言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 中板 育美
 

中板 育美

 
アバター
研究者氏名中板 育美
 
ナカイタ イクミ
所属武蔵野大学
部署看護学部 看護学科
職名教授
学位看護学博士
J-Global ID201801004575526504

プロフィール

千葉県救急医療センター(S61-63)
東京都(保健師)(H1-H16)
国立保健医療科学院 上席主任研究官(H16-H23)
公益社団法人日本看護協会 常任理事(H23-H30 )

研究キーワード

 
看護行政 ,看護政策 ,ヘルスプロモーション ,メンタルヘルス ,保健師の人材育成 ,子ども虐待

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学 / 

経歴

 
2011年6月
 - 
2018年6月
公益社団法人日本看護協会  常任理事 
 
2004年4月
 - 
2011年3月
国立保健医療科学院  上席主任研究官 
 
1988年4月
 - 
2004年3月
東京都 入庁 (保健師)  係長 
 

学歴

 
1998年3月
 - 
現在
国立公衆衛生院 (専攻課程)修了  
 
2007年4月
 - 
2011年3月
国際医療福祉大学大学院博士課程修了  
 
2002年4月
 - 
2004年3月
国際医療福祉大学大学院修士課程  
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
厚生労働省 特定保健指導の効果的な実施方法の検証のためのワーキンググループ
 
2020年4月
 - 
2021年3月
厚生労働省社会福祉推進事業  子どもとその養育者への健康生活支援における行動変容に関する調査研究事業」検討会座長
 
2018年4月
 - 
2019年3月
乳児院の今後のあり方検討委員会
 
2016年4月
 - 
2017年12月
厚生労働省 社会保障審議会  児童部会児童虐待防止対策のあり方に関する検討委員会 委員
 
2016年
 - 
2017年
厚生労働省  保健師に係る研修の在り方等に関する検討会 委員
 

受賞

 
2004年
東京都, 都知事賞
中板 育美 防ツール開発 
 

論文

 
 
Masato Kitano   Kotaro Shoji   Ikumi Nakaita   Shinya Sano   Shoichi Tachibana   Brian E Bride   Jun Shigemura   Fumiko Waki   Norihito Noguchi   Minori Koga   Hiroyuki Toda   Aihide Yoshino   Kunio Shimizu   Masanori Nagamine   
Neuropsychopharmacology reports      2021年10月
AIM: This study assessed the validity and reliability of the Secondary Traumatic Stress Scale-Japanese Version. METHODS: The original Secondary Traumatic Stress Scale was translated into Japanese, and Japanese items were back-translated to English...
 
深谷 太郎   相良 友哉   大澤 絵里   中板 育美   藤内 修二   尾島 俊之   村山 洋史   村中 峯子   松永 洋子   清水 由美子   藤原 佳典   
日本公衆衛生学会総会抄録集   79回 456-456   2020年10月
 
中板 育美   
臨床助産ケア: スキルの強化   12(5) 21-25   2020年9月
 
 

MISC

 
 
 
中板 育美   
保健師ジャーナル   77(2) 106-112   2021年2月
<文献概要>改定された産後ケア事業ガイドラインには,出産後4ヵ月頃までは助産師を中心とした実施体制にという文言が盛り込まれた。保健師はその中で,産後ケア事業という手段を通じて何を目指しどう行動すべきか。産後ケアの目的を改めて整理しつつ保健師の果たすべき役割について述べる。
 
 
中板 育美   
小児内科   52(12) 1787-1791   2020年12月
<Key Points>(1)健診に対する受ける側の論理を理解する。(2)健診を受ける側に努力を強いるのではなく、健診をする支援者が、愛着形成を肯定するかかわりや家庭訪問をくり返す。(3)点ではなく、線と面でのリスク評価を心がける(妊娠期からの支援ケースは、早めに市保健センターにリアクション)。(4)ライフサイクルを通じた家族全体を見て対応する強みを生かす。(5)専門的知識を生かした生活支援・コーディネートなど多(他)職種協働を意識して対応する。(6)ほかの活動や資源と組み合わせる場合、密...
 

書籍等出版物

 
 
丸善出版   2020年   
 
 
日本小児医事出版社   2019年12月   
 
椎名篤子(担当:分担執筆, 範囲:妊娠期から支える 子育てを支える)
集英社   2019年11月   
 
中板 育美(担当:単著)
東京図書   2018年10月9日   (ISBN:4489022980)   

所属学協会

 
2020年6月
 - 
現在
日本公衆衛生看護学会 評議員
2019年9月
 - 
現在
(一般財団法人) 厚生労働統計協会 理事
 
   
 
日本公衆衛生学会
 
   
 
日本思春期学会 理事
 
   
 
日本子ども虐待防止学会 理事

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
児童福祉司の義務研修テキスト作成に関する調査研究
厚生労働省子ども家庭局 平成29年度子ども・子育て支援推進調査研究事業: 
中板 育美 
研究期間: 2017年 - 2018年
 
地方公共団体が行う子ども虐待事例の効果的な検証に関する研究
厚生労働科学研究費補助金( 政策科学総合 研究事業: 
中板 育美 
研究期間: 2016年 - 2018年
 
地域保健に従事する人材の計画的育成に関する研究
厚生労働科学研究費補助金(健康安全・危機管理対策総合研究事業: 
中板 育美 
研究期間: 2015年 - 2016年
 
地域包括支援センター及び市区町村主管部門における保健師活動実態調査
厚生労働省先駆的保健所交流推進事業: 
中板 育美 
研究期間: 2013年 - 2014年
 
被災後の子どものこころの支援に関する研究
厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業: 
中板 育美 
研究期間: 2012年 - 2013年