言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 菊地 悦子
 

菊地 悦子

 
アバター
研究者氏名菊地 悦子
 
キクチ エツコ
URL
所属武蔵野大学
部署看護学部 看護学科
職名教授
学位修士(医科学)(東海大学大学院), 修士(看護学)(千葉大学大学院), 博士(看護学)(千葉大学大学院)
科研費研究者番号90307653
J-Global ID201301071419034997

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
武蔵野大学看護学部・看護学研究科 教授   
 
2015年4月
 - 
2019年3月
武蔵野大学大学院看護学研究科 看護学専攻 准教授   
 
2015年4月
 - 
2019年3月
武蔵野大学看護学部 看護学科 准教授   
 
2008年11月
 - 
2015年3月
埼玉県立大学 専任講師   
 
1995年5月
 - 
1998年3月
東京女子医科大学看護短期大学 助手   
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2014年3月
千葉大学 看護学研究科 
 
2005年4月
 - 
2008年9月
千葉大学 看護学研究科 
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東海大学 医学研究科 
 
1995年4月
 - 
1997年3月
放送大学  
 
1978年4月
 - 
1981年3月
東京女子医科大学看護短期大学  
 

委員歴

 
2015年8月
 - 
現在
日本老年看護学会  学会誌査読委員
 
2011年10月
 - 
2012年
千葉看護学会  第18回学術集会企画・査読委員
 
2010年4月
 - 
2011年4月
日本看護教育学学会  第21回学術集会運営・査読委員
 
2003年8月
 - 
2006年3月
神奈川県看護学会  学術集会企画委員
 

受賞

 
2017年6月
日本認知症ケア学会, 平成29年度石﨑賞,急性期医療を担う地域中核病院における認知症高齢者の長期療養を支援する多職種連携 地域連携部門スタッフへのインタビュー調査からの考察
菊地 悦子 辻 玲子 大塚 眞理子 田中 敦子 丸山 優 須賀 夏子 國澤 尚子 木戸 宜子 鶴岡 浩樹 
 
2016年7月
日本認知症ケア学会, 平成28年度石﨑賞,開放型病床に入院した認知症高齢者の様相(第3報) 入退院の経路における歩行と排泄に関する介護度の変化
田中 敦子 丸山 優 須賀 夏子 畔上 光代 辻 玲子 菊地 悦子 國澤 尚子 木戸 宜子 鶴岡 浩樹 大塚 眞理子 
 
2016年7月
日本認知症ケア学会, 平成28年度石崎賞,開放型病床に入院した認知症高齢者の様相(第2報)内科的治療目的で自宅から入院した認知症群と非認知症群の比較
丸山 優 田中 敦子 須賀 夏子 畔上 光代 國澤 尚子 菊地 悦子 辻 玲子 木戸 宜子 鶴岡 浩樹 大塚 眞理子 
 

論文

 
 
常盤文枝   大場良子   菊地悦子   川畑貴美子   金子潔子   鈴木玲子   筑後幸恵   星野純子   
保健医療福祉科学   4 1-5   2015年3月   [査読有り]
がんサバイバーを対象としたキャンパス型緩和ケアサロンの形成過程について明らかにし、今後の課題を検討した。同意の得られた緩和サロンに参加するがんサバイバーの協力を得て、参加観察、半構成的面接を実施した。分析は、緩和サロンの形成過程について、質的帰納的に行った。結果、広報、場づくり、運営と進行、参加者の心情の4側面から検討した。参加者は、緩和ケアサロンを語りの場と認識しており、キャンパス型であることのメリットを感じていた。一方で、物理的環境や費用の面などの運営上の課題が挙げられた。
 
川畑貴美子   鈴木玲子   筑後幸恵   星野純子   常盤文枝   菊地悦子   大場良子   
保健医療福祉科学学術誌   2 45-49   2013年3月   [査読有り]
S県の医療施設で実施しているがん患者と家族に対する支援内容を分析し、在宅で療養しているがん患者と家族の支援に関する課題を明らかにすることを目的に行った調査研究。がん患者と家族に対する地域連携の体制は、地域格差と各医療施設が独自に展開している現状が明らかになった。
 
筑後幸恵   川畑貴美子   星野純子   鈴木玲子   常盤文枝   菊地悦子   金子潔子   大場良子   
保健   2 33-38   2013年2月   [査読有り]
X県においてキャンパス型在宅医療支援体制の実現を目指し、専門性の高い緩和認定看護師と協働した支援体制の可能性や支援の方向性を検討を目的として、緩和ケア認定看護師の活動の実態を調査し報告した。緩和ケア認定看護師の9割は、一般病棟に所属し、活動内容は身体的症状緩和、精神的症状緩和に関わることが多かった。大学との協働に関しては、9割が肯定的で、共同の可能性が示唆された。
 
菊地悦子   川畑貴美子   
   2010年10月   [査読有り]
埼玉県内の中小規模病院の看護管理者の学習ニーズと施設外の看護管理者との情報交換の場のニーズの調査研究。調査、結果の集計分析、報告書作成を担当した。埼玉県内の産婦人科、精神科、小児科の単科病院を除く200床未満の病院の病棟、外来を管理する看護師を対象とした質問紙調査。結果は、看護管理者は看護管理に関する学習ニーズが高く、中小規模病院を対象とした研修と看護師長間の情報共有の場の必要性を感じていた。
 
菊地悦子   谷亀光則   堺秀人   
糖尿病   44(5) 415-421   2001年5月   [査読有り]
成人期にある2型糖尿病患者が病気によって感じる負担感に関しての調査研究。勤労可能な糖尿病患者234名を対象として、治療法、ヘモグロビンA1c、合併症の有無、日常の付き合い、食事療法、運動療法、社会的因子、性格傾向など85因子と負担感に関係している因子に重みづけを行った。職業上の役職がない人、女性、年齢が低い人が、糖尿病のために他人から嫌な思いを受けたと感じやすく、社会の中で療養を行っていく上での負担感が強いことが明らかになった。<br />
東海大学大学院医学研究科修士論文として提出したも...

MISC

 
 
看護研究   48(4) 314-317   2015年7月   [招待有り]
雑誌「看護研究」の増刊号の特集記事として執筆。<br />
大学院進学の背景となる臨床経験、そして博士論文のテーマを決定する過程、博士後期課程での「学び」と困難、そして博士論文を書き終えてから考えた今後の展望などを記述した。
 
大塚眞理子   菊地悦子   梅﨑順子   阿部糸子   新井トヨ子   粕谷聡子   石川容子   木村五子   小山内富士子   
ナーシングビジネス   14(11) 38-41   2010年11月   
地域の中小規模病院における看護管理のマネジメントは、都心の大規模病院とは異なる性質を持っている。そして、中規模病院は地域住民の健康に関する拠点としての機能が求められており、そのような病院の看護管理者に必要なマネジメントについて書いた特集記事である。担当した部分は、埼玉県県内の中小規模病院の看護管理者を対象としたアンケート調査に記述されていた管理者の悩みや苦労を事例にし、解説をした。
 
月刊ナーシング   17(5) 108-113   2002年4月   
 
野副美樹   矢部弘子   竹本三重子   今井俊子   菅原とよ子   原 三紀子   東條恵美子   若狭紅子   山田信子   菊地悦子   佐藤紀子   尾岸恵三子   
東京女子医科大学看護短期大学紀要      1995年   
看護短期大学の成人看護学の2年時の教室内学習と、3年時の臨地実習の評価をするために、学生にアンケート調査を行った。教室内では、ペーパーぺイシェントを用いての身体機能の分析、臨地実習で学生の知識と体験を統合し「生活」の視点での指導が重要であると結論づけをした。
 

書籍等出版物

 
 
菊地 悦子(担当:共著)
日本看護協会出版会   2019年11月   (ISBN:9784818022188)   
 
菊地 悦子(担当:共著, 範囲:53-58、157-161、210-221)
医歯薬出版株式会社   2019年10月      
 
酒井郁子, 池永康規, 市川真, 岩佐はるみ, 大館千歳, 菊地悦子, 黒河内仙奈, 近藤浩子, 塩田美佐代, 住谷ゆかり, 友滝愛, 樋浦裕里, 深堀浩樹, 藤沼康樹, 松岡千代, 山崎千寿子(担当:共著, 範囲:Ⅱ-4(p53-58)回復期リハビリテーション看護の倫理的課題.Ⅴ-1-C(p154-161.生活機能を再建する:排泄機能の向上)3.患者の学習を支援する(p210-221.退院後の生活に焦点をあてた健康管理教育))
医歯薬出版   2019年10月      
 
酒井郁子, 松岡千代, 荒木暁子, 黒河内仙奈, 友滝愛, 菊地悦子, 小宮浩美, 深堀浩樹, 藤沼康樹, 山本武志, 菊地 悦子(担当:その他)
ミネルヴァ書房   2018年3月      
菊地悦子担当:第6章(全11章243ページ)
エビデンスは十分かp65-76
1.エビデンスの例と推奨する実践例
2.推奨する実践例:成人の末梢ラインを維持するためのヘパリンの使用
3.十分なエビデンスを判定するためのテェックリスト
 
和田玲, 阿部玲音, 蟻田富士子, 粟生田友子, 酒井郁子, 黒河内仙奈, 菊地悦子, 山口多恵, 樋浦裕里, 山崎千寿子, 堀之内貴代子, 石川ふみよ, 前嶋瑞枝, 深町やよい, 黒沢侑司, 増田恭子, 小島昌人, 齋籐由美, 藤森雪美, 中野ひとみ, 有松美佐緒, 子安浩子, 日下部瞳, 三田村英美, 齋籐圭子, 今城博子, 寺尾洋, 青田忍, 高崎良子, 渡邊則子, 芳賀紀子, 小川彰, 佐藤かおり, 鈴木亜季(担当:共著, 範囲:リハビリテーションナースとは)
Gakken 学研メディカル秀潤社   2015年9月   (ISBN:9784780911916)   
回復期のリハビリテーションにスポットをあて、リハビリテーション看護の総論、疾患別に病態・臨床像・治療やマネジメントの実際・看護ケアを記載した学習参考書である。執筆を担当したのは、リハビリテーションナースとは、のうち看護師が行う具体的な行動である「見守り」と、チームで活動し、生涯にわたって学習する、の2つのテーマに関して説明をした。

講演・口頭発表等

 
 
病棟看護師のDESIN-R測定技術の現状と課題
渡辺美栄子   松村涼子   星野亜弥   菊地悦子   
第47回日本看護学会ー慢性期看護ー学術集会   2016年11月10日   日本看護協会   
褥瘡の継続的な観察、ケア、管理を行うために看護師は、褥瘡の評価ツールを用い正確な測定を行う必要がある。評価ツールとして経過と重症度の予測が可能なDESIGN-Rがある。本研究では病棟の看護師がその正確な測定技術を習得するうえでの課題を明確にするために、病棟勤務の看護師に臨床でよく見かける褥瘡の写真で測定を行ってもらい測定結果の正しさと看護師自身が感じた困難点を明らかにした。結果、炎症/感染の判断、深さが一律でない褥瘡の測定が難しかったことがわかり、学習の必要性が明確になった。
 
認知症の人の家族介護者からみえた長期療養における専門職連携とその評価 家族介護者へのインタビュー調査を通して
須賀 夏子   大塚 眞理子   畔上 光代   辻 玲子   丸山 優   國澤 尚子   田中 敦子   菊地 悦子   鶴岡 浩樹   木戸 宜子   
第17回日本認知症ケア学会   2016年6月4日   日本認知症ケア学会   
本研究は、長期にわたる認知症の人の療養過程で専門職連携によって本人と家族が受けたケアについて家族から評価を受け、今後の連携のありかたを検討することを目的とした。認知症高齢者とその家族、合計7名のインタビューを行った。家族が語った支援は25項目であった。支援には、専門職が認知症の人と家族介護者を家族集団としてとらえて行う支援、家族介護者を専門職チームの協働メンバーとしてとらえて行った支援が含まれていた。家族が期待している連携による支援は、緊急時における高齢者の安全確保とケアの質の担保であった。
 
開放型病床に入院した認知症高齢者の様相(第3報) 入退院の経路における歩行と排泄に関する介護度の変化
田中 敦子   丸山 優   須賀 夏子   畔上 光代   辻 玲子   菊地 悦子   國澤 尚子   木戸 宜子   鶴岡 浩樹   大塚 眞理子   
第17回日本認知症ケア学会誌 2016年4月   2016年6月4日   日本認知症ケア学会   
地域包括ケアを担う開放型病床の認知症患者への看護・介護のありかたを論議するうえで基礎となる資料を得るために、開放型病床から退院した認知症高齢者215名を自宅から入院し自宅に退院した群と他病棟から入院に自宅へ退院した2群に分けて排泄・歩行の介護度の変化の調査を行った。データ収集は病院の診療録から二次データベースを作成し差の検定を行った。直接入院した群と転入群との歩行と排泄の介護度は退院時に低減もしくは不変であった。また、転入群の歩行・排泄の介護度は約半数が低減されていたが、地域の医療機関や医...
 
開放型病床に入院した認知症高齢者の様相(第2報) 内科的治療目的で自宅から入院した認知症群と非認知症群の比較
丸山 優   田中 敦子   須賀 夏子   畔上 光代   國澤 尚子   菊地 悦子   辻 玲子   木戸 宜子   鶴岡 浩樹   大塚 眞理子   
第17回日本認知症ケア学会 2016年4月   2016年6月4日   日本認知症ケア学会   
自宅から内科的治療を目的に開放型病床に入院した認知症高齢者の経過の特徴を非認知症高齢者との比較から明らかにした。対象者は、首都圏にある開放型病床に入院して退院した65歳以上の患者377人で、データ収集は診療録から年齢、性別、入院目的、全身状態の変化、認知症とBPSD、ADL等を二次データベース化した。分析にはSPSSを用いた。入院の目的は両群ともに肺炎治療が最も多かった。開放型病床で入院治療を受ける認知症高齢者は非認知症高齢者と比較して、ADLが低く医療や経済的な問題を抱え、入院が長引く傾...
 
開放型病床に入院した認知症高齢者の様相(第1報) 入退院時の状況の比較から
大塚 眞理子   田中 敦子   丸山 優   須賀 夏子   菊地 悦子   辻 玲子   畔上 光代   國澤 尚子   木戸 宜子   鶴岡 浩樹   
第17回日本認知症ケア学会   2016年6月4日   日本認知症ケア学会   
認知症高齢者の地域包括ケアにおける病院と地域の諸機関との連携強化に資するために、開放型病床に入院した認知症高齢者の入退院の状況を明らかにした。診療録から退院先、入院中のBPSDの有無、全身状態等の情報を収集し二次データベース化し分析を行った。自宅からの入院が8割強に対し、自宅退院は5割程度であった。全身状態が軽快した人が9割を超えており、病院と諸機関との連携システムとともに、提供されている医療・看護が、特養や有料老人ホーム等への短期間・安定的移行をも下支えしていることが示唆された。

所属学協会

 
 
   
 
日本認知症ケア学会
 
   
 
日本老年看護学会
 
   
 
千葉看護学会
 
   
 
日本看護科学学会
 
   
 
神奈川県看護学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
急性期病院において高齢患者に倫理的看護実践を確立する研修プログラムの開発
科学研究費補助金(学術研究助成基金):若手: 
菊地 悦子 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
回復期リハビリテーション病棟における高齢者ケアEBP実装マニュアルの開発
科学研究費補助金: 科学研究費 基盤研究費(A)
酒井郁子 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
高齢者長期ケア施設に日常倫理に基づくケアを確立する看護管理ツールの開発
科学研究費補助金(学術研究助成基金): 基盤研究(C)
菊地悦子 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月

社会貢献活動

 
 
【講師】
佼成学園女子高等学校 出前授業 2017年11月15日
 
【講師】
公益社団法人かながわ福祉サービス振興会 社会福祉施設における看護職の役割 2016年10月31日

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

その他(職務上の実績)