言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 小髙 真美
 

小髙 真美

 
アバター
研究者氏名小髙 真美
 
コダカ マナミ
URL
所属武蔵野大学
部署人間科学部 社会福祉学科
職名准教授
学位博士(社会福祉学)(ルーテル学院大学), 修士(理学)(コロンビア大学)
科研費研究者番号60329886
J-Global ID201701019332621720

研究キーワード

 
ソーシャルワーク ,自殺予防 ,精神保健

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会福祉学 / 

経歴

 
 
   
 
上智大学 グリーフケア研究所 研究員 
 
 
   
 
国立精神・神経センター精神保健研究所  研究員 
 
 
   
 
愛知みずほ大学 人間科学部人間科学科人間福祉コース 専任講師 
 
 
   
 
グールド・ファーム  支援スタッフ 
 

学歴

 
 
   
 
ルーテル学院大学大学院 総合人間学研究科 社会福祉学専攻博士課程修了 
 
 
   
 
Columbia University School of Social Work 
 
 
   
 
Smith College  
 
 
   
 
Cottey College  
 

委員歴

 
2021年9月
 - 
現在
日本保健福祉学会  幹事
 
2021年7月
 - 
現在
一般社団法人 自殺予防と自死遺族支援・調査研究研修センター  理事
 
2021年6月
 - 
現在
小金井市精神保健福祉連絡協議会座長
 
2020年10月
 - 
現在
調布市障害支援区分判定審査委員会委員長
 
2020年4月
 - 
現在
東京都  自殺総合対策東京会議 重点施策部会及び計画評価部会
 

受賞

 
2020年10月
日本保健福祉学会, 第33回日本保健福祉学会学術集会 優秀演題賞,若年層の自殺リスクを評価するためのツール開発研究:Ask Suicide-Screening Questions (ASQ)日本語版の実施可能性
小髙真美 永光信一郎 Jordan DeVylder 
 
2012年3月
日本社会精神医学会, 第31回日本社会精神医学会 優秀発表賞
 

論文

 
 
小高 真美   引土 絵未   高井 美智子   岡田 澄恵   渡辺 恭江   福島 喜代子   稲垣 正俊   山田 光彦   竹島 正   松本 俊彦   
自殺予防と危機介入   37(2) 25-34   2017年11月   [査読有り]
ソーシャルワーカーは、あらゆる実践領域で自殺ハイリスク者と関わる可能性が高い。ゆえに自殺ハイリスク者支援に備えるための教育は、ソーシャルワーカー養成課程の段階から積極的に導入すべきである。本研究では、そのための教育プログラムとして、『ソーシャルワーカーにできる自殺予防』を開発し、その実施可能性と効果の予備的検討を行った。その結果、同プログラムには、一定程度の実施可能性があることが示唆された。今後はプログラムの更なる効果検討に加え、プログラムの普及に向けた、プログラム教授法の提案や実施マニュ...
 
Manami Kodaka   Toshihiko Matsumoto   Michiko Takai   Takashi Yamauchi   Shizuka Kawamoto   Minako Kikuchi   Hisateru Tachimori   Yotaro Katsumata   Norihito Shirakawa   Tadashi Takeshima   
Asian Journal of Psychiatry   27 123-126   2017年6月   [査読有り]
This case-control psychological autopsy study explored suicide risk factors among Japanese individuals. We targeted 102 suicide completers over 20 years of age and 334 living controls matched to suicide cases by gender, age, and residential munici...
 
Fukushima K   Kodaka M   Suzuki A   
Japanese Journal of Social Welfare   57 11-19   2017年5月   [査読有り]
 
Manami Kodaka   Toshihiko Matsumoto   Takashi Yamauchi   Michiko Takai   Norihito Shirakawa   Tadashi Takeshima   
PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES   71(4) 271-279   2017年4月   [査読有り]
AimAlthough the female suicide rate in Japan is one of the highest among OECD countries, little has been done to assess the psychosocial and psychiatric characteristics of Japanese female suicide completers. This study aimed to examine sex differe...
 
小高真美   松本俊彦   高井美智子   山内貴史   白川教人   竹島正   
精神科治療学   31 1477-1485   2016年11月   [査読有り]

MISC

 
 
 
引土絵未   秋元恵一郎   大吉努   加藤隆   栗栖次郎   栗坪千明   小高真美   嶋根卓也   山村りつ   吉野美樹   
厚生労働科学研究費補助金(障害者政策総合研究事業)「再犯防止推進計画における薬物依存症者の地域支援を推進するための政策研究」研究分担報告書      2021年3月
 
小高真美,川崎市健康福祉局   
   2021年3月
 
小髙真美   
第49回 2018三菱財団研究・事業報告書   108   2019年8月   
 
小髙真美   
地方自治体等における自殺予防のためのゲートキーパー研修を科学的に評価するためのツールキットの開発研究報告書      2019年3月   

書籍等出版物

 
 
小高真美, 川野健治, 田村満子, 小石誠二, 三浦直子, 日本社会福祉士会(担当:編集, 範囲:編集,はじめに,第2章,第7章-2)
ミネルヴァ書房   2021年10月   
 
 
へるす出版   2019年10月      
 
 

講演・口頭発表等

 
 
Development and preliminary implementation of an exercise program for Japanese undergraduate social work students to improve communication skills with suicidal clients
Manami Kodaka   Eunhye Oh   Michiko Takai   Aoi Suzuki   Emi Hikitsuchi   Yasushi Ohtaka   Chiyuki Nishida   
2021 IASR/AFSP International Summit on Suicide Research   2021年10月   
 
ソーシャルワーカーにできる自殺予防
小高真美   
キャンパスソーシャルワークネットワーク全国研修会   2021年10月2日   [招待有り]
 
Development of a standardized suicide prevention gatekeeper training program and evaluation of its feasibility
Kodaka Manami   Michiko Takai   Tachimori Hisateru   Tachikawa Hirokazu   Masaki Naoko   Takahashi Asumi   Takeshima Tadashi   
International Association for Suicide Prevention 31st World Congress   2021年9月   
 
自殺危機初期介入スキルワークショップ リーダー養成研修
福島喜代子   岡田澄江   小高真美   
自殺危機初期介入スキルワークショップ研究会   2021年9月13日   [招待有り]
 
あなたの地域で自殺予防活動を広めよう
小高真美   東京社会福祉士会自殺予防ソーシャルワーク委員会   
東京社会福祉士会自殺予防ソーシャルワーク委員会研修   2021年9月5日   

担当経験のある科目(授業)

 
2021年4月
   
 
プログラムエバリュエーション特論 (武蔵野大学大学院)
 
   
 
社会福祉専門ゼミナール (武蔵野大学)
 
   
 
社会福祉基礎ゼミナール (武蔵野大学)
 
   
 
相談援助の理論と方法2 (武蔵野大学)
 
   
 
ソーシャルワーク理論研究 (武蔵野大学大学院)

所属学協会

 
 
   
 
日本保健福祉学会
 
   
 
日本家族療法学会
 
   
 
日本社会福祉学会
 
   
 
日本自殺予防学会
 
   
 
日本社会精神医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
薬物依存症者の就労支援に関する研究(研究代表者:松本俊彦)依存症対策全国拠点機関設置運営事業における依存症に関する調査研究事業
引土絵未 嶋根卓也 小高真美 秋元恵一郎 加藤隆 栗坪千明 山村りつ 吉野美樹 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
薬物依存症者への就労支援のあり方に関する研究(「再犯防止推進計画における薬物依存症者の地域支援を推進するための政策研究」(研究代表者:松本俊彦)分担研究)厚生労働科学研究費補助金(障害者政策総合研究事業)
引土絵未 秋元恵一郎 大吉努 加藤隆 栗栖次郎 栗坪千明 小高真美 嶋根卓也 山村りつ 吉野美樹 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2021年6月 - 2022年2月
 

学術貢献活動

 
 
査読
 2021年6月15日
 
査読
 2020年12月24日
 
査読
 2020年8月17日
 
査読
 2020年1月17日
 
査読
 2019年4月26日