トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 塚田 晃三
 

塚田 晃三

 
アバター
研究者氏名塚田 晃三
 
ツカダ コウゾウ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp/
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 獣医病理学研究室
職名教授
学位博士(医学)(名古屋大学)
J-Global ID200901045306264933

研究キーワード

 
ストレス ,炎症性疾患 ,トレランス ,腫瘍免疫 ,Veterinary immunopathology ,Tumor immunology

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 
  • ライフサイエンス / 実験病理学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

経歴

 
2018年
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 教授 
 
2011年
 - 
2018年
日本獣医生命科学大学 獣医学部 准教授 
 
2006年
 - 
2011年
日本獣医生命科学大学 獣医学部 講師 
 
2004年
 - 
2006年
慶應義塾大学 医学部 助手 
 
1998年
 - 
2004年
長崎大学 医学部 助手 
 

学歴

 
1992年
 - 
1996年
名古屋大学大学院 医学研究科博士課程(病理系) 
 
 
 - 
1992年
日本獣医畜産大学 獣医畜産学部 獣医学科
 

論文

 
 
Kozo Ohkusu-Tsukada   Daiki Ito   Yuki Okuno   Teruyo Tsukada   Kimimasa Takahashi   
Scientific Reports   8(1) 25862018年12月   [査読有り]
We recently advocated in favour of naming a novel H2-haplotype consisting of Kd , D/Ldm7 , I-Ak and I-Ek in the atopic dermatitis (AD) mouse model NC/Nga as "H-2nc ." The role of the H2-haplotype in AD development was investigated in H2 b -congeni...
 
Kozo Ohkusu-Tsukada   Daiki Ito   Kimimasa Takahashi   
International Archives of Allergy and Immunology   176(2) 91-1002018年5月   [査読有り]
Background: Although immunosuppressants for therapy of atopic dermatitis (AD) are still being sought, proteasome inhibitors are also potential candidates for the treatment of AD. Proteasome inhibitors exert various effects by blocking proteasomal ...
 
Kozo Ohkusu-Tsukada   Tadashi Yamashita   Teruyo Tsukada   Kimimasa Takahashi   
Genes and Immunity   20(1) 1-82017年12月   [査読有り]
Environmental factors and the major histocompatibility complex (MHC) are involved in the pathogenesis of atopic dermatitis (AD). However, MHC type (H2 haplotype) of AD model mice NC/Nga is poorly understood. Alloreactive CD8+ or CD4+ T cells in NC...
 
Ohkusu-Tsukada K   Tsukada T   Takahashi K   
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   81(11) 2160-21632017年   [査読有り]
Superantigens (SAgs) are powerful T-cell stimulatory proteins. Because an atopic dermatitis (AD) model NC/Nga mice had two endogenous SAgs, namely minor lymphocyte-stimulating locus-1a (Mls-1a) and mouse mammary tumor virus (MMTV)(SHN), SAg-respon...
 
H. Yoshimura   N. Kimura-Tsukada   Y. Ono   M. Michishita   K. Ohkusu-Tsukada   Y. Matsuda   T. Ishiwata   K. Takahashi   
VETERINARY PATHOLOGY   52(6) 1227-12342015年11月   [査読有り]
Mammary tumors that spontaneously occurred in domestic Djungarian hamsters (Phodopus sungorus) were histologically examined. Forty-five mammary tumors included 14 adenomas, 18 adenocarcinomas, 1 lipid-rich carcinoma, 2 adenoacanthomas, 2 malignant...

MISC

 
 
佐々木 悠   吉村 久志   道下 正貴   塚田 晃三   石渡 俊行   高橋 公正   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160回 322-3222017年8月   
 
Y. Machida   M. Michishita   M. Wada   T. Hori   E. Kawakami   H. Yoshimura   K. Ohkusu-Tsukada   K. Taya   K. Takahashi   
JOURNAL OF COMPARATIVE PATHOLOGY   156(2-3) 178-1822017年2月   [査読有り]
A 5-year-old female domestic shorthair cat was presented with abdominal distension and serum biochemical evaluation indicated a high concentration of oestradiol (32.81 pg/ml). Exploratory laparotomy revealed a large cystic mass in the right ovary ...
 
Rei Nakahira   Rumika Yoshida   Masaki Michishita   Kozo Ohkusu-Tsukada   Kimimasa Takahashi   
COMPARATIVE MEDICINE   66(1) 25-292016年2月   [査読有り]
Ganglion cell-like (GL) cells reside in the dermis of the ventral skin of mature male Djungarian hamsters (Phodopus sugorus) and express androgen receptor (AR). To assess whether GL cells have androgen-dependent behavior, we evaluated the histolog...
 
Kiyotaka Arai   Masanori Kobayashi   Yasuji Harada   Yasushi Hara   Masaki Michishita   Kozo Ohkusu-Tsukada   Kimimasa Takahashi   
AMERICAN JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH   77(1) 77-832016年1月   [査読有り]
OBJECTIVE
To histologically evaluate and compare features of myofibers within the elongated soft palate (ESP) of brachycephalic and mesocephalic dogs with those in the soft palate of healthy dogs and to assess whether denervation or muscular dystr...
 
道下 正貴   鳥飼 和史   吉村 久志   寺沢 文男   中平 嶺   塚田 晃三   髙橋 公正   
日本野生動物医学会誌   18(4) 129-1322013年   
飼育ゴマフアザラシ成雄(31歳)の全身性腫瘤を確認した。各腫瘤は有棘細胞由来の腫瘍細胞が充実胞巣状に増殖し,脈管内塞栓も認められた。免疫組織学化学的に腫瘍細胞はサイトケラチンAE1/AE3,ケラチン5,p63に陽性を示し,ビメンチン,サイトケラチンCAM5.2,カルレチニンに陰性であった。本症例は扁平上皮癌と診断し,肺原発と推察した。本例はゴマフアザラシにおける全身転移を伴う扁平上皮癌の初報告である。

講演・口頭発表等

 
 
がん微小環境における免疫病態
塚田 晃三   
第3回動物臨床免疫療法研究会   2014年10月4日   
 
腫 瘍 細 胞 は い か に 免 疫 機 構 を 逃 れ る の か
塚田 晃三   
第155回日本獣医学会学術集会・日本獣医病理学会   2013年3月30日   
 
Immunomodulationの新しい分子基盤と癌免疫応答制御
塚田 晃三   
第8回基盤的癌免疫研究会総会(日本がん免疫学会)   2006年7月15日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
免疫学実習 (長崎大学医学部, 名古屋大学医学部)
 
   
 
獣医免疫学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医病理学実習 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医病理学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本比較病理学研究会
 
   
 
日本獣医病理学専門家協会
 
   
 
日本獣医学会
 
   
 
日本免疫学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
犬の個別化がん特異的免疫療法の実用化に向けた研究開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究B
塚田 晃三 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
犬がんペプチドワクチンのためのDLA-88型検査の確立
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究C
塚田 晃三 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
T細胞アナジーの維持におけるp38MAPキナーゼの役割に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
塚田 晃三 
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月
 
 

産業財産権

 
 
 
戸田 正博   植田 良   塚田 晃三   
 
戸田 正博   植田 良   塚田 晃三   
 
戸田 正博   植田 良   塚田 晃三   
 
戸田 正博   村木 智子   塚田 晃三   深谷 雷太