言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 髙橋 徹行
 

髙橋 徹行

 
アバター
研究者氏名髙橋 徹行
 
タカハシ テツユキ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位博士(薬学)(明治薬科大学)
J-Global ID200901091705960546

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学 / 
  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学 / 

経歴

 
2015年9月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部 薬学科 講師   
 
2005年4月
 - 
2015年8月
徳島大学大学院 医歯薬学研究部 助教   
 

受賞

 
2014年3月
徳島大学医学部 岡奨学賞
 

論文

 
 
Tetsuyuki Takahashi   Hisanori Uehara   Keisuke Izumi   
INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   43(2) 416-424   2013年8月   [査読有り]
We have previously reported that FuEP2/Ex2, a soluble decoy receptor for PGE(2), suppresses tumor growth in an orthotopic xenograft model. To examine whether it has further uses, we examined the effect of FuEP2/Ex2 in an intraperitoneal metastasis...
 
Hisanori Uehara   Tetsuyuki Takahashi   Keisuke Izumi   
INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   43(2) 365-374   2013年8月   [査読有り]
New drugs that inhibit the osteoprotegerin (OPG)/receptor activator of NF-kappa B ligand (RANKL)/RANK pathway have demonstrated efficacy for the treatment of bone metastasis. Toxicities induced by these drugs, however, including osteonecrosis of t...
 
Takahashi Tetsuyuki   Uehara Hisanori   Izumi Keisuke   
CANCER RESEARCH   73(8)    2013年4月   [査読有り]
 
Yoshimi Bando   Tetsuyuki Takahashi   Hisanori Uehara   Teruyoshi Kagegi   Shinji Nagahiro   Keisuke Izumi   
PATHOLOGY INTERNATIONAL   62(6) 418-423   2012年6月   [査読有り]
Balamuthia mandrillaris is a free-living ameba that causes amebic encephalitis. Herein, we report an autopsy case of Balamuthia encephalitis proven with polymerase chain reaction (PCR) and immunohistochemistry from paraffin-embedded brain biopsy s...
 
H. Ogawa   M. Azuma   H. Uehara   T. Takahashi   Y. Nishioka   S. Sone   K. Izumi   
CLINICAL AND EXPERIMENTAL ALLERGY   42(3) 460-470   2012年3月   [査読有り]
Background Bronchial asthma is a chronic allergic airway inflammatory disease. Neurotrophins, including nerve growth factor (NGF), play an important role in the pathogenesis of asthma. However, the effects of NGF derived from epithelium on airway ...

MISC

 
 
高橋徹行   市川裕菜   土方貴雄   
日本薬学会第141年会      2021年3月
 
市川裕菜、高橋徹行、土方貴雄   
第64回日本薬学会 関東支部大会      2020年9月
 
高橋徹行   市川裕菜   土方貴雄   
第64回日本薬学会 関東支部大会      2020年9月
 
木田ほのか   青木寧々   高橋徹行   土方貴雄   
日本薬学会第138年会      2018年3月
 
青木寧々   青木夏美   木田ほのか   上原久典   高橋徹行   土方貴雄   
日本薬学会第138年会      2018年3月

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
生理・解剖学実習 (武蔵野大学)
 
   
 
基礎生物学 (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
アメリカ癌学会
 
   
 
日本癌転移学会
 
   
 
日本癌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
飢餓状態でのhnRNP A1消失とそれに続くncRNA遊離による癌細胞形質の変動
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
高橋 徹行 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月
 
新しい分子標的としてのPGE2受容体/IGF-1受容体の新規シグナルクロストーク
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
高橋 徹行 上原 久典 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
外因性リガンドとしての脂肪酸結合蛋白FABP4の前立腺癌増殖における意義
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
上原 久典 高橋 徹行 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
ウイルス・マイクロRNAによる宿主細胞の自然免疫反応への対抗機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
土方 貴雄 高橋 徹行 
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月

資格・免許