言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 真名垣 聡
 

真名垣 聡

 
アバター
研究者氏名真名垣 聡
 
マナガキ サトシ
URLhttp://satoshimanagaki.jimdo.com/
所属武蔵野大学
部署工学部 環境システム学科
職名准教授
学位学士(農学)(東京農工大学), 修士(農学)(東京農工大学), 博士(農学)(東京農工大学)

研究キーワード

 
環境リスク制御・評価 , 環境影響評価 , 環境動態解析

研究分野

 
  • 環境・農学 / 環境負荷、リスク評価管理 / 
  • 環境・農学 / 環境影響評価 / 
  • 環境・農学 / 環境動態解析 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院通信教育部 環境学研究科 環境マネジメント専攻 准教授
 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院環境学研究科 環境マネジメント専攻 准教授
 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学工学部 環境システム学科 准教授
 
2015年4月
 - 
現在
横浜国立大学 理工学部・工学部 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2016年3月
武蔵野大学工学部 環境システム学科 講師
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京農工大学 連合農学研究科 
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京農工大学 農学研究科 
 
1996年4月
 - 
2000年3月
東京農工大学 農学部 
 

委員歴

 
2019年7月
 - 
現在
第15回日本LCA学会研究発表会  第15回日本LCA学会研究発表会実行委員
 
2016年4月
 - 
現在
平成28年度有明親水海浜公園水域基本計画調査  委員
 
2015年
 - 
現在
Water and Environment Technology Conference Scientific Committee
 
2015年
 - 
現在
Water and Environment Technology Conference Scientific Committee
 
2014年11月
 - 
現在
JWET(Journal of Water and Environment Technology‎)  Associate Editor
 

受賞

 
2012年3月
日本水環境学会 平成24年度いであ活動賞 (対象:第4回IWA-APYWP会議)
 
2010年9月
平成21年度下水道協会誌優秀論文(有功賞)賞 (共著)
 
2008年6月
第17回環境化学討論会 ナイスポスター賞(共著者)
 
2007年11月
The Fifth International Symposium on Southeast Asian Water Environment Best Poster Prize (筆頭著者)
 

論文

 
Takeshima, R., Hattori, Y., Managaki, S., Otsuka, M.
   2017年9月   [査読有り]
Jung Keun Oh, Kensuke Kotani, Satoshi Managaki, Shigeki Masunaga
CHEMOSPHERE   109 157-163   2014年8月   [査読有り]
Hexabromocyclododecane (HBCD) and its lower brominated derivatives were measured in both surface water and sediment samples from three Japanese rivers; Tsurumi River, Yodo River, and Kuzuryu River. The concentration level of Sigma HBCD (sum of alp...
Yuichi Miyake, Takeshi Kobayashi, Takashi Kameya, Satoshi Managaki, Takashi Amagai, Shigeki Masunaga
JOURNAL OF ENVIRONMENTAL SCIENCE AND HEALTH PART A-TOXIC/HAZARDOUS SUBSTANCES & ENVIRONMENTAL ENGINEERING   49(7) 770-776   2014年6月   [査読有り]
Perfluorooctane sulfonate (PFOS) was quantified in seawater and sediment samples collected from Tokyo Bay, Japan, ranging from 2.0 to 7.3ng/L for surface seawater, 2.2 to 5.7ng/L for intermediate seawater, 1.5 to 5.7ng/L for bottom seawater, and 0...
Windi Indra Muziasari, Satoshi Managaki, Katarina Pamanen, Antti Karkman, Christina Lyra, Manu Tamminen, Satoru Suzuki, Marko Virta
PLOSone   9(3) 1-7   2014年3月   [査読有り]
Oh JK, Managaki S, Tokumura M, Masunaga S
organohalogen compound   75 1016-1019   2013年10月   [査読有り]

MISC

 

書籍等出版物

 
真名垣聡, 小谷健輔, 益永茂樹 (担当:共著)
技術情報協会   2011年9月   ISBN:9784861043888
Hiroyuki Shinohara, Toshikatsu Tanishima, Sawaka Kojima, Satoshi Managaki, Hideshige Takada, Norihide Nakada, Hiroaki Tanaka, Fumiyuki Nakajima, Hiroaki Furumai (担当:共著)
IWA Publishing   2007年3月   ISBN:1843391244

講演・口頭発表等

 
日本化学会第99春季年会   2019年3月   
真名垣聡,日野翔太,小林美佳
環境科学会2018年会   2018年9月   
Rina Takeshima, Yusuke Hattori, Satoshi Managaki, Makoto Otsuka
Asian NIR Symposium   2016年12月   
竹島 里奈, 細越 貴裕, 服部 祐介, 真名垣 聡, 大塚 誠
日本薬剤学会第31年会   2016年5月   
Satoshi Managaki, Shouta Hino, Ayumi Satou
Water and Environmental Technology Conference 2015   2015年8月   

所属学協会

 
環境情報科学 , 日本化学会 , 日本環境科学会 , 日本リスク学会 , 日本有機地球化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
アサヒビール学術振興財団: 
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月
文部科学省 科学研究費補助金: 若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月

資格・免許