言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 伊藤 清美
 

伊藤 清美

 
アバター
研究者氏名伊藤 清美
 
イトウ キヨミ
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位学士(東京大学), 修士(東京大学大学院), 博士(東京大学大学院)
J-Global ID201701005734726500

研究キーワード

 
薬物動態・代謝学

経歴

 
2001年9月
 - 
2003年8月
英国Manchester大学 薬学部 Post Doctoral Research Associate   
 
1997年12月
 - 
2003年8月
北里大学 薬学部薬剤学教室 講師   
 
1996年4月
 - 
1997年11月
東京大学 薬学部製剤学教室 助手   
 
1991年4月
 - 
1996年3月
東京大学 医学部附属病院薬剤部 助手   
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京大学大学院 薬学系研究科 
 
1987年4月
 - 
1989年3月
東京大学 薬学部 
 
1982年4月
 - 
1985年3月
立教女学院高等学校  
 

受賞

 
2012年5月
日本薬剤学会永井記念国際女性科学者賞
 
2005年3月
日本薬剤学会奨励賞受賞
 
2002年11月
日本薬物動態学会奨励賞受賞
 

論文

 
 
Toshiyuki Kudo   Yuya Ozaki   Tomomi Kusano   Eri Hotta   Yuka Oya   Seina Komatsu   Hitomi Goda   Kiyomi Ito   
XENOBIOTICA   46(3) 241-2462016年3月   [査読有り]
1.Buffer conditions in in vitro metabolism studies using human liver microsomes (HLM) have been reported to affect the metabolic activities of several cytochrome P450 (CYP) isozymes in different ways, although there are no reports about the depend...
 
Kazuhisa Ozeki   Motohiro Kato   Yuuji Sakurai   Masaki Ishigai   Toshiyuki Kudo   Kiyomi Ito   
INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS   495(2) 963-9712015年11月   [査読有り]
In a transcellular transport study, the apparent permeability coefficient (P-app) of a compound is evaluated using the range by which the amount of compound accumulated on the receiver side is assumed to be proportional to time. However, the time ...
 
Yoko Mano   Yuichi Sugiyama   Kiyomi Ito   
JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES   104(9) 3183-31932015年9月   [査読有り]
The purpose of this study was to predict the drug-drug interactions (DDIs) via CYP3A4 by estimating the extent of hepatic CYP3A4 inhibition based on a physiologically based pharmacokinetic (PBPK) model of both substrate and inhibitor and the incre...
 
Toshiyuki Kudo   Yumiko Endo   Rina Taguchi   Masami Yatsu   Kiyomi Ito   
XENOBIOTICA   45(5) 413-4192015年5月   [査読有り]
1. Blood levels of S-warfarin have been reported to be increased by concomitant administration of metronidazole (MTZ),an antiprotozoal imidazole derivative.
2. To elucidate the mechanism of this interaction and to identify other possible drug-drug...
 
Toshiyuki Kudo   Akihiro Hisaka   Yuichi Sugiyama   Kiyomi Ito   
DRUG METABOLISM AND DISPOSITION   41(2) 362-3712013年2月   [査読有り]
The plasma concentration of repaglinide is reported to increase greatly when given after repeated oral administration of itraconazole and gemfibrozil. The present study analyzed this interaction based on a physiologically based pharmacokinetic (PB...

MISC

 
 
K. Ito   T. Iwatsubo   S. Kanamitsu   Y. Nakajima   Y. Sugiyama   
Annu. Rev. Pharmacol. Toxicol.   38 461-4991998年   
 
K. Ito   T. Iwatsubo   S. Kanamitsu   K. Ueda   H. Suzuki   Y. Sugiyama   
Pharmacol. Rev.   50(3) 387-4111998年   

所属学協会

 
 
   
 
日本くすりと糖尿病学会
 
   
 
日本緩和医療薬学会
 
   
 
日本医療薬学会
 
   
 
日本臨床薬理学会
 
   
 
International Society for the Study of Xenobiotics

資格・免許