言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 平湯 直子
 

平湯 直子

 
アバター
研究者氏名平湯 直子
 
ヒラユ ナオコ
所属武蔵野大学
部署経済学部 経済学科
職名准教授

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院政治経済学研究科 政治経済学専攻 准教授
 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学経済学部 経済学科 准教授
 
2014年4月
 - 
2017年3月
武蔵野大学大学院政治経済学研究科 政治経済学専攻 講師
 
2014年4月
 - 
2017年3月
武蔵野大学経済学部 経済学科 講師
 
2010年4月
 - 
2014年3月
早稲田大学社会科学総合学術院 客員次席研究員
 

学歴

 
 
 - 
2007年3月
慶應義塾大学 商学研究科 
 

論文

 
平湯直子
武蔵野大学政治経済研究所年報   (第19号)    2020年2月
平湯 直子
武蔵野大学政治経済研究所年報   (19) 225-247   2018年2月
経済統計研究   41(Ⅳ号) 83-103   2014年3月
平湯直子, 高瀬浩二, 板明果, 鷲津明由
日本LCA学会誌   10(1)    2014年1月   [査読有り]

MISC

 
平湯 直子
武蔵野大学政治経済研究所通信   20 2-2   2018年9月   [依頼有り]
藤澤美恵子, 平湯直子
金沢大学人間社会学域経済学類DP   (43)    2018年5月
平湯直子, 鷲津明由
早稲田大学社会科学総合学術院WP   IASS J002    2018年2月

書籍等出版物

 
竹中直子, 新保一成 (担当:共著, 範囲:第10章)
慶應義塾大学出版会   2006年11月   
『日本の家計行動のダイナミズムⅡ税制と家計行動』樋口美雄・慶應義塾大学経商連携21世紀COE編著
竹中直子, 鄭雨宗, 和気洋子 (担当:共著)
慶應義塾大学出版会   2004年9月   
『地球温暖化問題と東アジアの国際協調-CDM事業化に向けた実証研究』(慶應義塾大学産業研究所叢書)第6章
Hikaru Sakuramoto, Kozo Ishida, Masahiko Shimizu, Ayu Washizu, Naoko Takenaka (担当:共著)
Edward Elgar publishing   2003年   
Global Warming and the Asian Pacific
石田孝造, 桜本光, 竹中直子 (担当:共著)
2002年7月   
『アジアの経済発展と環境保全「第1巻EDENの作成と応用」』日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業複合領域「アジア地域の環境保全」アジア地域における経済および環境の相互依存と環境保全に関する学際的研究、Working Group Ⅰ、第4章

講演・口頭発表等

 
桜本光, 関根嘉香, 吉武惇二, 平湯直子
田園調布学園大学FD研修会   2015年7月30日   
鷲津明由, 中野論, 平湯直子
日本LCA学会第9回研究報告会   2014年3月   日本LCA学会
Shiori Ota, Yoshika Sekine, Naoko Hirayu, Junji Yoshitake, Hikaru Sakuramoto
PITTCON Conference and Exposition(Pittsburgh Conference Abstracts)   2014年3月   
平湯直子, 鷲津明由
日本LCA学会第7回研究報告会   2012年3月   
平湯直子, 高瀬浩二, 神田誠, 鷲津明由
日本LCA学会第6回研究報告会   2011年3月   

担当経験のある科目(授業)

 
  • データ分析入門 (武蔵野大学)
  • 初年次ゼミ (武蔵野大学)
  • 経済学基礎2 (武蔵野大学)
  • 計量経済学特論 (武蔵野大学大学院)
  • 経済学基礎 (武蔵野大学)

所属学協会

 
日本LCA学会 , 日本国際経済学会 , 環境経済・政策学会 , 環太平洋産業連関分析学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金 若手B
研究期間: 2014年 - 2016年
文部科学省: 科学研究費補助金 若手B
研究期間: 2011年 - 2012年

教育内容やその他の工夫

 
ゼミナール2におけるディベート大会の実施
複数ゼミによるディベート大会実施
経済学基礎2におけるPC演習導入
2018年6月10日
PC演習導入

その他(職務上の実績)