言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 工藤 敏之
 

工藤 敏之

 
アバター
研究者氏名工藤 敏之
 
クドウ トシユキ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位学士(星薬科大学), 修士(星薬科大学大学院), 博士(星薬科大学大学院)
J-Global ID201701007072398063

研究キーワード

 
薬物動態・代謝学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 講師   
 
2010年4月
 - 
2015年3月
武蔵野大学薬学部 薬学科 助教   
 
2010年4月
 - 
2015年3月
武蔵野大学大学院 薬学研究科 助教   
 
2010年4月
 - 
2015年3月
武蔵野大学 薬学部 助教   
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
星薬科大学大学院  
 
2005年4月
 - 
2007年3月
星薬科大学大学院  
 
2001年4月
 - 
2005年3月
星薬科大学 薬学部 
 
 
 - 
2001年3月
私立市川高等学校  
 

受賞

 
2014年1月
Drug Metabolism Division of ASPET, James R. Gillette Drug Metabolism Best Paper of 2013,Analysis of the Repaglinide Concentration Increase Produced by Gemfibrozil and Itraconazole Based on the Inhibition of the Hepatic Uptake Transporter and Metabolic Enzymes
Toshiyuki Kudo Akihiro Hisaka Yuichi Sugiyama Kiyomi Ito 
 
2007年9月
第24回和漢医薬学会大会 優秀発表賞 受賞
 

論文

 
 
Tomohisa Nakada   Toshiyuki Kudo   Toshiyuki Kume   Hiroyuki Kusuhara   Kiyomi Ito   
Drug metabolism and pharmacokinetics   33(1) 103-110   2018年2月   [査読有り]
Serum creatinine (SCr) levels rise during trimethoprim therapy for infectious diseases. This study aimed to investigate whether the elevation of SCr can be quantitatively explained using a physiologically-based pharmacokinetic (PBPK) model incorpo...
 
Toshiyuki Kudo   Hitomi Goda   Yuki Yokosuka   Ryo Tanaka   Seina Komatsu   Kiyomi Ito   
Journal of pharmaceutical sciences   106(9) 2847-2852   2017年9月   [査読有り]
We have previously reported that the microsomal activities of CYP2C8 and CYP3A4 largely depend on the buffer condition used in in vitro metabolic studies, with different patterns observed between the 2 isozymes. In the present study, therefore, th...
 
Toshiyuki Kudo   Yuya Ozaki   Tomomi Kusano   Eri Hotta   Yuka Oya   Seina Komatsu   Hitomi Goda   Kiyomi Ito   
Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems   46(3) 241-6   2016年   [査読有り]
1. Buffer conditions in in vitro metabolism studies using human liver microsomes (HLM) have been reported to affect the metabolic activities of several cytochrome P450 (CYP) isozymes in different ways, although there are no reports about the depen...
 
Kazuhisa Ozeki   Motohiro Kato   Yuuji Sakurai   Masaki Ishigai   Toshiyuki Kudo   Kiyomi Ito   
International journal of pharmaceutics   495(2) 963-71   2015年11月   [査読有り]
In a transcellular transport study, the apparent permeability coefficient (Papp) of a compound is evaluated using the range by which the amount of compound accumulated on the receiver side is assumed to be proportional to time. However, the time p...
 
Toshiyuki Kudo   Yumiko Endo   Rina Taguchi   Masami Yatsu   Kiyomi Ito   
Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems   45(5) 413-9   2015年5月   [査読有り]
1. Blood levels of S-warfarin have been reported to be increased by concomitant administration of metronidazole (MTZ), an antiprotozoal imidazole derivative. 2. To elucidate the mechanism of this interaction and to identify other possible drug-dru...

MISC

 
 
Toshiyuki Kudo   Yuya Ozaki   Eri Hotta   Aya Matsubara   Kiyomi Ito   
DRUG METABOLISM REVIEWS   47 193-194   2015年11月   
 
Toshiyuki Kudo   Akihiro Hisaka   Yuchi Sugiyama   Kiyomi Ito   
FASEB JOURNAL   28(1)    2014年4月   
 
 
工藤 敏之   嶋田 努   五十嵐 信智   伊藤 清美   油田 正樹   杉山 清   
日本薬物動態学会年会講演要旨集   23(0) 201-201   2008年   

書籍等出版物

 
 
工藤敏之, 伊藤清美(担当:共著, 範囲:糖尿病の薬物治療 薬物相互作用)
株式会社じほう   2017年11月      
 
山岸喜彰, 工藤敏之, 伊藤清美(範囲:薬効別にみた薬物動態と臨床でのポイント 糖尿病治療薬)
株式会社じほう   2017年10月      
 
工藤敏之, 伊藤清美(担当:共著, 範囲:代謝酵素の基質同士を併用した場合,臨床上DDIは問題になりますか?)
南山堂   2016年7月      
 
工藤敏之, 伊藤清美(担当:共著, 範囲:薬物代謝実験法 ミクロソームを用いたシトクロムP450 (CYP) 活性の測定)
株式会社南江堂   2014年4月      
Cytochrome P450代謝試験の原理・方法・実践例について記した。(印刷中)
 
工藤敏之, 伊藤清美, 杉山雄一(担当:共著)
株式会社じほう   2012年      
生体内に存在する種々の薬物トランスポーターについて概説すると共に、それらの関与する薬物間相互作用について記した。

講演・口頭発表等

 
 
肥満マウスにおけるプロポフォールの体内動態及び麻酔効果の検討
森本夏帆   曽我亜未   合田ひとみ   山岸喜彰   工藤敏之   伊藤清美   
日本薬学会第138年会   2018年3月   
 
メンケス病治療薬候補としての CuGTSM のマウスにおける体内動態の検討
阪本優介   大弓将史   合田ひとみ   山岸喜彰   高橋秀依   深水啓朗   工藤敏之   伊藤清美   
日本薬学会第138年会   2018年3月   
 
5-フルオロウラシルの体内動態および代謝酵素発現に及ぼすメトロニダゾールの影響
山岸喜彰   前川遥   荻野晃大   金川一成   合田ひとみ   吉見猛   工藤敏之   伊藤清美   
第27回日本医療薬学会年会   2017年11月   
 
生理学的薬物速度論モデルに基づく薬物相互作用の定量的予測-レパグリニドを例に-
工藤敏之   伊藤清美   
第27回日本医療薬学会年会   2017年11月   
 
糖尿病性足潰瘍患者におけるバンコマイシンの創傷部浸潤液中濃度
熊谷有美   堀井剛史   小島可寿子   山岸喜彰   工藤敏之   伊藤清美   
第6回日本くすりと糖尿病学会学術集会   2017年9月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
医療薬学実験実習3 (武蔵野大学)
 
   
 
薬物動態学実習 (武蔵野大学)

資格・免許