言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 西丸 宏
 

西丸 宏

 
アバター
研究者氏名西丸 宏
 
サイマル ヒロシ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学キャリア教育研究センター
職名講師
学位博士(薬学)(東京大学大学院)
J-Global ID200901051152292491

研究分野

 
  • 人文・社会 / 科学教育 / 薬学教育・理科教育
  • ライフサイエンス / 環境、天然医薬資源学 / 
  • ライフサイエンス / 薬系分析、物理化学 / 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 講師   
 
2004年4月
 - 
2007年3月
武蔵野大学 薬学部 薬学科 助手   
 

学歴

 
 
 - 
2003年3月
東京大学大学院 薬学系研究科 分子薬学専攻
 
 
 - 
1997年3月
東京大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
日本社会薬学会  代議員
 
2019年4月
 - 
現在
日本臨床栄養協会  学会誌NewDietTherapy編集委員
 

受賞

 
2015年8月
和漢医薬学会, 学会奨励賞,6-shogaolおよび6-paradolの体内動態および抗炎症作用の検討
徳原 大介 
 

論文

 
 
西丸 宏   青木 雅子   
日本地域薬局薬学会誌   5(1) 14-22   2017年7月   [査読有り]
本学ではアクティブ・ラーニングの一環として学外学修プログラムに取り組んでおり、薬学部以外の1年生は必修としている。プログラムの一つにロサンゼルスの医療福祉施設視察研修があり、看護学部や人間科学部の学生が参加している。薬学部生は履修制度の関係で単位は取得できないが、希望者は本プログラムに参加可能となっている。今回、2016年度の本プログラムに参加した学生が終了後に提出したレポートの自由記述内容をテキストマイニングで分析し、キーワードの抽出を行った。結果、出現頻度が最も高いワードは【学ぶ・知る...
 
Daisuke Tokuhara   Tsutomu Shimada   Akitoshi Asami   Akiko Takahashi   Hiroko Kobayashi   Hiroshi Saimaru   Masaki Aburada   
Journal of Traditional Medicines   30(5) 199-205   2013年   [査読有り]
This study examined the pharmacokinetics and pharmacological activities of 6-shoganol, a pungent ingredient of Zingiberis Rhizoma, and its metabolite, 6-paradol. The concentrations of 6-shogaol and 6-paradol in rat plasma determined by LC/MS/MS re...
 
Hiroshi Saimaru   Yutaka Orihara   
JOURNAL OF NATURAL MEDICINES   64(2) 139-145   2010年4月   [査読有り]
Five phenylethanoid glycosides (acteoside, isoacteoside, beta-oxoacteoside, beta-hydroxyacteoside, and salidroside) were isolated from a cell suspension culture of Olea europaea. We examined the biosynthesis of acteoside in olive cell cultures by ...
 
Tomoko Ichibangase   Hiroshi Saimaru   Norio Takamura   Tornoki Kuwahara   Akihiko Koyama   Takeshi Iwatsubo   Kazuhiro Imai   
BIOMEDICAL CHROMATOGRAPHY   22(3) 232-234   2008年3月   [査読有り]
It has been known that the over-expression of alpha-synuclein, the main protein of Lewy bodies in Parkinson's disease (PD), leads to neurodegeneration in PD models. In this study, the changes in protein expression between the transgenic over-...
 
Hiromichi ASAMOTO   Tomoko Ichibangase   Hiroshi SAIMARU   Kazuo UCHIKURA   Kazuhiro IMAI   
Biomedical Chromatography   21(10) 999-1004   2007年10月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
 
プロテオーム解析を指向した親水性蛍光標識化試薬の開発
第18会バイオメディカル分析化学シンポジウム   2005年8月   
互いに異なる蛍光特性を持つ蛍光標識試薬DAABD-ClおよびDAABSeD-Fを組み合わせた二波長同時測定による新規プロテオーム解析法により、異なる溶液中のタンパク量を1度の測定で比較定量可能であることが示された。
 
プロテオーム解析を指向した新規親水性蛍光標識化試薬DAABSeD-Fの開発
日本薬学会第125年会   2005年3月   
当研究室が開発した蛍光標識試薬であるDAABD-ClとDAABSeD-Fを組み合わせることで二波長同時検出によるタンパク質の比較定量の可能性について検討を行った。
 
ベンゾセレナジアゾール骨格を有する新規親水性蛍光標識化試薬DAABSeD-Fの開発
日本分析化学会第58年会   2004年9月   
プロテオーム解析を目的とした新規蛍光試薬としてDAABSeD-Fを新たに開発し、その性質について検討を行った。

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
化学概論 (武蔵野大学教育学部)
 
   
 
基礎物理学 (武蔵野大学薬学部)

所属学協会

 
 
   
 
日本臨床栄養協会
 
   
 
日本社会薬学会
 
   
 
和漢医薬学会
 
   
 
日本生薬学会
 
   
 
日本薬学会

教育内容・方法の工夫

 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 

資格・免許