言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 榎田 二三子
 

榎田 二三子

 
アバター
研究者氏名榎田 二三子
 
エノキタ フミコ
所属武蔵野大学
部署教育学部 幼児教育学科
職名教授
学位学士(お茶の水女子大学), 修士(明星大学通信制大学院)

研究キーワード

 
保育学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育学 / 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
武蔵野大学教育学部 児童教育学科 教授
 
2011年4月
 - 
2012年3月
武蔵野大学教育学部 児童教育学科 准教授
 
2007年4月
 - 
2011年3月
武蔵野大学 人間関係学部児童学科(学科名称変更) 准教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
武蔵野大学 人間関係学部保育学科 助教授・准教授
 
2003年4月
 - 
2006年3月
武蔵野大学 人間関係学部保育学科 専任講師
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2001年3月
明星大学通信制大学院 人文学研究科 
 
1974年4月
 - 
1978年3月
お茶の水女子大学 家政学部 
 

委員歴

 
2019年5月
 - 
現在
江東区こども・子育て会議  副会長
 
2017年7月
 - 
現在
公益財団法人 武蔵野市子ども協会  理事
 
2016年4月
 - 
現在
社会福祉法人 至誠学舎東京  理事
 
2015年12月
 - 
現在
武蔵野市リスクマネジメント委員会  委員
 
2011年3月
 - 
現在
世界幼児保育教育機構日本委員会  常任理事
 

受賞

 
1997年5月
「親たちは語る」(共編)日本保育学会保育学文献賞受賞
 

論文

 
榎田 二三子
武蔵野教育學論集   (6) 1-7   2019年3月
日光恵利, 榎田 二三子
武蔵野教育学論集   (4) 1-8   2018年3月
大戸美也子, 大西道子, 江波諄子, 榎田二三子, 義永睦子, 星信子, 鈴木眞廣, 大伴栄子, 加藤いづみ, 元良美佐子, Berger 有希子, Porter 法子
P81~P91P117~P124   2008年2月
子育て支援において親参加型活動を実施している保育所4ヶ所、幼稚園4ヶ所、子育て支援センター4ヶ所、ドイツの家族センター1ヶ所、アメリカの保育者養成プロジェクト1ヶ所について、その活動の実態をドキュメンティションの方法で報告した。施設のタイプ別に、方針・内容・方法などを分析した結果、基本として、「受け止め、切り返すことの重要性」、「波紋効果の重要性」、「子どもがいる中での活動展開の重要性」、「事務能力の開発」、「ドキュメント作りの重要性」が明らかになった。
諏訪きぬ, 強矢秀夫, 佐藤洋子, 野島康子, 榎田二三子
保育学研究   第42巻(第2号) P158-P167   2004年12月   [査読有り]
日本保育学会2002年度公募研究「幼保一元化・一体化をめぐる諸問題」において課題研究として採択され、研究助成を受けた論文である。保育者や子どもを託している保護者は、幼稚園と保育所についてどのように受け止めているのかという問題意識のもと、調査を実施した。その結果、保護者と保育者の間で、2施設についての意識が異なった。保護者においては、2施設についてのイメージの差がなく、保育者においては、幼稚園は教育機関、保育園は家庭に代わって養護する場という制度的色が濃く反映していた。<br />
(共同研...

MISC

 
婦人之友 乳幼児だより 2011年5月号      2011年5月
入園してしばらく泣いていた子どもも、自分の心と格闘し、大人の励ましや期待を感じながら乗り越えていく。子どもは集団の中で頑張って生活しているためくたびれ、家庭では甘える。甘えることで元気になり、また次の日一人で歩んでいく。支えてもらい、元気になり立ち直る体験は、人生を生きる礎となる。(2頁)
婦人之友 乳幼児だより 2011年3月号      2011年3月
幼稚園や保育園入園をまじかに控えた子どもは、楽しみにしている反面、不安も抱え揺れることがある。自分の気持ちを言葉でうまく表せないため、機嫌が悪くなることもある。集団生活で困らないようにと身支度など練習させるとさらに緊張が高まるので、やりたいという子どもの気持ちをたらえ、できたという自信を持てるようにしたい。困難は成長のときである。(2頁)
婦人之友 乳幼児だより 2010年12月号      2010年12月
現在地球規模で持続可能な開発が問われている。教育界では、そのための教育が論議されているが、子どもが価値観を育み、行動の仕方を身につける時期である幼児期が重要である。この時期は、野性の心を発揮し無駄を体験してこそ、社会の中で生きることを理解していくため、性急に求めすぎないことである。そしてまず、大人が利便性を求めた生活を改め、次世代へ環境という贈り物を残していこうと伝えた。
婦人之友 乳幼児だより 2010年10月号      2010年10月
近年子どもが母乳を卒業する時期が遅い親子が散見される。おっぱいは子どもにとって心の栄養であると考えているようだが、子どもが育つ時期にはそれぞれなすべきことがある。卒乳できなくて食事が進まなかったり、くじけたときにおっぱいで紛らわすなどマイナスもあることを伝え、母親にとっては至福の時であるが、思いきることが必要であること、おっぱいでない方法で愛していることを伝えて方法を見つけることが、子離れしていくプロセスである子育てでは必要であることを示唆した。
婦人之友 乳幼児だより 2010年6月号      2010年6月
1~2歳の子どもは、生活の中でやってよいことといけないことを区別し、自分の行動をコントロールする力を習得する過程にある。しだいに理解するようになると、自分の思いを強く主張するようになる。大人の都合だけを伝えても子どもは動かないが、子どもの世界を共有することで、大人の思いを受け入れてくれることがある。子どもは自分の持っている力を使って、友達や大人とのかかわりを通して複雑な力を獲得する。大人は子どもの気持ちを読み手助けをしていく必要がある。

書籍等出版物

 
榎田二三子, 大沼良子, 増田時枝, 石井雅, 小倉常明, 木村英美, 小泉裕子, 竹石聖子, 塚田幸子, 永倉みゆき, 浜口順子, 嶺村法子, 室久智雄, 矢田美樹子, 渡辺佳子 (担当:共著, 範囲:p89-93、p180-192)
建帛社   2016年6月   
子ども・子育て支援新制度の施行にあわせ改訂したものである。新しい時代に求められる多様な教育職・保育者の役割について、学生が実際に働くことをイメージしやすいように書かれている。保育者としてこのような能力が必要であるということは述べずに、学生が自ら課題を見出すことをねらいとしている。本書で学ぶことにより、実践しつつ学び教育職・保育者として成長する基本的な姿勢を獲得できることが意図されている。担当部分:小学校や専門職間の連携における教育職・保育者の立場、家庭的保育者への指導的立場となる保育所保育...
榎沢良彦, 大沼良子編著, 松浦浩樹, 永倉みゆき, 榎田二三子, 豊田和子, 小泉裕子, 安見克夫 (担当:共著, 範囲:p63-79)
建帛社   2016年3月   
教育・保育の基本・基礎について学ぶ教育・保育原理の教科書である。新しい時代のニーズに対応する教育・保育といつの時代にも変わらない教育・保育の基本や歴史についてわかりやすくまとめられている。分担部分:「保育の計画と実践」について分担執筆。計画、実践、記録、評価という教育・保育の循環におけるそれぞれの意義と考え方の基本について述べた。(総ページ数174頁中、担当63~79頁)
吉川はる奈, 岡野雅子, 篠原久枝, 武田京子, 入江礼子, 金子省子, 浜口順子, 吉澤千夏, 榎田二三子他 (担当:共著, 範囲:p180-181)
丸善   2016年1月   
日本家政学会児童部会が中心となって、「子ども」を切り口に、発達、保育、教育、福祉、看護、医学、心理学などの学問分野における事項を解説するために作成した事典である。担当部分:豊かな育ちを保障する日本家政学会が編集した児童学事典である。「子ども」を切り口に、発達、保育、教育、福祉、看護、医学、心理学など多くの学問分野における関心事項、重要事項を解説した事典である。執筆担当:環境づくり(1)―保育ニーズの多様化ーについて執筆した。保育の基本である保育ニーズをとらえる視点として、子どものニーズと保...
米山岳廣, 金子晃之, 上岡学, 高橋貴志, 由田新, 神永直美, 小山千幸, 宮川三平, 榎田二三子, 鳥海順子, 金森三枝, 高牧恵理, 田中利則 (担当:共著)
文化書房博文社   2013年4月   
近年女性の就労、虐待など子どもを取り巻く状況の変化が著しく、保育の制度も時代の求めに応じ変化している。
そのようなときに、保育の原理、各分野、技術についてその基本と展望をまとめたものである。筆者は、9章乳児保育と12章子育て家庭支援を担当し、その基本と現状および課題について解説した。
(総ページ数214 頁、141~145頁、175~183頁)
小原敏郎, 神蔵幸子, 義永睦子, 榎田二三子, 岸井慶子, 永倉みゆき, 西村美紀, 宮川萬寿美, 矢萩恭子 (担当:共著)
2013年2月   
教育職の必修科目である教育実践演習、および保育実践演習の教科書として書かれたものである。理論編、方法・技法編、実践・演習編で構成され、これまでの学習を振り返りながら、教育者としての実践力と豊かな人間性を備えた人材育成を目指している。担当部分:教育実践演習の教材として、事例研究の方法と意義、演習方法について解説した。また演習教材を提示し、学びを深められるよう解説を執筆した。(総頁数117頁中、P61~66、P93~P96を担当

講演・口頭発表等

 
悩む時が親育ち [招待有り]
2016年10月   富山友の会
悩む時が親育ち [招待有り]
2016年7月   宇都宮友の会
日本保育学会第69回大会   2016年5月8日   
私立幼稚園の78%で未就園児クラスや2歳児クラスが実施されている。しかしその内容や方法については課題がある。3歳以上の幼児の保育と異なり、2歳児保育についての特性の理解、保育内容や保育者間の連携についての理解などが求められる。特例講座を受講した幼稚園教諭に「2歳児保育で大切にしたいことは何か」というアンケートを実施し分析を行った。その結果、保育者との信頼関係、環境の安全や安心への配慮、子どもの発達に関することに関するものが多く、遊びへの配慮や保護者支援に関するものに重きが置かれていないこと...
悩む時が親育ち [招待有り]
2016年3月   松戸友の会
2015年9月   岩見沢友の会

所属学協会

 
日本教育学会 , 日本発達心理学会 , 日本保育学会

Works(作品等)

 
その他   2008年4月
人生において困難に直面すると、気持ちをコントロールし、解決策を見出そうと情報を集め、模索しながら行動する。子どもは日常生活の中で、泣いている時に大人に励まされて落ち着き、何が嫌なのか聞いてもらうなど、同様の経験をして育つ。小さいからといって大人が手伝ってしまうのではなく、大人に見守られつつ、子どもが自分で判断し、行動する経験が、ものごとのへの見通しをもつことや、やってみようという意欲、そして自信へとつながる。
その他   2006年8月
自分の思いをまだ言葉で伝えきれない時期の子どもたちも、次第に周囲の状況が把握できるようになる。その過程ではものの取り合いも多発するが、友達と一緒に過ごすことも好むようになる、そして年長児にあこがれを持ち、年長児や大人と遊ぶことを通して、人との関わり方を習得していくという成長過程をを示唆した。
その他   2006年6月
子育ては、365日子どもと一緒の生活を求められる。悩みがあったり、忙しかったりすれば、イライラすることもつのり、つい怒りやすくなる。専業主婦の場合は、1日中子どもから離れられなく、親が一人になってゆっくりものを考えることもできない。そのような時に、どうしたいのか、何を変えたいのか、まず一つ考え、やってみるとよい。喜怒哀楽を伴うのが人生であり、治めたり続けたりする大人の姿を見て、子どもは育つことを示唆した。
その他   2006年6月
幼い子どもを育てていると、時には離れて過ごしたいと思うこともあるが、実際に流産などで子どもと離れる生活を余儀なくされると心配が生じて来る。子どもが母親のいない間を楽しそうに過ごしていても、子どもなりに頑張っている姿であり、子どもや家族との繋がりを作る方法を新たに考え関係を維持していくことが必要である。そして家族がまた一緒に生活できるようになったときには、子どもの甘えを受け止め関係を新たに作っていくよう教示した。
その他   2006年4月
どのようなこどもでも、どのような年齢でも、子育てに悩みはつきものである。悩むと親は自分の子育てが間違っていたのではないかと自分を責めたくなるが、過去に原因を探すのではなく、これから意味あることにしていくことが重要である。よくわからないことが度々あるのが子育てである。子どもの気持ちがわからないときにも、子どもの行為から感じ取ろうとする姿勢が親に求められることを示唆した。

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 
 
 

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許