga   M. Hanano   
J. Pharmacol. Methods.   23 129-1401990年   

MISC

 
 
K. Ito   T. Iwatsubo   S. Kanamitsu   Y. Nakajima   Y. Sugiyama   
Annu. Rev. Pharmacol. Toxicol.   38 461-4991998年   
 
K. Ito   T. Iwatsubo   S. Kanamitsu   K. Ueda   H. Suzuki   Y. Sugiyama   
Pharmacol. Rev.   50(3) 387-4111998年   

所属学協会

 
 
   
 
日本くすりと糖尿病学会
 
   
 
日本緩和医療薬学会
 
   
 
日本医療薬学会
 
   
 
日本臨床薬理学会
 
   
 
International Society for the Study of Xenobiotics

資格・免許