言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 重久 浩樹
 

重久 浩樹

 
アバター
研究者氏名重久 浩樹
 
シゲヒサ ヒロキ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位博士(薬学)(星薬科大学)
科研費研究者番号60612471
ORCID ID0000-0003-3034-1159
J-Global ID201701002733402354

研究キーワード

 
Organic chemistry ,有機化学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 講師   
 
2011年4月
 - 
2016年3月
武蔵野大学薬学部 薬学科 助教   
 
2010年4月
 - 
2011年3月
株式会社インテリム 研究開発部 研究員   
 
2008年4月
 - 
2010年2月
スクリプス研究所(米国) 研究員   
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2008年3月
星薬科大学 薬学系研究科 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
安全衛生委員会
 

受賞

 
2017年3月
日本薬学会, 日本薬学会奨励賞
 
2017年1月
Thieme, Thieme Chemistry Journals Award
 
2013年12月
有機合成化学協会, 有機合成化学協会 武田薬品工業研究企画賞
 
2008年4月
上原記念生命科学財団海外留学助成ポストドクトラルフェローシップ
 

論文

 
 
Hiroki Shigehisa   Toshio Honda   
Heterocycles   75(5) 1233-1239   2008年5月   [査読有り]
8',9'-Dimethoxy-1',5',6',10b'-tetrahydro-4H-spiro(cyclohexa-2,5-diene-1,2'-pyrrolo[2,1-a]isoquinoline)-3',4-dione 2 with a basic skeleton of a natural product, annnosqualine, exhibited unique behavior in a dienone-phenol rearrangement. Treatment o...
 
Hiroki Shigehisa   Jun Takayama   Toshio Honda   
Tetrahedron Letters   47(41) 7301-7306   2006年10月   [査読有り]
The first total synthesis of a spiro-isoquinoline alkaloid, (±)-annosqualine, was established by employing an enamide-phenol coupling of a 1-methylene-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline derivative with a hypervalent iodine reagent, where the formation...
 
Toshio Honda   Hiroki Shigehisa   
Organic Letters   8(4) 657-659   2006年2月   [査読有り]
A novel synthetic path to proaporphine alkaloids was established by employing aromatic oxidation with a hypervalent iodine reagent, where an unprecedented carbon-carbon bond forming reaction between the para-position of a phenol group and an enami...
 
Hiroki Shigehisa   Takashi Mizutani   Shin Ya Tosaki   Takashi Ohshima   Masakatsu Shibasaki   
Tetrahedron   61(21) 5057-5065   2005年5月   [査読有り]
A catalytic process for the synthesis of optically active C4-substituted tetrahydroindandiones using an asymmetric intramolecular aldol condensation reaction was developed. When 30 mol% of phenylalanine and 50 mol% of pyridinium p-toluenesulfonate...

講演・口頭発表等

 
 
MHAT/RPCを基盤にした複素環合成
重久浩樹   
第65回日本薬学会関東支部大会   2021年9月11日   
 
TM-HAT/RPC機構を基盤にした環状グアニジン合成
大内 俊哉   小山 寛貴   重久 浩樹   
日本薬学会第141年会(広島)   2021年3月28日   
 
TM-HAT/RPC機構を基盤にした環状ウレアおよびイソウレア合成
三股 奈央   長井 拓哉   寺田 吉宏   廣谷 功   重久 浩樹   
日本薬学会 第140年会   2020年3月26日   
 
アルケニルチオエステルの分子内ヒドロチオ化反応 (2) :基質適用範囲の拡大
館 志織   小山 寛貴   瀬部 謹儀   廣谷 功   重久 浩樹   
日本薬学会 第140年会   2020年3月26日   
 
アルケニルチオエステルの分子内ヒドロチオ化反応 (1):チオエステルの求核性
濱崎 健生   砂川 夏蓮   館 志織   廣谷 功   重久 浩樹   
日本薬学会 第140年会   2020年3月26日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
医薬品化学・合成化学実習 (武蔵野大学薬学部)

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ化学会
 
   
 
日本化学会
 
   
 
有機合成化学協会
 
   
 
日本薬学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
4員環構造の構築と導入を指向した高反応性かつ高立体選択的触媒反応の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
重久 浩樹 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
コバルトヒドリドを利用したオレフィンのヒドロ官能基化反応における網羅的不斉化検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
重久 浩樹 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
研究期間: 2018年4月
 
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月

資格・免許