言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 髙橋 徹行
 

髙橋 徹行

 
アバター
研究者氏名髙橋 徹行
 
タカハシ テツユキ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位博士(薬学)(明治薬科大学)
J-Global ID200901091705960546

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学 / 
  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学 / 

経歴

 
2015年9月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部 薬学科 講師   
 
2005年4月
 - 
2015年8月
徳島大学大学院 医歯薬学研究部 助教   
 

受賞

 
2014年3月
徳島大学医学部 岡奨学賞
 

論文

 
 
Misa Tokorodani   Hirona Ichikawa   Katsutoshi Yuasa   Tetsuyuki Takahashi   Takao Hijikata   
Biological Pharmaceutical Bulletin   43(11) 1715-1728   2020年   [査読有り]
 
Tetsuyuki Takahashi   Hirona Ichikawa   Yuuki Morimoto   Koichi Tsuneyama   Takao Hijikata   
Biochemical and Biophysical Research Communication   516(2) 388-396   2019年8月   [査読有り]
 
Tetsuyuki Takahashi   Ulrich Deuschle   Shu Taira   Takeshi Nishida   Makoto Fujimoto   Takao Hijikata   Koichi Tsuneyama   
Hepatology International   12(3) 254-261   2018年5月   [査読有り]
Background and aims: Tsumura-Suzuki obese diabetic (TSOD) is a good model of metabolic syndrome showing typical lesions found in nonalcoholic fatty liver disease and nonalcoholic steatohepatitis, and develops spontaneous hepatic tumors with a high...
 
Syunsuke Watanabe   Tetsuyuki Takahashi   Hirohisa Ogawa   Hisanori Uehara   Takaaki Tsunematsu   Hayato Baba   Yuki Morimoto   Koichi Tsuneyama   
METABOLIC SYNDROME AND RELATED DISORDERS   15(4) 170-177   2017年5月   [査読有り]
Background: Metabolic syndrome is one of the most important health issues worldwide. Obesity causes insulin resistance, hyperlipidemia, diabetes, and various diseases throughout the body. The liver phenotype, which is called nonalcoholic steatohep...
 
Tetsuyuki Takahashi   Takeshi Nishida   Hayato Baba   Hideki Hatta   Johji Imura   Mitsuko Sutoh   Syunji Toyohara   Ryoji Hokao   Syunsuke Watanabe   Hirohisa Ogawa   Hisanori Uehara   Koichi Tsuneyama   
Molecular and Clinical Oncology   5 267-270   2016年   [査読有り]

MISC

 
 
高橋徹行   市川裕菜   土方貴雄   
日本薬学会第141年会      2021年3月
 
市川裕菜、高橋徹行、土方貴雄   
第64回日本薬学会 関東支部大会      2020年9月
 
高橋徹行   市川裕菜   土方貴雄   
第64回日本薬学会 関東支部大会      2020年9月
 
木田ほのか   青木寧々   高橋徹行   土方貴雄   
日本薬学会第138年会      2018年3月
 
青木寧々   青木夏美   木田ほのか   上原久典   高橋徹行   土方貴雄   
日本薬学会第138年会      2018年3月

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
生理・解剖学実習 (武蔵野大学)
 
   
 
基礎生物学 (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
アメリカ癌学会
 
   
 
日本癌転移学会
 
   
 
日本癌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2015年 - 2015年
 
新しい抗腫瘍性分子標的としてのアラキドン酸代謝関連分子の有用性
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
高橋 徹行 
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
 
エイコサノイド受容体シグナリングを標的とした新しい抗腫瘍戦略
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
高橋 徹行 
研究期間: 2010年 - 2011年
 
抗腫瘍性ペプチドとしての可溶性エイコサノイド受容体の創成
財団法人厚仁会 第7回医学・歯学研究奨励助成: 
高橋徹行 
研究期間: 2009年 - 2009年
 
骨髄間質由来幹細胞を用いた前立腺癌細胞の骨内増殖抑制の試み
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
上原 久典 高橋 徹行 
研究期間: 2006年 - 2007年

資格・免許