言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

武蔵野大学 研究者情報ページについて


研究者氏名で検索を行った場合、本学に現在在籍している専任教員だけではなく、researchmapに登録のあるすべての研究者が表示されますので、ご了承ください。なお、本学に在籍している専任教員情報については左の「メニュー/MENU」より検索ください。
 

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 小嶋 知幸
 

小嶋 知幸

 
アバター
研究者氏名小嶋 知幸
 
コジマ トモユキ
URLhttp://www.ihbd.info
所属武蔵野大学
部署人間科学部 人間科学科
職名教授
学位医学博士(東京大学大学院医学系研究科)
その他の所属市川高次脳機能障害相談室
J-Global ID201701013902321751

研究キーワード

 
neuropsychology ,高次脳機能障害学 ,神経心理学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院人間社会研究科 人間学専攻 教授   
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学人間科学部 人間科学科 教授   
 
2006年3月
 - 
現在
市川高次脳機能障害相談室 主宰   
 
2006年4月
 - 
2014年3月
学校法人北杜学園仙台医療福祉専門学校 言語聴覚学科 学科長   
 
1989年3月
 - 
2006年3月
社会福祉法人仁生社江戸川病院 リハビリテーション科 科長   
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1980年3月
埼玉大学 教養学部 哲学・思想コース
 

委員歴

 
2017年12月
 - 
現在
日本高次脳機能障害学会  研究助成金委員会
 
2014年12月
 - 
現在
Japan Society for Higher Brain Dysfunction
 
2014年12月
 - 
現在
日本高次脳機能障害学会  理事
 
2006年
 - 
現在
Neuropsycholgy Association of Japan
 
2006年
 - 
現在
日本神経心理学会  評議員
 

論文

 
 
Tomoyuki Kojima   Masaru Mimura   Kenichi Auchi   Masahiro Kato   
JOURNAL OF NEUROLINGUISTICS   22(5) 451-464   2009年9月   [査読有り]
Research into acquired child aphasia can provide useful evidence about the neural mechanisms involved in recovery from aphasia because the functional plasticity of the brain is greater in children than in adults. To investigate the neural correlat...
 
Yukihiro Izawa   Katsuya Urakami   Tomoyuki Kojima   Eisaku Ohama   
YONAGO ACTA MEDICA   52(1) 11-20   2009年3月   [査読有り]
We examined Alzheimer's disease (AD) patients using a Japanese version of the Wechsler Adult Intelligence Scale, 3rd Edition (JWAIS-III) to clarify i) the significance of expansion of the indicated age range, ii) the characteristics of cognit...
 
Shoko Dekio-Hotta   Tomoyuki Kojima   Shotaro Karino   Tatsuya Yamasoba   Itaru Dekio   Yoichi M. Ito   Hiroyuki Satake   Kimitaka Kaga   
NEUROREPORT   20(3) 251-256   2009年2月   [査読有り]
We understand from experience that musical contexts are formed when chords are combined according to the rules of harmony. In this study, the N1 component of the auditory-evoked potential was measured using comparable three-chord sequences; these ...
 
 
高次脳機能研究   28 329-941   2008年   [査読有り]

MISC

 
 
小嶋 知幸   
認知神経科学   21(3/4) 202-208   2019年12月   [招待有り]
 
JOHNS   31(11) 1553-1557   2015年11月   
 
小嶋 知幸   
MEDICAL REHABILITATION   118 31-41   2010年5月   [招待有り]
 
三村 將   小嶋 知幸   
リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌   46(1) 34-40   2009年1月   
 
小嶋 知幸   
作業療法   19(6) 538-545   2000年12月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
藤田, 郁代, 立石, 雅子, 菅野, 倫子, 藤田, 郁代(担当:分担執筆, 範囲:言語治療結果のまとめと報告)
医学書院   2021年2月   (ISBN:9784260043076)
 
ナツメ社   2016年1月   (ISBN:9784816359446)   
 
新興医学出版社   2015年12月   (ISBN:9784880028606)   
 
新興医学出版社   2014年10月   (ISBN:9784880028507)   
 
金原出版   2014年5月   (ISBN:9784307750394)   

講演・口頭発表等

 
 
小嶋知幸   
第44回日本高次脳機能障害学会学術総会   2020年11月22日   [招待有り]
 
小嶋 知幸   
北海道リハビリテーション研究会   2020年2月1日   [招待有り]
 
小嶋 知幸   
愛知学院大学寄附講座講演会   2020年1月21日   [招待有り]
 
小嶋 知幸   
宮城県言語聴覚士会   2019年5月18日   [招待有り]
 
小嶋 知幸   
大田区STネットワーク   2018年10月30日   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
言語とこころ (東京女子大学現代教養学部)
 
   
 
失語・高次脳機能障害学演習1・2 (武蔵野大学大学院人間社会研究科)
 
   
 
失語・高次脳機能障害学1・2・3 (武蔵野大学大学院人間社会研究科)

所属学協会

 
 
   
 
日本言語聴覚士学会
 
   
 
日本高次脳機能障害学会
 
   
 
日本音声言語医学会
 
   
 
日本神経心理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
日本語失語症者のための文表出訓練教材の構築
学校法人 武蔵野大学: 
小嶋 知幸 
研究期間: 2017年5月

社会貢献活動

 
 

教育内容・方法の工夫

 
 

資格・免許

 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)