言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 石橋 直樹
 

石橋 直樹

 
アバター
研究者氏名石橋 直樹
 
イシバシ ナオキ
URL
所属武蔵野大学
部署データサイエンス学部データサイエンス学科
職名教授
学位博士(政策・メディア)(慶應義塾大学)
J-Global ID200901077997411324

研究分野

 
  • 情報通信 / データベース / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学 データサイエンス学部 教授 
 
2005年4月
 - 
現在
株式会社Governance Design Laboratory  代表取締役 
 
2007年4月
 - 
2020年3月
駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部 グローバル・メディア学科 講師   
 
2001年4月
 - 
2007年3月
明治学院大学 国際学部 非常勤講師 
 
2002年4月
 - 
2004年3月
慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別研究教員(助手) 
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2002年3月
慶應義塾大学 政策・メディア研究科 博士課程
 
1996年4月
 - 
1998年3月
慶應義塾大学 政策・メディア研究科 修士課程
 
1992年4月
 - 
1996年3月
慶應義塾大学 総合政策学部 
 

論文

 
 
 
石橋 直樹   清木 康   
日本データベース学会Letters   Vol.2(No.4) 34-37   2004年3月   [査読有り]
 
Naoki Ishibashi   Yasushi Kiyoki   
IEEE International Symposium on Applications and the Internet(SAINT 2004)   515-522   2004年1月   [査読有り]
 
石橋 直樹   清木 康   中神 康裕   佐藤 聡   
日本データベース学会Letters   Vol.2(No.2) 61-64   2003年1月   [査読有り]
 
石橋 直樹   細川 宜秀   清木 康   
情報処理学会論文誌 データベース   Vol.43(No.SIG2(TOD13)) 128-145   2002年3月   [査読有り]

MISC

 
 
吉田尚史   松原大悟   石橋直樹   斎藤信男   石川憲洋   竹井光   堀口賞一   
研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2011(11) 1-8   2011年8月
本稿では,携帯電話による健康管理サービスとそのユーザビリティ評価について報告する.第一に,携帯電話による健康管理サービスの実現に不可欠なBluetoothペアリングについて,複数のペアリング方法を36名の利用者が利用した際のユーザビリティ評価について述べる.第二に,体重計,血圧計,歩数計の3種の健康機器,および,携帯電話を用いた健康管理サービスについて,健康機器と携帯電話間の通信方法に関するユーザビリティ評価を,10代から70代までの34名を対象として行った.健康管理サービスにおけるユーザ...
 
石橋 直樹   清木 康   中神 康裕   佐藤 聡   
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   2003(71) 529-534   2003年7月
高域ネットワークに散在する未知楽曲を対象とした検索を実現するために 楽曲の与える印象を表すメタデータの抽出方式を提案する. 提案方式は 個々の楽器に対応する音符列から 印象を表す形容詞群 および それらと個々の音符列の相関量を動的に抽出し また 音符列毎の印象を合成することで 楽曲のメタデータとして動的に定義する. 本論文では 実現システムを用いて 提案方式の実現可能性 および 有効性を示すFor music data on the global area network, we prop...
 
石橋 直樹   清木 康   中神 康裕   佐藤 聡   
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   103(191) 265-270   2003年7月
高域ネットワークに散在する未知楽曲を対象とした検索を実現するために,楽曲の与える印象を表すメタデータの抽出方式を提案する.提案方式は,個々の楽器に対応する音符列から,印象を表す形容詞群,および,それらと個々の音符列の相関量を動的に抽出し,また,音符列毎の印象を合成することで,楽曲のメタデータとして動的に定義する.本論文では,実現システムを用いて,提案方式の実現可能性,および,有効性を示す.
 
石橋 直樹   清木 康   
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   2002(67) 535-540   2002年7月
日々増加する高域ネットワーク上の音楽データを対象とした検索方式として メロディを入力として用いた直接的な検索方式 また 曲名 作曲者名等といった楽曲情報を用いた検索方式などが提案されている. これらの方式は それぞれ 既聴楽曲の検索 または 既知の楽曲情報を用いた検索を実現する方法論として有効だが 高域ネットワークにおいて急増する未知の楽曲を対象とした検索の実現は困難である. これら未知の楽曲を対象とした検索において 楽曲の与える印象に応じた検索等 楽曲と利用者の主観を結びつける検索方式の...
 
石橋 直樹   清木 康   
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   102(209) 129-134   2002年7月
日々増加する高域ネットワーク上の音楽データを対象とした検索方式として,メロディを入力として用いた直接的な検索方式,また,曲名,作曲者名等といった楽曲情報を用いた検索方式などが提案されている.これらの方式は,それぞれ,既聴楽曲の検索,または,既知の楽曲情報を用いた検索を実現する方法論として有効だが,高域ネットワークにおいて急増する未知の楽曲を対象とした検索の実現は困難である.これら未知の楽曲を対象とした検索において,楽曲の与える印象に応じた検索等,楽曲と利用者の主観を結びつける検索方式の実現...

講演・口頭発表等

 
 
石橋直樹   
INTERNATIONAL ELECTRONICS SYMPOSIUM 2022   2022年8月10日   [招待有り]
 
佐藤優子   石橋直樹   吉田尚史   
第5回ソーシャルコンピューティングシンポジウム (SoC2014)   2014年6月   
電子情報通信学会技術研究報告, DE2014-12, pp.45-48.
 
小野江望   石橋直樹   吉田尚史   
第5回ソーシャルコンピューティングシンポジウム (SoC2014)   2014年6月   
電子情報通信学会技術研究報告, DE2014-2, pp.7-9.
 
石橋 直樹   清木 康   中神 康裕   佐藤 聡   
第131回 データベースシステム研究発表会   2003年7月   
情報処理学会研究報告, 2003-DBS-131-71, pp.529--534.
 
Naoki Ishibashi   Yoshihide Hosokawa   Yasushi Kiyoki   
IASTED International Conference, APPLIED INFORMATICS (AI 2001)   2001年2月   
国際会議論文。pp.323--330.

担当経験のある科目(授業)

 
2021年4月
 - 
現在
データサイエンス・ビジネスデザイン特論 (武蔵野大学)
2021年4月
 - 
現在
時空間データベース (武蔵野大学)
2020年4月
 - 
現在
グリーンエコノミー基礎 (武蔵野大学)
2012年4月
 - 
2020年3月
グローバル情報イノベーション論 (駒澤大学)
2007年4月
 - 
2020年3月
技術とメディア (駒澤大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本データベース学会
 
   
 
情報処理学会
 
   
 
IEEE
 
   
 
ACM

Works(作品等)

 
 
株式会社Governance Design Laboratory   
2007年   Web Service
 
株式会社Governance Design Laboratory   
2006年   Web Service
 
株式会社Governance Design Laboratory   
2005年   Web Service

社会貢献活動

 
 
【講師,助言・指導】
東芝国際交流財団 2019年12月22日 - 2019年12月29日
 
【講師,助言・指導】
東芝国際交流財団 2019年3月20日 - 2019年3月27日
 
【講師,助言・指導】
東芝国際交流財団 2017年12月22日 - 2017年12月29日
 
【講師,助言・指導】
東芝国際交流財団 2017年3月20日 - 2017年3月27日
 
【講師,助言・指導】
東芝国際交流財団 2015年12月19日 - 2015年12月26日