言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 工藤 敏之
 

工藤 敏之

 
アバター
研究者氏名工藤 敏之
 
クドウ トシユキ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位学士(星薬科大学), 修士(星薬科大学大学院), 博士(星薬科大学大学院)
J-Global ID201701007072398063

研究キーワード

 
薬物動態・代謝学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 講師   
 
2010年4月
 - 
2015年3月
武蔵野大学薬学部 薬学科 助教   
 
2010年4月
 - 
2015年3月
武蔵野大学大学院 薬学研究科 助教   
 
2010年4月
 - 
2015年3月
武蔵野大学 薬学部 助教   
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
星薬科大学大学院  
 
2005年4月
 - 
2007年3月
星薬科大学大学院  
 
2001年4月
 - 
2005年3月
星薬科大学 薬学部 
 
 
 - 
2001年3月
私立市川高等学校  
 

受賞

 
2014年1月
Drug Metabolism Division of ASPET, James R. Gillette Drug Metabolism Best Paper of 2013,Analysis of the Repaglinide Concentration Increase Produced by Gemfibrozil and Itraconazole Based on the Inhibition of the Hepatic Uptake Transporter and Metabolic Enzymes
Toshiyuki Kudo Akihiro Hisaka Yuichi Sugiyama Kiyomi Ito 
 
2007年9月
第24回和漢医薬学会大会 優秀発表賞 受賞
 

論文

 
 
Keiichi Morita   Motohiro Kato   Toshiyuki Kudo   Kiyomi Ito   
Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems   50(9) 1064-1075   2020年9月   [査読有り]
In vitro-in vivo extrapolation (IVIVE) using human liver microsomes has been widely used to predict metabolic clearance, but some of the factors used in the process of prediction show variability for the same compound: notably, microsomal intrinsi...
 
Yoshiaki Yokoyama   Naoto Hosokawa   Toshiyuki Kudo   Hitomi Goda   Kiyomi Ito   Masanori Suzuki   Ryohkan Funakoshi   
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   26(3) 285-288   2020年3月   [査読有り]
Ceftriaxone (CTRX) is a third-generation cephalosporin commonly used to treat infections such as community-acquired pneumonia and urinary tract infections caused by mainly Gram-negative bacteria and some Gram-positive bacteria. Here, we report a c...
 
Takeshi Yoshimi   Yoshiaki Yamagishi   Issei Kanegawa   Megumi Suda   Rei Saiki   Ken-Ichiro Tanaka   Hitomi Goda   Toshiyuki Kudo   Kiyomi Ito   
Nutrients   11(12)    2019年12月   [査読有り]
We investigated the effects of enteral nutrition formula on non-steroidal anti-inflammatory drug (NSAID)-induced gastric lesions in mice. Male ICR mice aged 7-9 weeks old were fasted, then orally given either purified water, Mermed® One, or 2-fold...
 
Tomohisa Nakada   Toshiyuki Kudo   Toshiyuki Kume   Hiroyuki Kusuhara   Kiyomi Ito   
Drug metabolism and pharmacokinetics   34(4) 233-238   2019年8月   [査読有り]
Creatinine is excreted into urine by glomerular filtration and renal tubular secretion through drug transporters such as organic anion transporter 2 (OAT2), organic cation transporter 2 (OCT2), OCT3, multidrug and toxin extrusion protein 1 (MATE1)...
 
Ryohkan Funakoshi   Yukana Tomoda   Toshiyuki Kudo   Kenichi Furihata   Hiroyuki Kusuhara   Kiyomi Ito   
British journal of clinical pharmacology   85(7) 1454-1463   2019年7月   [査読有り]
AIMS: Vonoprazan, a new class of potassium-competitive proton pump inhibitors has been found to attenuate the antiplatelet function of clopidogrel in a recent clinical study, despite weak in vitro activity against CYP2C19. To elucidate the mechani...

MISC

 
 
Toshiyuki Kudo   Yuya Ozaki   Eri Hotta   Aya Matsubara   Kiyomi Ito   
DRUG METABOLISM REVIEWS   47 193-194   2015年11月   
 
Toshiyuki Kudo   Akihiro Hisaka   Yuchi Sugiyama   Kiyomi Ito   
FASEB JOURNAL   28(1)    2014年4月   
 
 
工藤 敏之   嶋田 努   五十嵐 信智   伊藤 清美   油田 正樹   杉山 清   
日本薬物動態学会年会講演要旨集   23(0) 201-201   2008年   

書籍等出版物

 
 
工藤敏之, 伊藤清美(担当:共著, 範囲:糖尿病の薬物治療 薬物相互作用)
株式会社じほう   2017年11月      
 
山岸喜彰, 工藤敏之, 伊藤清美(範囲:薬効別にみた薬物動態と臨床でのポイント 糖尿病治療薬)
株式会社じほう   2017年10月      
 
工藤敏之, 伊藤清美(担当:共著, 範囲:代謝酵素の基質同士を併用した場合,臨床上DDIは問題になりますか?)
南山堂   2016年7月      
 
工藤敏之, 伊藤清美(担当:共著, 範囲:薬物代謝実験法 ミクロソームを用いたシトクロムP450 (CYP) 活性の測定)
株式会社南江堂   2014年4月      
Cytochrome P450代謝試験の原理・方法・実践例について記した。(印刷中)
 
工藤敏之, 伊藤清美, 杉山雄一(担当:共著)
株式会社じほう   2012年      
生体内に存在する種々の薬物トランスポーターについて概説すると共に、それらの関与する薬物間相互作用について記した。

講演・口頭発表等

 
 
抗てんかん薬の薬物相互作用(バルプロ酸-ラモトリギン)の生理学的薬物速度論モデル解析
工藤敏之   荻原将人   中村敏明   伊藤清美   
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム   2016年6月   
 
Repaglinide代謝におけるCYP2C8の寄与率に及ぼす緩衝液条件の影響
横須賀友希   吉原早映   左田野光代   合田ひとみ   工藤敏之   伊藤清美   
日本薬剤学会第31年会   2016年5月   
 
メトロニダゾール併用によるブスルファンの血中濃度上昇メカニズムの検討
櫻庭瑛   山口翔平   工藤敏之   伊藤清美   
日本薬学会第136年会   2016年3月   
 
トリアゾラムおよびパクリタキセルのミクロソーム結合に及ぼす緩衝液の種類および濃度の影響
東川汀   河合柚佳里   草野友見   合田ひとみ   工藤敏之   伊藤清美   
日本薬学会第136年会   2016年3月   
 
ケトコナゾールおよびモンテルカストのCYP3A4およびCYP2C8阻害活性に及ぼす緩衝液の種類および濃度の影響
横須賀友希   藤原里紗   合田ひとみ   工藤敏之   伊藤清美   
日本薬学会第136年会   2016年3月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
医療薬学実験実習3 (武蔵野大学)
 
   
 
薬物動態学実習 (武蔵野大学)

資格・免許